転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代前半の転職事例 » 34歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

34歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

駆け込み転職を検討する人が増えるのは34歳

34歳の転職を成功させるために

キャリアやスキル、実績を活かして、34歳で転職した人たちの成功例と失敗例を紹介します。

一般的な求人数としては35歳がひとつのボーダーとされていることもあり、34歳での駆け込み転職を検討する人もとても多いようです。ただ、人それぞれに求めるものや満足度、キャリアのフェーズも違います。35歳を目前に本当に自分に合った転職とは何か、様々な事例から気づきを得られるはずです。

    ページ内目次

  1. 34歳で年収がこんなに変わった転職事例
  2. 34歳で未経験・異業種へ転職した事例
  3. 34歳で転職回数が多い人の事例
  4. 34歳でスキルアップ(キャリアアップ)を求め転職した事例
  5. 職場環境の変化で転職した事例
  6. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

34歳で年収がこんなに変わった転職事例

東証一部上場メーカーへ転職し大きく年収がアップした弁護士の成功例【34歳 男性】

【年収アップ】100万円→550万円

一般民事事件を主に扱う法律事務所で働いていたものの、弁護士にしては安い給与に不満を持っていました。幅広い案件を担当した経験を生かし、年収アップのための転職を決意しました。

前職の経験に加え、米国ロースクールへの留学経験や高い語学力もあったことを評価され、東証一部上場メーカーへの転職に成功しました。

現在はメーカー内での法務業務全般に携わっています。

よりよい就業環境を求めた転職成功例【34歳 女性】

【年収ダウン】1,200万円→1,100万円

このケースでは、総合商社の海外駐在から帰国したタイミングで、よりよい就業環境を求めて転職活動をスタートしました。

転職エージェントが提案したのは外資系。ただし、本人は日本企業を優先したい意向があって、複数社から内定が出たものの、条件が合わず辞退

最終的には年収ダウンになるものの、外資系企業に移る結果となりました。

上場企業から大手企業グループのベンチャー企業への転職成功例【34歳 男性】

【年収アップ】450万円→500万円

IT系の上場企業にて、法務業務を担当した方の転職事例です。

前職では法務関係全般を経験。その経験を活かし、大手IT企業のグループである、ITベンチャー企業への転職を成功させました。待遇は法務リーダー候補というポジションで、即戦力として従事。前職で法務業務を一人で担当していた経験や、そこで培われたスキルが評価されたようです。

自身で組織を作っていきたいという理想や、海外に関わる業務にも積極的に携わっていきたいという前向きな姿勢も高く評価されました。

これまでのノウハウを活かした転職成功例【34歳 男性】

【年収アップ】300万円→450万円

前職では基礎工事をはじめとする土木工事の施工管理を行なっていました。自営業だったのですが、廃業したので転職活動を開始。自分で転職先を探しつつ、転職エージェントにも相談していました。

面接では自分の意見をしっかりと伝えることを意識していました。これまでの経験やノウハウを評価してもらえたのがうれしかったです。業界からも評価の高い会社に就職できて、年収も150万アップしたので満足しています。

青果物販売のプロフェッショナルを目指した転職成功例【34歳 男性】

【年収アップ】320万円→380万円

食品小売業に就職してから、販売スタッフとして接客や仕入れに携わってきた方です。さまざまな部署を経験しましたが、青果部門へのこだわりから、転職することを決意されました。

結果、青果物販売のプロフェッショナルを目指すという強い意志を買われ、売り場運営全般を任せてもらえる会社に転職。

現在は売り場づくりや商品管理、数値の管理など多岐に渡る業務を果たしています。

キャリアアップを目標に大手企業への転職成功例【34歳 男性】

【年収アップ】500万円→620万円

設計スキルと折衝能力が高く評価され、見事内定を獲得した今回のケース。

この方のコアキャリアは国内業務が中心でしたが、将来的に海外業務に携わりたいという希望がありました。

転職エージェントの方は職務経歴書と面談に注力し、高い設計スキルと顧客担当として培ってきた折衝・調整能力を前面に出し、アピールできるようアドバイス。前向きな人柄も評価され、見事年収アップを果たしました。

まとめ

34歳で転職をして年収がアップした人の事例を見てみると、最大450万円もアップした人がいました。中には1,200万から1,100万にダウンした人もいましたが、1000万円のラインは維持しています。3件中2件の事例が転職エージェントを利用して転職活動を行なっていました。転職を成功させられるかは、運ではなくどれだけ行動できたかで決まります。より多くの選択肢を持つためにも、専門家に相談したほうがいいでしょう。

34歳で未経験・異業種へ転職した事例

設計士としての新たなポジションを得た転職活動成功例【34歳 男性】

新卒時は地方の設計事務所に就職して、その後に独立、都内で自分の事務所を設立したものの、業績悪化もあって事務所勤めに戻っていたという経緯があります。

転職エージェントを利用してはいますが、面接を受けたのは現職となる1社のみ。そこは手掛ける案件も職場の雰囲気も本人の希望にマッチするものでした。

やりがいを求めて看護師から福祉施設への転職成功例【34歳 女性】

【年収ダウン】600万円→400万円

前職は看護師としての業務が満足にできず、強いストレスで体に不調をきたしてしまい転職活動をスタートしました。

転職サイトで福祉施設の求人に出会い、面接後即日採用。カウンセラーの資格が高い評価を受けたようです。医療スタッフとしてやりがいを感じる職場のため、給与が下がった現状においても、転職は成効だと感じています。

現在はカウンセリングを主に担当しているようで、辛い経験をした時の教訓を活かして、施設の利用者の心に寄り添った対応を心がけているそうです。

ワークライフバランスを考えた派遣社員への転職成功例【34歳 女性】

【年収ダウン】350万円→300万円

接客業の正社員から総合商社の営業事務へ転職した今回のケース。転職活動中は長期間仕事を続けるために、正社員・事務・英語可能者優遇の条件で絞っていたようです。しかし、事務経験がほとんどなかったため、書類審査で落とされる日々の連続だったようです。

友人からのアドバイスを受けて、即正社員ではなく派遣社員からのキャリアアップへとシフトチェンジしたため、再就職へと繋がりました。

転職後はワークライフバランスが改善され、充実した日々を過ごしているようです。

異業種の本社経営企画部門への転職成功例【34歳 男性】

【年収ダウン】650万円→630万円

前職では本社経営企画部門にてプレイングマネージャーとして活躍していましたが、異なる業界を経験するため転職を図ることにしました。

上場企業で培った業務経験が評価され、転職先では即戦力として迎えられることになりました。柔軟な対応力があると評価されたことも成功の一因です。

希望通り異業種での本社経営企画部門で、経営管理や事業企画業務に携わることができています。

まとめ

未経験・異業種への転職を成功させた事例を見てみると、新たなポジションを獲得したり、やりがいを求めたりと目的は人それぞれでした。ワークライフを考慮して異業種への転職を選択した人もいます。年収は下がったものの、やりたい仕事につけているという満足度が高いようです。年収や満足度など、転職先に求める条件は人それぞれ。自分のフェーズに合った転職を検討しましょう。

34歳で転職回数が多い人の事

システム部門にこだわった4回目となる転職活動成功例【34歳 男性】

34歳にして今回で都合4回目の転職となったケース。

これまでの経歴ではシステム関連部門が中心となっていますが、前職ではシステム企画のマーケターという位置づけで、データ分析から企画運営などを含めた上流工程も経験しています。

一方で、本人はもっとシステムに特化してキャリアを積みたいと考えていて、それが転職の発端となっています。

前職の在籍期間がまだ半年程度と短く、残業も多い日々の中での転職活動。条件がいいとはいえない状況ながら、転職エージェントのサポートもあって、2ヶ月ほどで現職の内定を得ることに成功しています。

まとめ

4回の転職を経て希望の職種に就けた事例です。3回目の転職から半年と短い期間で活動を開始。不利な状況だったにも関わらず転職できたのは、転職エージェントのサポートが大きかったようです。転職回数が多いと希望する企業は警戒してしまうもの。自己アピールをしっかり行なえれば良いのですが、相手へ上手く伝えるのはなかなか難しいでしょう。そういうときは、プロにアドバイスをもらうべきです。

34歳でスキルを活かした転職をした事例

国際会計基準のスキルが活きた転職成功例【34歳 男性】

【年収アップダウンなし】800万円→800万円

転職先となったのは東証一部上場企業、それも本社の経理でした。

日本だけでなくグローバルな会計基準に関する知識や対応能力が必要とされる求人で、そのニーズにマッチしたようです。

利用したのは管理部門に特化した人材紹介会社

本人のスペックの高さに加えて、面接時の応対ぶりも評価され、34歳での初めての転職を成功させています。

中堅から大手に移籍した弁護士の転職活動成功例【34歳 男性】

以前の事務所では刑事・一般民事・企業法務など様々な案件を手掛けて、職場に対する不満はありませんでした。

ただし、34歳という年齢もあって、修習同期の中には独立して事務所を構えるケースも目につき、本人としては海外留学も視野に入れての転職を考えました。

転職活動はエージェントを利用して10ヶ所ほどの事務所に応募。最終的に決めた現職は、大手渉外事務所ともいわれる法律事務所で、グローバルな案件にも関わっていけそうです。

出身地へのUターンを果たした公認会計士の転職活動成功例【34歳 男性】

30代半ばというタイミングで、都内から出身地である地方へのUターン転職をしたケース。

希望としては地元企業で公認会計士として監査業務を手掛けること。ところが、転職エージェントによると、地方で職種を限定してしまうと難しいとの指摘を受けました。

そんな中、1週間もしないうちに条件に合う求人が見つかり、面接もトントン拍子に進んで採用に至ったというわけです。

自営業の経験を活かした同業他社への転職成功例【34歳 男性】

【年収アップ】300万円→450万円

自営業である工事業の廃業に伴い、転職活動を開始しました。年収と勤務地を重視し企業の選定を行なっていったようです。

この方は自営業で施工管理を行なっていたこともあり、1級土木施工管理技士資格を保有していました。前職での経験に加え、地盤改良という専門的な工事に興味をもっていたことが面接官の評価に繋がったようです。

再就職先は地盤改良工事に強みを持つ、全国でも有名な企業。前職と同じ施工管理を担当しつつ、給与は以前よりもアップしたようです。

キャリアに幅が広がった税理士の転職活動成功例【34歳 女性】

【年収アップダウンなし】700万円→700万円

大手の税理士法人にて、主に外資系企業の税務申告に携わっていましたが、税務以外のキャリアを経験して幅を広げたいという希望から、転職することになりました。

外資系企業の税務業務という経験、そして日常的に英語を使っていたことを評価され、転職を成功させることができました。

現在は前職と同じ税務業務がメインですが、ポジションが上がるにつれ、米国本社とのやり取りや決算にも携わっていける可能性がありそうです。

研究職のキャリアを生かしたリエゾンへの転職成功例【34歳 女性】

【年収アップ】774万円→827万円

大卒で入社して以来、就職した製薬メーカーで前臨床薬理や創薬研究に従事してきました。海外の研究所員とも連携したプロジェクトもあり、やりがいも感じていましたが、リエゾンへのキャリアチェンジを希望しました。

11年に渡る創薬研究の経験と知識、そして他のアカデミアとのネットワークを構築できる折衝能力を高く評価され、希望職に転職できました。

現在はリエゾンとして、KOLへの学術情報を提供したり、科学知識を生かしたMRサポートを行なっています。

まとめ

スキルを活かして転職を行なった人の事例を見てみると、収入を維持あるいはアップさせたうえで、満足度の高い転職を実現していました。社会人になり10年も経つと、何かしらのスキルは身に付いているはず。持ち前のスキルはもちろん、知識やノウハウを前面に出して転職活動を行なえば、企業側の評価を高められるでしょう。しかし、うまく伝わらなければ採用には至りません。自分の良さを伝えられるように工夫することが大切です。

職場環境の変化で転職した事例

求める理想的な企業に出会えない転職失敗例【34歳 男性】

【年収アップダウン】600万円→?万円

前職の企業は数人規模だった頃から10年にわたって勤めたところで、全国規模のチェーンへと成長を遂げていました。

一方、成長に伴って変化した経営者のビジョンに共感が持てなくなったため、転職を決めたというわけです。

本人が希望するのは規模が小さくても成長性が期待できる企業。求める企業はなかなか見つからず、すでに数ヶ月間にわたって無職の状態が続いてしまっています。

まとめ

会社の成長に伴い、仕事の環境が変化したのを機に転職を決断した34歳男性の事例です。転職先が決定する前に、前職を退職。成長できる環境に身を置きたかったようですが、条件の合う企業が見つからず、無職状態が続いているようです。職が見つからないまま、時間が経てば精神的にもつらくなってきます。転職は簡単にいくものではありません。可能な限り情報を集めて、慎重に行動しましょう。その道の専門家である転送エージェントに相談するのもひとつの手ですよ。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ