転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代前半の転職事例 » 30歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

30歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

異業種への転職なら30歳超えがラストチャンス!?

31歳の転職を成功させるために

このページでは安定重視や異業種へのチャレンジなど、30歳で転職した人たちの成功例と失敗例を紹介します。

30歳になると20代に比べて企業側でもキャリアやスキルを重視します。

異業種への転職も可能性はありますが、一般論としてはラストチャンスと思って活動した方がいいでしょう。

ページ内目次

  1. 30歳での転職回数はどう影響する?
  2. 30歳で2回目の転職
  3. 30歳で3回目の転職
  4. 30歳で転職回数が多い人の事例
  5. 30歳で未経験・異業種へ転職した事例
  6. 転職エージェントを利用して転職した事例
  7. 【悲報】転職エージェントのアドバイスを無視して欲張った結果…
  8. 人間関係が原因で転職した事例
  9. キャリアや資格を活かして転職した事例
  10. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

30歳での転職回数はどう影響する?

30歳で2回目の転職

就職活動が長期化する傾向にある現在、新卒で入社した方の3割が、3年で離職すると言われています。そのため、30代で1~2回の転職は珍しくありません。しかし、20代のころと比べると転職活動は不利になります。それは自分でも気づかないうちに考えが古くなり周りに適応できなくなっているからです。

30代は会社から即戦力が求められるうえに、マネジメント力を求められるでしょう。転職活動時の面接では「自分のスキルで何ができるのか」「どれだけリーダーシップを発揮できるのか」をアピールしていく必要があります。

30歳で3回目以上の転職

転職が3回以上となると、採用側の企業に「転職回数が多すぎる」という悪い印象を与えてしまいます。「採用してもすぐに退職してしまうのではないか」「仕事ができないのではないか」と思われてしまいかねません。3回以上の転職を成功させるには、いかに企業側の不安要素を解消するかが重要になります。自分のキャリアやスキルなどの市場価値をしっかりと相手へ伝えて「この人なら採用したい」と思わせる必要があるのです。

30歳で転職回数が多い人の事例

転職回数が多い人の転職成功例【30代 女性】

【年収アップ】300万円→450万円

転職した理由

今の仕事に就くまでは、情報システム系のバックオフィス関連やアドバイザーなどを経験。その他に、営業にも行きましたしコンサルタントの仕事もしました。いろいろな仕事を経験させてもらう中で感じたのが、顧客に満足してもらいながら気持ちよく働くには、人事の仕事がとても大事だということ。そこで、業種や業界を問わずに人事に携わる仕事がしたいと転職することにしたんです。人事の中でも、採用業務や社員教育などに携われる会社への転職を希望していました。

転職エージェントに登録して、コンサルタントについてもらいました。これまでの経験を活かした強みや弱みなどを明確にしてもらってよかったです。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

これまで転職の回数が多かったためか、移り気と思われたのか良い印象を持ってもらえずに書類選考すら落ちてしまう日々…。あのときはなかなか苦労しましたね。自信も失っていたと思います。

いくつかの転職エージェントからは、こまめにフォローしていただけていたので、多方面からアドバイスをもらうことができました。職務経歴書の書き方、面接のときに気を付けることといった基本から、これまでの職歴の中でアピールできる部分とそうでない部分の見直しや自己分析といったところまでアドバイスを受けました。

そこで気づいたのは、自分の中の「軸」が、転職をスタートさせた時点では、確立していなかったこと。強みが分からないと自己アピールもできません。エージェントにもらった助言をもとに、いろいろと考えるうちにしっかりと固まっていきました。軸ができていると、面接のときの予想外の質問にも答えられ自信が持てるように。すると、転職の回数が多いことを、経験が豊富なこととしてアピールできるようになっていきました。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

自分で自分の強みや弱みを理解しているつもりでも、書類の書き方や面接での受け答えによって与える印象は違ってきます。自己分析も、自分ひとりで考えているとどうしても偏ってしまのではないでしょうか。もし、希望する業界や企業が1つだけだとしても、複数のエージェント登録していろいろな意見を聞いてみるのがおすすめです。求人数の多いところと親身になってくれるカウンセラーがいるところの2つに登録することです。客観的に見てもらうことで、自分では気づけなかった課題や強みも見えてきます。また、的外れな希望を持つことも無いでしょう。

4度目の転職で正社員になった転職成功例【30歳 男性】

【年収アップ】300万円→400万円

転職した理由

20代の頃は、声優になりたいと考えていたため、アルバイトや仕事をしながら養成所に通う日々。しかし、日々を過ごすうちに、普通に就職して働きたいと思うようになりました。何故、夢を諦めて働こうと思ったのかと言われると理由はあまりありません。当時は派遣社員としていくつかの企業で仕事の経験を積みました。しかし、一人暮らしをする中で私は、なぜ派遣で働いているのかを自問自答しながら毎日をすごすばかり。そこから、特にやりたいことは生まれませんでしたが、派遣という雇用形態ではなく正社員になって給料を上げたいと思い始めました。

そのとき働いていた会社では、正社員登用が難しく、転職するしか正社員にはなれない状況。また、ちょうど恋人と別れた時期とも重なり、人生をもう一度スタートさせたいと考えての転職でした。年齢29歳でギリギリ30歳になる前でしたね。正しいことかは分かりませんが、30歳を超えると転職しにくいみたいな噂も聞いていたので。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

転職を決意するまでは、一般的な企業で正社員として働きたいとは思うものの、一般的って何だろうともんもんとしています。そこから転職を決め、仕事をしながらの就活は難しいのではと考えて、勤めていた派遣会社を退職。それだけじゃなくて、その派遣先に不満があったのも事実です。研修制度が無く、独学でWebマーケティングの世界について行くのも限界を感じていました。

仕事を辞めて仕事を探すぞ!と意気込んでいましたが、現実は甘くありません。スムーズに行くことはなく、だんだんと貯金も減っていきました。仕方なく改めて、以前とは違う派遣会社に登録して先立つものを何とかすることに。すると、たまたま派遣元の会社が求人を出していて、面接官の方にウチで働いてみないかと誘っていただけたんです。できるだけ早く正社員として働きたいと考えていた自分にとっては、奇跡的な出会いでした。そのまま、話を引き受けて、私は派遣会社の営業として働くことになったのです。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

私は、言ってしまえば流れで就職が決まったクチです。しかし、企業側が求めていた年齢に合致していたことが幸いして、就職できました。また、転職先は中途採用の人が多かったのも、誘ってもらえた要因かもしれません。企業側が求める人材と自分の年齢やキャリアが一致することが大事かもしれませんね。

金融業界での3回目の転職活動失敗例【30歳 男性】

【年収ダウン】800万円→0万円

転職した理由

銀行の子会社に勤めていました。しかし、自分が貢献したことに対して会社から適切に評価されていないと感じる日々。私が担当していた業務も、単純作業ばかりでやりがいも見いだせずに仕事をしていました。この会社に入る前は、金融業界ならではの忙しさややりがいがきっとあると思っていたのですが、現実は全く別物だったのです。この会社に入る前にも2回同じ業界で転職してキャリアもありましたし、自信もありました。自分自身をちゃんと活かしてくれないことに不満がつのっていったのです。将来的に昇進や栄転など、キャリアアップが見えていれば違ったかもしれませんが、中途入社で入った自分には、そうした希望もありませんでした。同じように、中途で入った社員には不利な会社でしたね。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

転職エージェントに登録して、就職活動を始めました。すると、希望条件に合う求人が4社見つかったのです。そこで対応してもらってるキャリアアドバイザーさんに、採用される可能性はどのくらいあるか聞いてみました。すると「難しいかもしれませんが、可能性はゼロではないと思います」との返事。正直、再就職できないのは困るため、万が一に賭けるつもりはありませんでしたね。挑戦してみましょうという言葉にも、素直に頷けませんでした。また、アドバイザーに対する不信感も芽生えてしまい…。そう思って別のエージェントにも尋ねてみましたが、結果は同じく「難しい」。そう聞いてとても焦りました。そもそも、採用されると思って転職を始めたからです。私はあわてて、面接を受けることにしました。面接の前にヒアリングがあり、アドバイザーから「やりたいこと」について質問されました。しかし、私はやりたい仕事をしたい訳ではなく、適切なポジションに付きたかったのです。なので、面接でもそのスタンスでいったところ不採用という結果になってしまいました。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

不採用になった理由は、やりたいことや熱意が感じられないことでした。キャリアアドバイザーの助言を素直に受け入れていれば、スムーズな転職になったかもしれません。自分は、キャリアばかりに気を取られていました。所属部署の活躍ぶりで良し悪しを判断していた節があり、そこでのやりがいを考えていなかったのです。業績が悪い部署にいるときはいつも不満ばかりで、その逆もしかり。そうした考えが良くなかったのだと思います。

転職は評価の場所ではなく、自分を売り込む場所と考えて、再挑戦します。同じように考えている人は、これまでの経歴を見直してみるといいかもしれません。

まとめ

30歳で何度か転職した方の事例を見てみると、前職に不安や不満を持って転職したパターンが多いようです。キャリアについては説明できたものの、転職後の展望を明確に説明できていないせいか、仕事が決まっていない方もいました。一方で、次の就職先が決まる前に退職したものの運よく転職に成功した方もいます。30歳で数回の転職をしていると、採用が難しいというのも事実です。しかし、明確な意思を持ち適切なアピールができれば転職は不可能ではないでしょう。

30歳で未経験・異業種へ転職した事例

金融機関からIT関連企業への転職成功例【30歳 男性】

【年収ダウン】1,100万円→600万円

転職した理由

外資系の大手金融機関に勤めていました。しかし、不況のため業界全体が冷え込んでしまい退職をせざるを得ない状況に。勤めていた会社は給与も高く、ポジションも満足いくものだったので正直言って、惜しい気持ちがありました。しかし、業界全体の冷え込みを考えると、そのまま金融業界に就職しても、業界全体は良くはならないのではと不安に。そこで、これまでとは違う業界にも進出してみようと思いました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

「一般的に名前が知られているような大企業で、やりがいを感じられる仕事」という希望条件を出して就職活動をスタート。しかし、キャリアアドバイザーは難色を示しました。というのも、30代という年齢で大企業に転職する場合、どうしてもこれまでのキャリアがものを言うためだそうです。企業側も、年齢的に即戦力になる人材を求めます。異種業界からの参入では、どうしても転職先の業界で活躍してきた経験者たちにかなわないのが理由と言われました。

ただ、企業規模を問わないのであれば勤めていたか会社の社風が近いところに就職できる可能性があるとも伝えてもらいました。経験というよりは、人物像がマッチしやすいだろうと。その言葉を信じて、同じ外資系ですが別業種にあたる企業の書類選考を受けることにしたのです。しかし、10社に書類を送付して、面接まですすめたのは1社だけ。思っていたよりも分厚い転職の壁に、自信を失いそうになりました。このままでは、面接で落とされてしまうと感じ、模擬面接をお願いしました。

模擬面接では、経歴や将来のビジョンなどを伝えて、キャリアカウンセラーに指導してもらう形。特に困ったこともなくスムーズに進み、大丈夫だろうと思っていました。しかし、「表情がかたいので暗い印象を与えかねない」という指摘をもらったのです。正直、意外でした。ただ、真面目に話しているつもりだったのですが、相手からは良く思われていなかったのです。そこで、元気な挨拶と笑顔を心掛けるようにして、本番にのぞみました。結果は、無事採用。弱点を克服できたのが良かったのだと思います。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

年収が半分になってしまため、採用が決まっても少し悩みました。しかし、キャリアカウンセラーが再就職先の給与状況を調べてくれて、業績を上げられれば給与アップも充分あり得ると教えてくれたのです。転職の動機はいろいろありますが、金額が下がってしまう不安がある方は、調べてもらうと良いですよ。年収を上げられると教えてもらえたことで、私は将来がイメージしやすくなり、そのまま入社を決められました。今後はこの会社で、自分がどれだけ稼げるか考えるとワクワクしますね。

投資会社からメーカー系企業への転職成功例【30歳 男性】

【年収ダウン】1,000万円→650万円

転職した理由

投資というある種不安定な商材を扱う仕事に、将来的な不安を感じて転職を考えるようになりました。将来像も上手く描けずに不安がつのっていく中で、転職エージェントの利用を始めたのです。初めて相談に行ったときに、キャリアアドバイザーさんがメーカー系の金融会社をすすめてくれました。個人的に、その業種が出たことに驚きました。自分では考えもしなかった業界だったもので。キャリアアドバイザーは、この会社の良さや私という人物とのマッチ具合などを丁寧に説明してくれました。また、私が収入を落としても良いから安定した仕事に就きたいと考えていることを汲んでくれました。相談のつもりで足を運びましたが、話が終わるころにはその業界で働きたいと考えるようになったのです。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

自分自身は、紹介された会社に魅力を感じていました。ただ心配だったのは、妻のこと。彼女自身も働いていますし、就職したいと考えている会社は地方にありました。私の就職が決まれば、引越しも余儀なくされるでしょう。年収が落ちるのも、妻に相談しにくい要素の1つでしたね。

思いきって妻に相談したところ、彼女は憂うことなく私の転職を受け入れてくれました。「田舎に越したらそれだけ物価も下がるはずだから、給料が下がるのは気にならない。あなたが安心して働けるのは良いことだと思う」と言ってくれたのです。思わず、目頭が熱くなりましたね。キャリアアドバイザーさんが言うには、転職の際にネックになる1つががプライベートの問題なんだとか。家族の了承を得られたのは大きなステップでした。

そこからは、仕事をしながらの就職活動でした。業界を絞りたいという私の要望に、キャリアアドバイザーさんもしっかり応えてくれました。そこから1社を厳選して、1点集中で対策。地方の会社での面接だったので、何度も行き来するのが大変だろうと、キャリアアドバイザーが日程を調整して1日で済むようにしてくれました。結果は上手くいき、今では自分に合った仕事ができています。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

収入アップが目的ではなく、安定した仕事をしたいという強い希望がかなったかたちです。もし、年収を維持したままという条件があったら上手くいかなかったかもしれません。転職するときは、自分がなぜ転職するのか、いちばん優先度が高いのは何なのかを考えておくのが大事なんじゃないでしょうか。

外資系の部品メーカーから装置メーカーへの転職失敗例【30歳 男性】

【年収アップ】570万円→620万円

前の会社は本国の意向が強く、日本での取引には合わない面が多々あってストレスに感じていました。

転職したのは同じく外資系ですが、国内での歴史も長い業界最大手で、日本での裁量権も大きいとのことで、ここに決めました。

ところが、入社してみると本社と支社との折り合いが悪く、トラブルも多発する状態。結局、リクルートエージェントに相談してもう一度転職することしました。

次回は外から分かる情報で判断せず、面接では多くの質問をしてコミュニケーションがしやすい社風かを確認したうえで企業を選ぼうと思っています。

設計担当で自動車部品から大手プラント機器への転職成功例【30歳 男性】

【年収アップ】500万円→560万円

同じ設計という仕事でも、より製品全体に関わりたいという思いが強くなって転職活動を始めました。

希望は自動車メーカーでしたが、転職エージェントからのアドバイスで、私の能力は他業種でも活かせるとのこと。そして紹介されたのが大手のプラント機器メーカーでした。

最初自分にはハードルが高いと思ったのですが、セミナーで業務内容を知り、社会的役割の大きさを感じて現職を選択しました。

営業職から保育士という全く別業種への転職成功例【30歳 女性】

【年収アップダウンなし】300万円

学生時代は教員になりたいと思っていたこともあり、教材会社に就職したのですが、実際の仕事は営業活動という色合いが強く、数字を求められることにストレスを感じていました。

この頃、プライベートでは結婚をしたこともあり、今後の出産や育児のことも考えて保育士という仕事を選びました。

女性が多い職場で相談がしやすく、長時間労働や休日出勤もありません。働き方を変えてよかったと実感しています。

TV業界のADから自動車販売員への転職成功例【30歳 男性】

【年収アップ】300万円→400万円

前職は幼い頃からの夢だったTV番組の制作でしたが、なかなか昇進することができず、30歳という節目で転職することにしました。

やりたい仕事が明確ではなかったので、求人を絞るのには苦労しました。結局内定をもらえたのは、前職を辞めてから半年が経過した頃です。

転職後は頑張ってセールストークを続けるものの、空回りの連続でした。先輩からの励ましもあり、入社から数カ月経って何とか1台販売することができました。今の目標は店舗内で売り上げ1位になることです。

弁護士から一般企業の法務担当への転職成功例【30歳 女性】

【年収ダウン】700万円→630万円

前職では、総合法律事務所で弁護士として経験を積んできました。しかし、当事者として法務業務に携わりたいと考え、転職活動を開始。

転職サポートを受けながら転職活動を進めていく中で、第1志望の総合商社や金融機関は経歴的に難しいと指摘を受けました。そこで第2希望まで応募を広げたことで、やっと現在の会社から内定をいただけたのです。

前職が弁護士という職業柄、給与アップはかないませんでしたが、目標のインハウスでの法務業務に携わることができたので今回の転職は成功と言えるでしょう。

不安定な外資系金融業界から安定企業への転職成功例【30歳 男性】

【年収ダウン】1,100万円→600万円

外資系金融機関の数社で勤務した経験があります。高収入でやりがいがあるという仕事内容には満足していましがた、不況のあおりで退職することに。今後はもっと安定した異業種にチャレンジしてみようと転職先を探しました。

ところが意外にも転職活動に大苦戦。リクルートエージェントでキャリアアドバイザーさんと模擬面接をしてもらい、対策しました。業界以外でも通用する自分の強みを見つける手助けとなり、安定企業への転職に成功しました。

まとめ

事例の中でいちばん多かったのが、異業種への転職です。ほとんどの方が転職に成功していました。30歳はある程度社会経験を積んで、体力も残っている歳です。新しい仕事へ挑戦する良いタイミングなのかもしれません。

30歳で転職エージェントを利用して転職した事例

やりがいを求めたスーパーへの転職成功例【30歳 男性】

【年収アップダウンなし】300万円→300万円

前職ではやりがいを感じる機会がほとんどなく、上司のミスを押し付けられたことがきっかけで転職を決意。

不器用な私は、退職後に転職活動を開始しました。自分の力で仕事を探したいという思いが強かったため、ハローワークではなく転職サイトとエージェントによるサポートを受けました。

自分主体で活動していたので再就職まで時間が掛かりましたが、地元のスーパーに無事転職。現在は商品の発注や加工、陳列などさまざまな業務を通して仕事のやりがいを感じています。

内定を辞退して再度活動を始めた転職失敗例【30歳 男性】

【年収アップダウンなし】420万円

会社に勤めながらの転職活動だったため、転職エージェントには1社ずつの面接を頼んでいました。結果、そこそこいい条件の内定をもらえたのですが、もうちょっと欲張ってもいいかと思って、断ってしまったんです。

もともと転職エージェントからは比較材料とするためにも複数社同時並行で活動すべきとアドバイスをされていました。

現在はそのアドバイスに従って、仕切り直しした転職活動を再開。医療機器メーカーとの話を進めているところです。

独立のステップとして小規模事務所への転職成功例【30歳 男性】

【年収ダウン】450万円→350万円

前職での働き方に疑問を持ち、独立を考えるように。しかし、すぐに独立することはリスクが高いため、小規模の設計事務所への転職を決心しました。

転職を成功させた先輩から、転職エージェントは効率よく転職活動ができるとアドバイスをもらい、複数の転職エージェントを利用。

転職活動中は書類審査で落とされることが多かったですが、エージェントの方が諦めずにサポートしてくれたおかげで何とか内定をいただけました。

現在は独立に向けて経験を積んでいる状態ですが、学びが多く充実した毎日です。

大手CROモニターへの転職失敗例【30歳 男性】

【年収アップ】450万円→550万円

同僚が転職して充実した姿を見て触発される形で転職にチャレンジ。同業種で大手の企業に応募したところ無事採用され、年収が100万円アップしました。

給与は高くなったのですが、新しい会社はかなりのハードワークかつ実力主義のため、業務量が非常に多くて個人個人で業務をこなしていくスタイルでした。

これまでメンバー間で連携しながら業務を進めてきた私には社風が合わず、結局転職エージェントに相談することに。

現在は、協力してプロジェクトを進めていける中小のCROを中心に再び転職活動をすすめているところです。

メガバンクから財閥系不動産デベロッパーへの転職成功例【女性 30歳】

海外でも仕事ができるメガバンクに就職し、順調に仕事をしていました。しかし、転職エージェントを通して学生時代に憧れていた不動産会社から転職のお誘いがあり、転職を悩むように。

当時の仕事も大変充実していましたが、やはり昔からの自分の気持ちに正直になり転職を決意。当時の自分の夢を思い出しながら、今では一生この業界に携わりたいと思えるようになりました。

悲報

転職エージェントのアドバイスを無視して欲張った結果…

転職先を見極める際、転職エージェントのアドバイスを聞かずに欲張ってしまった結果、なかなか内定をもらえなくなってしまう方もいました。無料とは言え、転職エージェントを利用する際は、しっかりとアドバイスを聞き入れて転職活動に励みましょう。カウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえるはずです。
転職成功者が利用した
転職エージェント
リクルートエージェント
転職サポートに相談してみる

人間関係が原因で転職した事例

都内の会計事務所から福祉施設の経理への転職成功例【30歳 男性】

【年収アップ】390万円→430万円

コミュニケーション能力が原因で人間関係が悪化し、転職を余儀なくされました。

転職先は経理職を希望していたのですが、求人数が非常に少なくて苦労が絶えませんでした。ハローワークや転職サイトなどを利用する中、何とか社会福祉法人から内定をいただけたのです。

福祉会計は一般会計と違い、最初は戸惑いやミスもありましたが、研修や勉強を行なっていくことで段々と信頼を得られていきました。現在は福祉に対するネガティブイメージ払しょくのために、職場づくりに注力しています。

まとめ

コミュニケーションが原因で転職した方もいました。仕事で重要となるのは、職場での人間関係です。いくら条件が良くても人間関係のストレスのある環境はつらいもの。身体を壊してしまう前に転職することをおすすめします。

キャリアや資格を活かして転職した事例

SEMコンサルタントからゲーム会社のマーケティング担当への転職成功例【30歳 男性】

【年収アップ】500万円→520万円

大学卒業後、営業支援システムの開発を経験。その後、SEMコンサルタントとしてWebマーケティング会社で従事していました。

しかし将来的な年収UPが見通せなかったため、キャリアを活かした転職活動を開始。

転職サポートサービスを利用し、年収の上昇が見込める企業のみに絞って紹介してもらうことで、現在のゲーム会社に再就職を果たしました。

現在は前職の経験を活かして、広告の効果測定やメディアとのタイアップ企画など集客向上のための導線を考える日々が続いています。

新しいチャレンジを目指して転職した成功例

6年間勤めていた広告会社を休職し、憧れであったカナダへの留学を決意。そこで学んだことをより活かすことができる会社を探そうと、帰国後に退社して転職活動を始めました。今後展開を視野に入れているというサービス内容に魅力を感じ、国内有数の会員数を誇るインターネット広告企業に就職しました。

現在は企画に関わることのできる仕事をより重視しながら、日々新しいことにチャレンジし続けています。

資格を活かした憧れの企業への転職成功例【30歳 男性】

【年収アップ】480万円→500万円

派遣のSEとして数年勤務していましたが、案件ごとに担当が変わり、なかなか一つの分野に集中できないという悩みがありました。SEに関する資格をいくつか持っていますが、人材派遣会社ではその資格を評価されることはありませんでした。

そこでリクルートエージェントに相談したところ、キャリアアドバイザーさんから資格を評価してもらえる企業への転職を提案されました。キャリアアドバイザーさんの助言を活かして面接にのぞんだ結果、理想的な会社へ転職することに成功。いまは毎日充実して仕事ができていると感じています。

大手企業から若手社員が続々と退職している

就職人気の高い大手企業から若手社員が退職している⇒20~30代半ばの若手社員が転職市場に出てきているというニュースも耳にします。理由は先輩社員の動向らしいです。ベンチャー企業などで精力的に働く同期と自分を照らし合わせたときにチャレンジがしたくなる。裁量権を与えられるような立場で自分を試したいなどの理由だそうです。実績を上げ周りの同期よりも早く幹部クラスに出世したいと考えているみたいです。30歳が転職の機転になっているようです。

まとめ

自分のキャリアや資格を活かして転職した方は成功している方が多くいます。就職サポートを利用したり、転職エージェントにアドバイスをもらったりした方もいました。前職よりも年収もやりがいもアップしているようです。「転職を考えているけど、ちょっと不安」という方は、専門家に相談してみると良いかもしれません。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ