転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法

転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法 転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
30代の転職成功は専門サービスを有効活用
当サイトでは、30代の転職に役立つ情報収集や対策、利用できるサービスなどを紹介しています。 ある程度の実務経験を積んだ30代の転職では、自分の希望条件と求人企業側が必要とするスキルやキャリアを持つ人物像とがマッチすることが重要。そのためには、個人で活動するよりも転職エージェントを上手に活用する方が有利になるのは間違いありません。 そんな30代の転職事情と様々な転職事例をご覧ください。
最適な求人先はどう探すの?情報収集や対策、利用できる無料サービスを紹介。

私はこうして転職できた!
30代での
転職成功者座談会

エージェントのサポートが転職成功の鍵
転職を成功させた30代の男女に、転職活動にまつわるエピソードを語っていただきました。会社選びや職務経歴書の書き方、今の会社を辞めるタイミングなど、30代の転職にはさまざまな悩みがつきものです。そんな悩みを解決できたのは、転職エージェントのサポートがあったからだそうです。エージェントはどのようなサポートをしてくれたのでしょうか?

独りの転職活動は、
正解が分からなかった

38沼田さん
新卒で入社した会社を2年で退職し、広告代理店の営業マンに。知り合いの紹介でWEB制作会社に転職して1年ほど勤めた後、転職エージェントの紹介で再び広告代理店の営業職に31歳で転職。
転職回数:3回 / 同業種へ転職
利用したエージェント: インテリジェンス(現DODA)
リクルートエージェント
30代の転職でも家庭と夢を両立できる
自力での転職活動、知り合いからの紹介、転職エージェントの利用…とあらゆる転職方法を経験した沼田さん。独りで転職活動をしていた頃を振り返り、「正解が分からなくてつらかった」と語ります。守りたい家族と追いかけたい自分の夢、どちらも妥協しない転職を実現させることができた理由に迫りました。

30代の仕事探しは
第三者の目が必要だと思う

35山崎さん
大学卒業後、商社の営業やデータ入力、コールセンターなど、正社員・アルバイト問わずさまざまな職種を経験。転職エージェントとの面談で本当にやりたいことが見つかり、WEBディレクターの道へ。
転職回数:5回 / 異業種へ転職
利用したエージェント: マスメディアン
リクルートエージェント
焦ってしまうときこそ冷静に
山崎さんは30代になってもやりたいことが見つからず、焦りを感じながら転職活動をしていたそう。未経験の業界にチャレンジするのはラストチャンスだと言われる中、転職先を冷静に見極められたのは転職エージェントのおかげだと語ります。山崎さんの転職を成功させたサポートについて聞いてみました。

転職活動で
味方がいてくれるのは心強い

31加藤さん
高校を卒業後、30歳になるまでフリーターだった加藤さん。飲食店やIT企業などを経験した後、アルバイトで興味を持ったゲーム業界に正社員で転職。現在はゲームプログラマー。
転職回数:6回 / 同業種へ転職
利用したエージェント: リクルートエージェント
ワークポート
Geekly(ギークリー)
働きながら転職活動するならサポートが必要
アルバイトでゲーム業界に興味を持った加藤さんは、30歳になったことを機にゲームプログラマーへのステップアップを決意。「手に職をつけたい」と思ったのが転職活動をするきっかけだったそうですが、働きながら希望の会社を探すのは大変だったのだとか。転職活動中の苦労話を語っています。

自分だけでは
今の会社を探せなかった

30大谷さん
大学卒業後に勤めた地元の出版社から、未経験で東京のWEBデザイン会社への転職に成功。スクールに通いながら転職エージェントを利用し、紹介された会社でWEBデザイナーとして活躍中。
転職回数:1回 / 異業種へ転職
利用したエージェント: キャリアトレック
リクルートエージェント
エンエージェント
経験がなくても夢は叶えられる
未経験の募集が少ないWEBデザイン会社に、未経験・30歳で転職した大谷さん。地方在住だったため、自分では探せないような求人を紹介してもらえたおかげで今の会社を見つけられたと語ります。経験がない業界に転職できた秘訣は、エージェントのアドバイスにありました。

どう違う?
30代前半・後半で見る
転職事情

30代前半は即戦力のプレイヤー
30代後半はマネジメント経験者が求められる
比較的求人も多く転職がしやすい30代前半に比べて、30代後半は転職が難しくなるといわれています。また、30代前半と30代後半では、転職の際に求められる経験やスキルも変わってきます。30代前半と後半の転職事例を紹介し、年齢別の転職事情を調べてみました。

30代前半

企業から見て30代前半は一定の実務経験があって、なおかつ未知の可能性も期待される世代。自分の将来を考える上で、大きな変革を求めるならこのタイミングを逃してはなりません。一方、自分としても向き不向きや仕事に求める優先順位も見えてきているはず。

30代前半
求められる経験・実績

  1. プレイヤーとして即戦力を求められる
  2. 年収アップ、スキルアップも望める
  3. 未経験や異業種へのチャレンジも
    ラストチャンス
組織の規模にもよりますが、全般的な傾向として30代前半の人材に企業が求めるのはその業種と職種における即戦力のプレイヤー。同等のポジションでもより優良な企業に転職できれば待遇改善や年収アップなども期待できます。逆に、未経験者が異業種へと転職するとしたら、30代前半がラストチャンス。より多様な情報収集と客観的な自己分析が不可欠です。

30代前半の転職事例

金融機関からIT関連企業へ移った
30歳の転職事例
年収の高さには定評のある金融機関ですが、安定しない日々にストレスを感じて転職を決意。IT業界という異業種への転職でしたが、転職エージェントのサポートで面接対策など十分な準備ができたため、将来的にも高い成長性が見込める企業に移ることができました。
出版からウェブメディアへ転職した33歳の広告営業マン
広告営業という職種は共通していますが、アナログな出版業界からデジタルなウェブメディア業界へと、異業種転職に成功した事例。転職活動当初は未経験であることから書類落ちが続いたのですが、前職でメディアミックス施策を手掛けた経験が目に留まり、企業が運営するウェブメディアの担当として採用されました。

あなたの年齢の転職事情は?

30代後半

世間的には35歳転職限界説を耳にしますし、一般論として30代後半の転職は簡単に成功するものではありません。一方で、優良企業がしかるべきポストで優れた人材を非公開求人しているケースもあって、中間管理職としてのスキルとキャリアを備えている人なら十分に市場価値が見込めます。

30代後半
求められる経験・実績

  1. マネジメント経験(能力・スキル・人脈)が期待される
  2. 身の丈に合った年収を求めるべき
  3. 未経験や異業種は避けた方が良い
企業側が30代後半の人材に求めるのは、現場のプレイヤーというよりもマネジメント能力です。優れた管理職を求めているので、キャリアをアピールする場合はできるだけ端的かつ具体的にマネジメント経験を表現する必要があります。また、自分の客観的市場価値を見誤ると、いい求人でも条件で折り合いがつかなくなるので注意しましょう。

30代後半の転職事例

調剤薬局から製薬メーカーへの
転職成功例
調剤薬局の現場で薬剤師として働いていた35歳の女性が、転居を機会に新しい勤め先を探す中、転職エージェントに紹介されたのが製薬メーカーの学術職。本人も予期せぬ企業と職種でしたが、現場での豊富な実務経験や新しいことへのチャレンジ精神などが評価されたようです。
中堅から大手へ
ステップアップした転職成功例
37歳の男性で、担当業務はマーケティング。電機メーカーという同業種間の転職ですが、中堅どころから業界大手へとキャリアアップに成功したケース。マーケティングという職務は需要が多いわけではなく、転職エージェントの非公開求人が、タイミングよくマッチしたのが勝因です。

あなたの年齢の転職事情は?

ビジネスマンとしての実績が問われる
30代の転職
20代と30代の転職で一番違うのは、企業側が求める要素として経験やスキルなど、これまでの実績を重視するということ。企業や職種によってはポテンシャルを重視するケースもないとはいえませんが、基本的にはビジネスマンとして10年前後積み上げてきたものが、転職市場におけるその人の評価となります。
30代が有利に転職活動するための情報
20代の転職なら転職情報サイトで自分の希望に合う求人を探すのが基本でしょう。それに対して30代の転職では、積み上げてきた実績やスキルなどを客観的に精査して、必要とする企業に売り込むことが最適解となります。そのためには30代の転職事情を理解し、どんな転職活動をするのが有効なのかを知っておきましょう。
30代の転職理由について調査したデータを紹介していますが、その大半は「個人的理由」なのです。これは、いってみれば個人が抱える不満要素であって、自分が転職を考える理由を整理する際の参考にしてください。
新卒時には抵抗を感じたベンチャー企業も、30代で実務経験を積んだ今なら、転職先の選択肢に加えるべき。もちろん、成長が見込める企業が対象ですが、こうした企業では経験豊富で即戦力となる30代を求めています。
転職先を探すにあたって、いわゆる大手の転職求人サイトは誰もが利用する求人媒体です。とはいえ、求人サイト以外にも転職活動で利用できる媒体は複数あり、基本的にいずれも無料。効率的に情報収集するためにも、求人媒体の特性を理解しておきましょう。
35歳転職限界説が存在することは否定できませんが、2018年現在の状況に合っているのか、その根拠となったものは何なのか、調べてみました。年齢ごとに転職成功者のデータも紹介しているので、チャンスを逃さないためにも参考にしてください。
30代のビジネスマンにとって、転職時にもっとも重要となるのがこれまでの実務経験。それを効果的にアピールするためには、個人が独力で奮闘するより、企業の採用部門とコネクションを持つ転職エージェントを使う方が合理的です。
30代の転職には、実家に戻るとか田舎暮らしをしたいとか、職場というよりは生活環境を変えたいというケースも少なからずあります。その際に留意しなければならない点は何かを紹介するとともに、UターンやIターン転職に成功した事例を紹介しています。
自分のキャリアに自信があれば、希望条件の中でも年収アップを最優先事項にするでしょう。もちろん可能性はありますが、客観的評価もあれば相場もあるので思い通りにいかないことも。年収アップの可能性を高めるポイントは何か、紹介いたします。
向き不向きや事例から考えてみる、
業種別転職の傾向
業種によって求められるスキルや経験は違うもの。そこで、業界の現状や転職事情、その業種に向いている人・向いていない人、転職事例を紹介します。それぞれの業種への転職を考えている人は知っておきたい情報をまとめてみました。特に異業種への転職を狙っているなら、複数の業種を見比べてみてはいかがでしょうか。