転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代前半の転職事例 » 32歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

32歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

まだ1~2回の転職歴なら32歳はそう不利でもない

32歳の転職を成功させるために

自己分析だけでは気付きにくい、自身にマッチする企業探しなど、32歳で転職した人たちの成功例と失敗例を紹介します。

32歳だと1~2回転職している人も少なくありません。

企業側でも3回目の転職先としてはあまり抵抗はないようですが、すでに3回以上転職している場合だと不利になることもあるので、企業選びでは注意が必要です。

    ページ内目次

  1. 32歳で年収がこんなに変わった転職事例
  2. 32歳で未経験・異業種へ転職した事例
  3. 【悲報】思うような求人が…最初からプロに相談すれば良かった(涙)
  4. 32歳で転職回数が多い人の事例
  5. 32歳で環境の変化(結婚・出産)を期に転職した事例
  6. 32歳でスキルアップ(キャリアアップ)を求め転職した事例
  7. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

32歳で年収がこんなに変わった転職事例

会計事務所から上場を控えた事業会社への転職活動成功例【32歳 男性】

【年収アップ】400万→450万

転職した理由

以前の職場は少人数の会計事務所でした。雰囲気はとても和やかで働きやすく、同僚や先輩に恵まれていたのですが、唯一の不満は収入でした。30歳を超えたあたりから、「貯金や将来のことも考えて、もっと収入を増やしたい」と考えるようになりました。

近々結婚を控えていたこともあって、「このタイミングで転職に失敗したらどうしよう…」と悩みましたが、パートナーが「応援するから」と背中を押してくれたのがありがたかったです。元職場の上司も転職活動をする旨を快く理解してくれ、温かく応援してもらえました。そこで転職先として狙いを定めたのが、上場企業です。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

上場企業の会計士を目指そうと思ったはいいのですが、そこはやはり狭き門。私自身、小規模ながら会計事務所で7年間勤務していた経験があるのでいくらかの自信はありました。しかし、大企業の会計職は扱う金額が大規模で、より深い知識と長い実務経験がないと内定は厳しいと知らされたのです。この情報を教えてくれたのは、登録している転職サイトの転職エージェントでした。

そのアドバイスを承知で数社の選考に挑戦したものの、すべて書類選考も通過せずに愕然としたのを覚えています。「上場しているような大企業から見れば、この程度の実務経験や知識なんて間に合っているんだ…」と落ち込みましたね。しばらくネットで求人情報を読み漁りましたが、どこも今ひとつピンとくる求人が見つからず悩む日々…。

そこで転職エージェントから提案されたのが、上場を控えている企業に応募してみてはどうか」ということ。私自身転職している最中に何度かそう考えたことがありましたが、先行きが何となく不安で踏み切れないでいました。しかし、「上場企業ほど規模は大きくないかもしれないが、その分上場や企業の成長が見込める」と背中を押してもらえて応募することに。

その結果、見事に内定をいただけました!転職エージェントの読み通り、上場を控えている企業は門がより広く開かれています。自身の知識や実務経験に深く向き合ってもらえました。

32歳で転職しようと思っている人にアドバイス

転職がなかなか上手くいかないと思ったら、一人で悩むのをやめることが大切だと思います。特に32歳の転職は急を要するケースが多いと思うので、悩んでいる時間がもったいないのです!

悩む時間を少なくするには、自分一人で奔走するより転職エージェントの助けを借りたほうが効率的。私のように背中を押してもらえたり、違う視点でアドバイスをしてくれたりするので、転職エージェントは頼りになると思います。

人間関係の問題による同業他社への転職活動成功例【32歳 女性】

【年収アップ】400万→450万

転職した理由

前の職場は、都心部に本社を構えるIT企業。私が勤めていたのは本社ではなく郊外にある支店でした。入社当時は社内の雰囲気も良く、和気あいあいとした職場だったんです。

しかし、本社の方針で業務内容が倍増されました。それがきっかけで、社内は常にバタバタとした雰囲気に。最初のうちは皆で何とか業務を回していましたが、私のちょっとしたミスがきっかけでチームメイトからキツく当たられるようになりました。

ミスをしたのは完全に私の不注意で、自業自得です。社内の雰囲気が日を追うごとにピリピリとしていって、肩身が狭くなったのを覚えています。幸いなことに私のミスで発生した損害は微細で済み、私もミスを挽回しようと必死で業務をこなしました。しかし、一旦ピリピリした空気はなかなか和らがず、会社に行くのが憂鬱に。仕事自体はとても好きで誇りをもっていましたが、あの人間関係に身を置いて働き続けられる自信がなく転職を決意しました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

最初は求人サイトに片っ端から登録して、求人情報を探していました。しかし、サイトの仕様によっては情報が重複していたり掲載期間にムラがあったりして、なかなか上手く求人を探せずにいたんです。「もっと効率よく情報を探したい!」と思い立ち、周りのツテをたどってヒアリングを開始しました。同業他社への転職を希望していたので、同業の職についている学生時代からの友人に、重点的に話をヒアリング。その友人も転職経験者なので、色々と詳しい話が聞けました。

友人が言うには、「一気に複数の転職サイトに登録すると、情報過多でかえって混乱するからやめたほうがいい」とのこと。また、「不安なら一度エージェントに相談するのもあり」というアドバイスももらいました。その助言にしたがって転職エージェントに相談。自分の視点では見えてこなかったアドバイスが受けられて、自分自身をより深く客観視できるようになり、無事に同業他社への採用が決定しました。

32歳で転職しようと思っている人にアドバイス

一人で抱え込まないことが大事です。一人で悩むと求人も効率よく探せませんし、それで焦りが生まれます。焦ると自分を客観視できなくなり、自分の強みや弱みを見落としてしまうという悪循環に陥るので、そうならないように注意したほうがいいですね。

志望業種にいる友人や転職エージェントなど、第三者の視点やアドバイスはどんどん取り入れましょう!私の場合は同業他社への転職を希望していたので、友人の存在はとても大きかったと思います。

学生時代の同期などに同業他社の状況をヒアリングするなどして、決まった先が以前よりは規模の大きな同業種企業。ここは人事部もしっかりしていて、前のような人間関係の心配はなさそうです。

ポジションを下げることなく給与アップを果たした転職【32歳 男性】

【年収アップ】450万→500万

前職では、経理主任として決算など現場実務の取りまとめを行なっていました。今後のキャリアアップを考え、転職をすることに。転職エージェントには、同業他社で給与が今よりも同じか高い会社をピックアップしてもらいました。その中で魅力的だったのが、現在の職場です。

上場企業経験者の募集だったのですが、無理行って応募させてもらい、面接で熱意を伝えたところ採用してもらえることになりました。転職エージェントの助力無しでは今の私はいません。心から感謝しています。

年収とキャリアがともにアップした転職成功例【32歳 女性】

【年収アップ】400万→450万

理系大学を卒業し、製薬メーカーに就職して品質保証を担当していました。経験を生かしつつも年収アップとキャリアアップを図るため、転職を決意しました。

同業界での異職種が見つかり、経験を活かせるキャリアチェンジに成功。年収アップも実現させることができました。

転職後は薬事部門に配属になり、海外への交渉を含む様々な業務に携わっています。

同業種で年収アップした転職成功例【32歳 男性】

【年収アップ】300万→330万

ケーキや焼き菓子、マカロン等の製造スタッフとして働いていましたが、お菓子作りの新たな分野への挑戦として、転職活動を行ないました。

面接ではチーフシェフによる質問にも的確に答え、菓子の試作デモも行なって好印象を与えたことが評価されました。

転職後はヨーロッパから輸入したチョコレートを使い、日本人向けのお菓子にアレンジしていくという業務に携わっています。

まとめ

32歳での転職は、 実務経験があっても年収がより高い会社からの採用をもらいにくいもの。上場前の狙い目企業をはじめ、採用が決まりやすい企業を見つける力も必要です。 自身のコネクションを活用して、同業他社の状況をリサーチした転職者もいますが、幅広く転職をサポートしてきた転職エージェントに力を借りると、より効率的に情報を集められるでしょう。

32歳で未経験・異業種へ転職した事例

同業種でより安定した企業への転職成功例【32歳 男性】

【年収ダウン】680万→580万

自分では不動産業界を離れて違う業種に転職したいと思ったのですが、未経験で他業種の大手に入るのは難しいという現実を知りました。

リクルートエージェントに紹介されたのは、自分のスキルを活かしつつ安定も望める電鉄グループの不動産管理会社

職務経歴書や面接の指南をしてもらったおかげで無事転職することができました。

念願の化粧品メーカーへの転職活動成功例【32歳 女性】

【年収アップ】440万→500万

もともと化粧品業界誌で編集・ライターをしていた経験があり、前職でも担当していたのは化粧品情報サイトの広告制作。以前からメーカーで商品企画を手掛けたいという思いがあり、転職エージェントに相談しました。

ところが、化粧品の商品企画は求人がないとのこと!

転職活動が進まない中、数ヵ月という時間が過ぎた頃、紹介いただいたのが歴史ある化粧品メーカーでした。

商品企画ではなく新設する商品PRでの内定でしたが、自分のスキルや経験を活かせるので迷いはありませんでした。

営業マンとして異業種への転職活動成功例【32歳 男性】

【年収アップダウンなし】600万→600万

生命保険の営業は訪問セールス主体で、会社に所属はしていても毎年確定申告をするなどフリーランス的な面もありました。これは、インセンティブによる収入が大きいこともあるでしょう。

さすがに40代以降を考えると不安になって転職エージェントに相談。営業職を希望しました。

複数候補をいただいた中、目を引いたのが眼科系の医療機器メーカー。

書類の書き方や面接対策、業界特性といったアドバイスをいただいたおかげで、転職することができました。

インターネット業界から広告業界への転職成功例【32歳 男性】

【年収アップ】500万→530万

前職ではWeb動画を使った制作会社で提案営業を行なっていました。しかし、もっと大きなプロジェクトを遂行したい思いから転職を決意。

今までの経験や実績を手に転職活動を続け、大手広告会社の関連企業に転職できました。前職での経験が、転職活動で評価されたようです。

今後はイベントやグッズ制作、店頭での販促など企画立案から実施までを担当していく予定になっています。

夢を叶えた転職成功例【32歳 男性】

【年収ダウン】450万→400万

順調に塾講師としてキャリアを積んでいたものの、30歳を越えてから編集者になるという夢を思い出し、本格的に転職活動をすることに。

元々求人数が少ない編集者への転職を成功させるため、紙媒体にこだわらず、Web媒体での編集職も視野に入れました。

未経験での転職となったため、編集技術や必要なソフトについて一から学ぶ必要がありますが、先輩からの丁寧な指導を受け、充実した仕事をしています。

悲報

思うような求人が…最初からプロに相談すれば良かった(涙)

やりたい仕事に挑戦しようと転職活動を始める際、思うような求人が見つからなかったというケースも多く見られました。そんな時、多くの求人情報を持っている転職エージェントであれば、転職者の希望する仕事や働き方をヒアリングした上で、最適な最新情報を提供してくれるはず。また未経験の業種ゆえにどう書くかわからない【会社から評価される】職務経歴書や履歴書の書き方も、無料で指南してくれます。
転職成功者が利用した
転職エージェント
リクルートエージェント
転職サポートに相談してみる

32歳で転職回数が多い人の事例

資格取得やスキルアップへの前向きな姿勢が評価された事例【32歳 男性】

【年収アップダウンなし】320万→320万

3度目の転職では、同業種のより高度な専門スキルが必要な仕事への転職を成功させて、年収100万円アップを実現。

前職の5年間で培った設備保全業務での実績、また30代前半の若さで第3種電気主任技術者の有資格者であることなど、資格取得やスキルアップへの前向きな姿勢が評価され、採用に至りました。

まとめ

転職回数が多いと、マイナスに働くと考えている転職者も多いでしょう。しかし、企業の本音は「有望な人材を採用したい」と一言に尽きます。スキルアップへの意欲や実務に活かせる資格を持つ転職者であれば、積極的に採用したいと考える企業がほとんどです。年収をUPさせたい、今よりも待遇の良い会社に移りたい、あるいは仕事の幅を広げたいなど、仕事への意欲が高いのであれば積極的に資格取得に励むことで、好条件での転職を成功へ繋げられます。

32歳で環境の変化(結婚・出産)を期に転職した事例

受注側から発注側への転職成功例【32歳 男性】

【年収アップ】650万→800万

子どもが生まれたことを機に、ワークライフバランスを考えるようになりました。転職は選択肢の中にあったのですが、仕事の区切りがつかなくて行動できず…。

そんな時、転職をサポートしてくれるエージェントサービスを知りました。エージェントに就きたい職業について細かく相談して、何とか望みだった建物を発注する側の職に就くことに成功。仕事をしながらの転職活動だったので、キャリアアドバイザーによる時間調整の代行やアドバイスなどはとても助かりました。

育児との両立を目指した転職成功例【32歳 女性】

【年収ダウン】1,600万→620万

大手の法律事務所にて、労働法分野や渉外案件などの幅広い経験を持つ弁護士でしたが、育児との両立を図るため転職することにしました。

有能な弁護士として、ジェネラルコーポレート案件の経験が評価されました。加えて語学力もあったため、多くの応募があった中から採用に至りました。

基本的に残業なし、有給休暇の取得率も高い総合不動産デベロッパーに転職。株主総会対応やリスクマネジメント業務、企業コンプライアンスの整備など、幅広い業務に携わっています。

まとめ

32歳頃になると、職場である程度責任のあるポジションについていることも多く、転職を考えていても引き継ぎが進まない、慰留され続けるなど、仕事に区切りをつけることも難しいもの。転職エージェントに相談しながら転職活動を進めると、必要な作業を一部代行してくれるだけでなく、時間の使い方もアドバイスしてくれます。仕事だけでなく家庭のことも大事にしたい転職者こそ、限られた時間を有効に使うためにも転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

32歳でスキルアップ(キャリアアップ)を求め転職した事例

残業が少なく業務も魅力的な大手SIerへの転職成功例【32歳 男性】

【年収ダウン】800万→730万

前職では、仕事そのものは充実していたもののかなり長時間労働になっていたので、事業会社で社内SEになろうと転職活動を始めました。

ところが、面接で落とされることが続き、キャリアアドバイザーに相談したところ、自分の希望ばかりを話していたことに気付かされたのです。

結果紹介されたのが大手SIer。残業が少なく業務も魅力的で、現在は満足のいく日々を過ごしています。

監査業務の経験を活かした経理スタッフへの転職成功例【32歳 男性】

【年収アップ】565万→600万

前職ではコアスタッフとして従事していましたが、更なるキャリアアップを図るべく転職を決意。

前職での監査業務や英語での実務経験が評価されて、外資系メーカーの経理担当として転職することができました。現在の職場では、海外出張でのスキルアップも可能なので、将来的に見ても成長できる場所です。

転職エージェントには、いろいろとご迷惑をおかけしたと思いますが、おかげで素晴らしい職場と巡り合うことができ感謝しています。

同業他社の上位職への転職成功例【32歳 男性】

【年収アップダウンなし】550万→550万

前職では、ベンチャー風土のIT企業で人事から労務や総務まで幅広く従事していました。これまでの経験を活かして1つ上のステージに進みたいと思い、転職を希望。転職エージェントに定着性の高い企業で働きたいという希望を出したところ、今の職場に転職することが叶いました。

転職エージェントからは、今までの経験やどういう転職先を希望するのかを事前に決めていたことが早期転職に繋がった理由と言われました。転職活動を考えるなら、将来のビジョンを明確にすることが大切だと思います。

キャリアアップに繋がった転職成功例【32歳 男性】

【年収アップダウンなし】400万→400万

総務・経理で順調にキャリアを積んでいたものの、組織変更のため転勤の可能性が発生したことを機に転職を決意。

実家がある四国に留まることを条件に探し、地元不動産会社のグループ会社への転職を果たすことができました。将来のマネージャー候補を探していた会社とうまくマッチングした結果です。

同業界の他銀行への転職活動失敗例【32歳 男性】

今勤めている銀行の子会社も転職による途中入社。社内で不利な扱いを受けていることもあり、他銀行へ転職しようと活動をしています。

キャリアアドバイザーさんに聞くと希望の銀行だと難しいといわれ、他の転職エージェントにも相談したところ、答えはほぼ同じ。

面接を受けに行ったもののうまくいかず、現在は自分の目的意識をきちんと確立するところから見直しています。

社風もよく将来性を見込める会社で、経理の主幹として活躍しています。

まとめ

多くの会社が32歳の転職者に求めるものは、スキルや実務経験。即戦力として活躍が見込める人材かどうかを見ています。前職までに培ったスキルがあれば、そのアピール方法も工夫したいもの。転職エージェントのアドバイスを受けながら面接に臨むと、良い印象を与えやすくなります。何より、自分の希望と合致する企業とのマッチングに長けているのもポイント。成功率の高い企業を厳選してくれるので、キャリアアップの可能性が高くなります。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ