転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代前半の転職事例

30代前半の転職事例 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

3回目までの転職なら十分チャンスがある30代前半

30代前半は求人も多く転職は難しいわけではないが、異業種転職は簡単ではありません。その他にも知っておきたい30代前半の転職事情について紹介しています。

各ページでは、年齢ごとの転職事例をまとめ、転職に必要となる経験及びスキルなどをまとめてみました。

30歳

20代までの転職と違って企業側もより本人のキャリアやスキルを見定めて採用可否を決めるようになります。

金融機関からIT関連企業への転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは異業種への転職に成功したケース。

高収入でも安定感に欠ける金融業界から離れて、今後の成長がより期待できるIT関連企業へと移るにあたって、転職エージェントからの面接対策を受けています。

31歳

一般的には社会人としての経験も十分に備えた年齢。

スキルやキャリアを積んできた人なら年収アップを期待しての転職にチャレンジするのもいいでしょう。

担当業務の変更に伴う転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは、転職先となる企業選びがポイントとなったケース。

担当業務が変わったことがきっかけで転職を決意。当初は大手企業を狙っていました。

しかし、ネームバリューだけでなく、最終的には企業としての優位性などをきちんと調べることで、希望条件に合う転職先を見つけることに成功しています。

32歳

32歳にもなると1~2回の転職経験がある人も多く、マイナスにとられることはそうありません。

逆に、3回目の転職を検討しているならば勝負所と考えましょう。

残業が少なく業務も魅力的な大手SIerへの転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは、長時間労働が原因で転職を決意したケース。

事業会社を志望したものの上手くいかず、転職エージェントのアドバイスで大手SIerに移ることができました。

33歳

一般的な転職だとやや不利になってくる年齢。

一方、キャリアやスキルが十分なら異業種へのヘッドハンティングもあり得るのがポイント。

出版からウェブメディアへ、施策経験を活かした転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは、異業種への転職に成功したケース。

広告営業の多様な経験があるものの、大手ウェブメディアでは未経験が影響して書類落ち。

ですが、メディアミックスの経験が評価され、最終的には企業サイトの広告営業に決まりました。

34歳

35歳直前ということもあり、駆け込みでの転職に動く人が多い年齢。

よりよい就業環境を求めた転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは、商社からメーカーに転職したケース。

法務の専門スキルがあり、より就業環境のよい企業に移っています。

30代前半の転職事情とは

30代前半という年齢では転職活動においてどのような位置づけになるのか、転職経験者の意見なども踏まえて、ポイントを整理しておきましょう。

30代前半という年齢は転職に有利なのか、不利なのか

30代前半ともなると一定のキャリアは積んでいるはずで、即戦力を求める求人にマッチするスキルや経験があれば有利に作用します。

不利になりやすいのは未経験ジャンルへのチャレンジや、20代の応募者と正面から競合するようなケース。

30代前半の転職では、培ってきたキャリアを活かすことこそ、成功の鍵といえるでしょう。

転職先となる企業を選ぶポイント

今の会社の雇用条件に対する不満は転職のきっかけにはなっても、転職先を選ぶ際に雇用条件が最優先という方は少ないのではないでしょうか。

30代前半では自身の成長企業の将来性自分が求められる役割なども加味して転職先を検討しています。

転職に要する期間は3ヶ月を目安に

特段の事情がない限り転職活動は仕事を辞めずに進めたいもの。すると、労働時間が長い人はあまり活動に時間を割けませんが、3ヶ月前後をひとつの目安としましょう。

それ以上かけても進展が見込めない場合、希望条件や求人先探しの方法を見直してみることをおすすめします。

30代前半で転職すると年収は上がるのか

これは当然ケースバイケースですが、同程度というよりも上がるか下がるか、どちらか明確なパターンが多いようです。

これは転職者に対するひとつの市場評価ではありますが、できれば複数社応募した上で、同等のポジションで待遇の差があるのかないか確認したいところ。

また、転職エージェントを利用すると、雇用条件の交渉もサポートしてくれますので、とても頼りになります。

転職先で中途採用のデメリットはあるか

企業風土や職場環境によりますが、30代前半での転職だと、下の世代の新しい同僚と馴染めると上手くいき、そうでないとギャップを感じるケースが多いようです。

また、保守的な企業だとプロパー社員が有利だったり、ベンチャー系や営業職なら実力優先主義だったりと、一般的な傾向は見られます。

30代前半で転職に成功しやすい人とは

しっかりしたキャリアプランがあって、そのためのスキルや経験があり、次の目標としての転職先を探している人なら、マッチする求人と出会える可能性も十分あります。

また、30代前半でもマネジメント経験を積んでいる人材は企業から見てより価値が高くなります。

30代前半で転職に失敗しやすい人とは

今の職場に対する不満が先に立って、転職の意図が定まらない人。

また、自分のスキルやキャリアについて客観視ができず、過剰評価しがちな人は注意してください。

関連ページ