転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代前半の転職事例 » 33歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

33歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

キャリアやスキルが十分なら33歳でも異業種間転職可能

33歳の転職を成功させるために

異業種間や短期での複数回転職など、33歳で転職した人たちの成功例と失敗例、両方を紹介します。

33歳での異業種転職は、簡単ではないものの、キャリアやスキルがしっかりしている人材なら、業種を超えてヘッドハンティングされるケースも十分あります。

逆にいえば、アピールできるようなキャリアやスキルがなければ、現職より待遇が悪くなるような転職にもなりかねないので注意しましょう。

    ページ内目次

  1. 33歳で年収がこんなに変わった転職事例
  2. 33歳で未経験・異業種へ転職した事例
  3. 33歳で転職回数が多い人の事例
  4. 33歳でキャリアを活かした転職をした事例
  5. 33歳で将来のことを考えて転職した事例
  6. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

33歳で年収がこんなに変わった転職事例

SEからITコンサルタントへの転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】600万→800万

前職はSEとして社内評価や業績を重ねつつ、順調にスキルアップをしていました。この調子でいけば、プロジェクトリーダーへのビジョンもありましたので、社内では比較的期待されていたと思います。社内ではうまくいっていたものの、仕事における自分は、満足できるような手応えを感じていない面はありました。

先の将来が見えているはずなのになぜ満足できないのか、それを考えると今の会社で働く意味を見失う時期がありました。ですが、かえってそれが、「本当にやりたいことは他にあるのではないか?」という考えに至り転職を決意。 同じIT業界でも、日々の変わらないルーチンワークをするよりは、ITコンサルタントのようなクライアントのニーズを考慮して自ら市場を作りたいと思い、次のステップにITコンサルタントを視野に入れて複数の企業をピックアップ、精査しました。

転職エージェントを利用し、就活に関するアドバイスを頂きながら、希望していたITコンサルティングの会社へ転職しました。自分のやりたいことを見つけられたのでよかったと思っています。転職を躊躇していたら今のような充実した毎日はなかったでしょう。

転職した理由

転職を考えたきっかけは、社内でのスキルアップに限界を感じたからです。プロジェクトリーダーになれば自分にとって仕事のしやすい環境は作れますが、変化の少ない業務では仕事の価値を見いだしづらくなります。これ以上ステップアップすることは難しいと思い、キャリアアップできる道を探して転職しました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

転職を決意するまではよかったのですが、次のステージ選びにはかなり時間を費やしました。前職でも仕事に関してはうまくいっていて、結果からみれば充実していました。しかし、どこか満足できない部分があり、その原因がなんだったのかを見つけるのは難しかったです。そこで、一から自分のキャリアプランを見直し、最終的に自分の強みであるITの知識やスキルを活かせ、かつ自分の意見を社会に反映したい思いが強いことを見出せたので、ITコンサルタントの道を目指して転職活動を行いました。

33歳で転職しようと思っている人にアドバイス

33歳でも転職にそれほど不安はありませんでした。IT関係のスキルや経験には自信がありましたし、次の会社でも十分に自分をアピールできると信じていました。

同じような立場の方で、転職を考えている方がいるなら、その考えは諦めない方が良いと思います。強引に背中を押すわけではないですが、自分のやりたいことがあるなら積極的にチャレンジしていく姿勢が大事だと思っています。

印刷業界からウェブ業界へ、苦労した上の転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】400万→600万

以前は、広告やデザイン関連の会社でDTPオペレーターとして働いていました。デザイナーが作成された原案をこちらの方で印刷できるようにフォトショップを使い細かい調整を行いますが、モノづくりとしては物足りない作業だと感じていたため、自分との相性が合わず思うように仕事に身が入りませんでした。年齢的に若くはないとは自負していましたが、クリエイティブな仕事をしたいと思っていましたので、思い切って転職を決意しました。

沢山の企業に応募した中で、ある程度前職の知識を活かせられ、制作に携われるウェブデザイナーという職種にたどり着きました。また、IT業界では若い世代の方が多くてとても活気があります。 ウェブデザイナーとしては未経験ですが、希望していた職種ですし沢山学ぶこともあり、今の仕事はとても充実しています。 転職活動に時間を費やしてしまいましたが、探してよかったと後悔はありません。

転職した理由

仕事のモチベーションを維持するのが難しいと思ったことや、DTPオペレーターは専門性の高い職種ですが、既に作成されたものをブラッシュアップする作業でしたので、制作物に自分が携わっている感覚さほどありませんでした。新しいものを作りたいという自分の想いに適した職種に就きたかったので転職を考えました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

IT関係の会社は手当たり次第に応募してみましたが、なかなか通らなかったので精神的に参りそうになりました。次の職に手を付けられるか不安もありましたし、未経験という肩書で、たらい回しにされてしまうのは困りました。最終的に転職活動を行ってから70社ほど応募しましたが、そのほとんどが不採用になったのは苦い思い出です。

33歳で転職しようと思っている人にアドバイス

IT業界は若い世代の方が多く、30を超えて転職して周囲に溶け込めるかどうかといった不安はありますが、逆に若い世代からの元気をもらえます。また、世代別の価値観や知識など、学ぶ機会も多く得ることができます。

IT業界では年齢を重ねるほど採用される確率も低くなる傾向のようですが、年齢が若くないからと言って採用されない訳ではありません。一番は、自分に適した職業を探すことだと思っていますので、年齢だからと諦めてはとても勿体ないと思います。

重工会社の設備保全担当から電気設計職への転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】460万→550万

転職した理由

以前の職場は、大手の電機グループでした。20代後半から入社して数年間、計装を担当していました。国内外の火力発電プラントの建設やメンテナンス工事の経験もあります。海外の電機グループと提携して仕事をすることが多く、語学力も身につけられました。

仕事自体はやりがいがあって気に入っていたのですが、収入アップとキャリアアップを狙って転職を決意。30歳を過ぎて、結婚や両親の引っ越しなどのライフイベントがあったのも大きいと思います。ライフイベントに伴って、「収入を増やしてより生活を安定させたい」という気持ちが強くなりました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

私が転職活動時に悩んだことは、転職に踏み切るまで時間がかかったこと、元仕事場への未練を完全に断ち切るまでが長かったことの2つです。もっと年収を増やしたいと思いつつも、「転職に失敗したら、それこそ安定している生活が崩れてしまうんじゃないか」という不安もありました。

転職先がなかなか決まらなければ、それだけブランクもできます。今までコツコツ貯めてきた貯金も、少しずつ切り崩さなければいけません。そんな不安を抱いて、転職するか否かで実に数か月悩みましたね。今考えると、その時間すらもったいなかったと思います。

「転職しよう」と考えた時、職場への未練もわいてきました。上司はもちろん先輩や同僚、後輩たちにも恵まれ、職場の人間関係には本当に恵まれていたからです。だからこそ、「今ここで無理に転職しなくてもいいんじゃないか」「収入アップは同じ会社にいてもできるんじゃないか」と考えてしまい、なかなか未練を断ち切れませんでした。

33歳で転職しようと思っている人にアドバイス

迷いや未練が断ち切れたのは、転職エージェントと協力して転職活動を始めてからです。「転職はトレードオフの関係で、何かを得れば何かを失うこともある。しかし、それで悲観的になる必要はない」と助言をしてくれました。転職ブランクやほかの課題にも、出来る限り何とかするという力強い言葉に励まされ、無事転職に踏み切れました。

新しい転職先は、外資系の重工企業です。前職で培ったスキルや語学力を評価していただき、採用してもらうことになりました!収入もアップしましたし、海外出張や研修をこなしてより世界が広がった気がします。

悩みに向き合ったうえで、背中を押してくれた転職エージェントがいたからこそ、転職の決断ができたんだと思います。一人で悩んでいれば決断はもっと遅れていたでしょうし、下手すれば転職そのものをあきらめていたかもしれません。

設計・建築業界から検査機関に転職した成功事例【33歳 男性】

【年収アップ】380万→550万

転職した理由

以前の職場は建築業者。設計事務所に在籍して設計業務全般に携わったり、施工管理を行なったりといった業務をこなしていました。毎日の仕事は楽しかったのですが、ある時建築物の欠陥を検査する第三者機関とやり取りをするようになり、その業界に興味を持ちました。

「安全な住宅をお客様に提供したい」という気持ちを自分なりに持っていたため、住宅の安全性を調査する仕事に強く憧れたのかもしれません。住宅の安全性を調査する仕事に強く憧前職のスキルや知識も活かせそうだと考え、転職を決意。転職サイトに登録し、応募をかけている第三者機関の情報を探し始めました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

最初にぶち当たったのは、資格取得の厳しさです。建築物の第三者機関の多くは、資格を必須条件として応募をかけていました。そのため、現在の仕事を続けながら資格取得に挑戦することに。これがなかなか難しかったです。

最初のうちは仕事と勉強の時間を上手く確保できず、「これで本当にいいんだろうか」と迷う毎日。仕事に集中しすぎれば勉強の時間が短くなる、かといって本業をおろそかにして勉強の時間を削るわけにはいかない……という無限ループでした。

そこで転職エージェントに相談したところ、非公開求人をいくつか提供してくれました。その中には、「入社後に資格取得をサポートする制度がある」とうたう企業の情報も!

これなら今の無理な勉強を続けなくてもいいうえ、転職もできると小躍りしました。求人情報の提供があったことで、自分一人で悩む時間が格段に減りましたね。

33歳で転職しようと思っている人にアドバイス

資格取得が必要であれば、勉強方法や仕事との折り合いのつけ方を考えることが大切です。私の場合、エージェントに相談するまで悩みっぱなしでした。相談する相手はエージェントでもいいですし、同じ資格取得のために頑張っている人やすでに取得している人でもいいと思います。

勉強方法のアドバイスをもらったり、入社後に勉強の時間を取れる環境の職場を探したりと、色々な視点を持って転職を進めてみてください。

まとめ

33歳で転職した人の事例を見てみると、多い人で200万円も収入がアップしています。単に収入を上げたいというだけでなく、自らのステージを上げたいとい向上心が強い人が多いようです。また、転職エージェントにアドバイスもらいつつ、転職活動をしていた人も。専門的なサポートを受ければ、転職を有利に進められるかもしれませんね。

33歳で未経験・異業種へ転職した事例

水処理設備業界から製薬企業への転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】430万→500万

飲食関係の仕事を経験したのち、プラント機器商社兼メーカーで計装空気除湿装置と水処理設備のメンテナンスを行なってきました。

子どもの成長に応じて、給与アップが気になりだし転職を決意。これまでの経験が極端なものだったため、転職活動に不安もありました。

しかし現在の会社がちょうど、私のような人材を求めていたということで、これまでの経験が評価されて即戦力として再就職を果たしました。ポジションも、リーダーという前職よりも良い待遇で受け入れてもらい、感謝しかありません。

特定任期付公務員から企業内弁護士への転職活動成功例【33歳 女性】

新卒時は弁護士事務所に勤め、前職では特定任期付公務員として組織内弁護士を経験しました。これは任期が決められているため、次の仕事は長く続けられる組織内弁護士という意味で、企業内弁護士になろうと考えたのです。

転職活動では業種を限定せず、幅広く面接を受けさせてもらいました。その中で現職に決めた理由は、企業や行政に関する業務だけでなく、消費者に関連する業務もあること。

できるだけ多様な業務に関わりたいと思っていたので、こちらにお世話になることにしました。

エステ業界から成長性の高いIT業界への転職成功例【33歳 男性】

【年収ダウン】650万→600万

経理全般の幅広い経験を持ち、部下のマネジメントや人事評価も行なっていましたが、成長性の高い業界への転職を希望しました。

33歳という若さで、幅広いマネジメント経験を持ち、実務経験も豊富であったことが評価され、上場企業への転職を果たすことができました。積極的な人柄も高く評価されたようです。

新たな職場でも、管理部門での経理を含むマネジメント業務に携わっています。

異業種・同職種(知的財産・特許)への転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】360万→400万

知的財産部門でのキャリアを積んでいたが、前職の業績不振を感じ取り、早期退職を希望。他の業界も含めて転職活動を行なってみることに。

前職での特殊な経験を評価され、異業種の同職種へ転職することに成功。新たな職場でも、引き続き知的財産部門にて、発明権利化の手続き、特許出願業務を行なっています。

上場企業の経理からベンチャー企業の管理職への転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】500万→520万

20代のうちに、非上場企業から上場企業へ、キャリアアップのために転職を成功させていました。そして上場企業の決算を含め様々な業務を担っていました。

大きな会社だと業務が細分化されるため、もっとコンパクトな会社で幅広い業務に携わりたいと、ベンチャー企業への転職を行ないました。何事も自発的に取り組む姿勢を買われ、管理業務の全てを担う部長ポジションで活躍しています。

まとめ

未経験・異業種へ転職された事例を見てみると、「水処理設備業界から製薬企業」「上場企業の経理からベンチャー企業の管理職」など、転職に成功された人が多数いました。調査した事例のすべてが成功事例だったことも特筆すべきでしょう。キャリアアップしたい・もっと自分のやりたい仕事をしたいという思いが強いという印象です。自分のやりたいことを明確にして転職活動を始めるといいでしょう。

33歳で転職回数が多い人の事例

短期間で2回の転職活動による失敗→成功例【33歳 男性】

【年収アップ】580万→720万

研究職からのキャリアアップでコンサルティング会社に転職。収入も増えて業務も特段難しいわけではありません。

それでも、研究から離れたことによる知識レベルの低下に不安を感じて、再度の転職ではリクルートエージェントを頼りにしました。

短期間での再転職ということもあって難航したものの、結果的には研究職でコンサルティングスキルも必要とする会社に内定しました。

まとめ

転職活動を失敗から成功へもっていった事例です。短期間での転職は厳しいものがあったようですが、自らのスキルと存分に活かせる会社へ就職できたようです。1回目も2回目も転職エージェントに相談し、頼りにしていたとのこと。2回目の転職が成功したのは、転職エージェントの影響も大きかったと推測されます。転職は人生の岐路です。失敗しないように転職のプロの手を借りることでより多くの情報を上手く活用するのが良いでしょう。

33歳でキャリアを活かした転職をした事例

出版からウェブメディアへ、キャリアを活かした転職成功例【33歳 男性】

【年収アップ】650万→520万

斜陽といわれる出版業界に限界を感じて、ウェブメディアの大手に転職しようと応募したものの、書類さえ通りませんでした。

リクルートエージェントに相談したところ、やはり未経験では難しいとのこと。そこで、自分のキャリアの中からメディアミックスの施策経験をアピールすることにしました。

おかげさまで転職先が決まり、各種企業とのタイアップなどで経験を活かしています。

法律事務所から企業の法務部門への転職活動成功例【33歳 男性】

法律事務所での実務経験は2ヶ所あって、前職の事務所では一般企業法務を幅広く扱っていたものの、特に専門性が高かったというわけではありません。

転職のきっかけは事務所内の人間関係で、また違う事務所に移るよりは一般企業に就職することを考えて転職エージェントに相談しました。

いろいろな企業を紹介してもらい都合20社ほど応募して、最終的には大手電機メーカーを選びました。条件でいえばIT企業もよかったのですが、スマホゲームが主力商品だったので断りました。

海外志向が強く35歳前に決意した転職活動成功例【33歳 男性】

前の会社では海外勤務も経験させてもらったのですが、ビジネスのメインは日本国内。景気動向によってはクライアントの投資予算が大きく変動したりするので、35歳になる前のタイミングで転職を考えました。

希望条件は、海外勤務や自動車関連、安定性や成長性などで、エージェントにはマッチする会社を紹介してもらったと思います。

面接対策では週末の夜に時間を割いてもらったり、厚くフォローしてもらえてありがたかったです。

法律事務所からインハウスの弁護士への転職成功例【33歳 女性】

【年収アップ】700万→720万

前職では総合系法律事務所にて、企業の契約書作成や株主総会議案書作成、訴訟対応などを担当。個人に対しては、自己破産や一般民事なども経験しました。

しかし、結婚を機に業務時間の安定した一般企業への転職活動を開始。仕事をしながらの転職活動だったので、転職エージェントによるサポートサービスを利用しました。

前職での経験が大きく評価され、東証1部上場企業の住宅・建材メーカーに再就職し、契約書関連や訴訟など前職での知識を活かして業務に従事しています。

国の機関での税制検討・策定担当から税理士法人の税務会計スタッフへの転職成功例【33歳 女性】

【年収アップダウンなし】500万→500万

会計事務所で5年ほど監査業務や相続税申告対応など多種多様な経験を積んできました。直近では国家機関に出向して税制改正の検討や条文の作成なども対応。しかし、さらなるキャリアアップを目的に転職を決断しました。

転職エージェントサービスを利用していたのですが、エージェントからは、これまでの経験が高く評価されて、企業は自分で選べました。

無事税理士法人への転職もでき、未経験案件の経験が詰めて大満足です。最近は課税資産20億以上の相続案件を担当し、専門知識も順調に増えています。

大学時代の専攻を生かした転職成功例【33歳 女性】

【年収ダウン】300万→270万

好きな事務仕事に打ち込んでいたものの、突然のリストラ宣告。がんばってきたことを否定されるようで精神的にショックを受けましたが、一念発起して転職活動を進めることに。

転職にあたって、かつて法学部で学んだ経験を生かして法律関係の仕事を探すことにしました。キャリアアドバイザーの紹介により、従業員5人の小さな会社に決まりました。

給料は少し下がってしまったため、これからのキャリアアップを考えていく必要はありますが、希望分野で働くことができるようになった点は満足しています。

経理業務にこだわり同業者への二度目の転職を果たした成功事例【33歳 男性】

【年収アップダウンなし】410万→410万

最初は運送会社での支店経理業務に携わっていましたが、本社経理を行ないたいと感じ他社へ一度目の転職をしました。しかし転職先の企業の業績が悪化したことに伴い、営業部への異動が決定。経理業務にこだわりたかったため、転職を決意しました。

面接時は未経験業務にも前向きに取り組む姿勢をしっかりアピールできたことで転職成功。前職より規模が小さい会社ですが、経理に加えて総務や人事にも携わり、様々な経験を積むことができています。

まとめ

時代の流れに乗った出版社からウェブメディアへの転職や海外に行くために転職を決意した人など、自分のキャリアをうまく活用して転職に結び付けた人が数多くいました。みなさん積極的に転職活動していたようですが、しっかりと転職先の業界のことを調べたうえで挑戦しています。「やってみたい」という気持ちだけで、転職を成功させるのは難しいでしょう。下調べをしっかり行ない、時には専門家に相談することもひとつの手ですよ。

33歳で将来のことを考えて転職した事例

在職中の活動でプロのサポートが活きた転職活動成功例【33歳 男性】

前の会社は外資系で、将来を見据えた時に日本人だとあまり上のポジションには上がれない、つまり収入アップも難しいという実状があり、転職することにしました。

仕事をしながらの転職活動は遅々として進まず、自分で転職サイトを見たり、ハローワークに行ってみたりしたものの、成果なく半年が経過。そして転職エージェントのお世話になりました。

転職のプロだけに活動をしっかりサポートしてくれたのと、私にとっても自分の価値を客観視できたのがよかったです。

まとめ

現状を打開するために転職活動を行なった人の事例です。将来を考えた転職をするにあたり、転職サイトやハローワークを利用。思ったような結果が得られなかったため、転職エージェントに相談したようです。転職のプロが活動をサポートしてくれたおかげもあり、見事転職に成功。自分の価値を客観視できたる良いキッカケにもなったようです。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ