転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情

【業種別】30代の転職事情

自分にマッチする職種は?30代の転職の仕事選び

メーカーやIT、金融など業種別に人柄としての向き不向きや30代の転職事例をまとめてみました。

メーカー

開発・製造管理・営業など職種によって適正に違いはあるものの、一般的には安定感があって、労働環境も良好な企業が多いといわれるメーカー。中でも食品メーカーは年収も高めで人気のあるジャンルです。

IT

変化が激しくこれからも益々進化していくのは間違いのない業界。チャレンジ精神が旺盛な人にとっては魅力的なジャンルで、職種も幅広く、30代の経験を活かせるシーンも多々あるでしょう。

金融

金融工学の発展からフィンテックへ、グローバルかつボーダレスなビジネスシーンで活躍できるのがこれからの金融業界。収入も他業界と比べて高く、キャリアやスキル次第で異業種からの転職も不可能ではありません。

不動産

営業職は成績最優先の実力主義といわれる不動産業界。体育会系ともいえる世界だけに、意欲的な人材は未経験者でも評価される可能性があります。一方、30代なら宅建資格だけでなくマネジメント能力も欲しいところ。

広告

歴史がある大手広告代理店ほど、ビジネス規模のわりにはまだまだデジタルマーケティングに長けた人材が足りないとされ、30代前半の異業種転職も十分にあり得ます。営業職がメインで、グループ子会社での採用や一定期間の派遣契約なども検討したいところ。

商社

総合商社は新卒のプロパー社員をしっかり育成するという傾向が強め。30代の転職で狙うなら、特定ジャンルの専門商社大手グループの子会社などを候補にしてはどうでしょう。他業種に比べて、より高いマネジメント能力が求められる業種でもあります。

物流

世間一般の物流業界に対するイメージはネガティブかもしれませんが、空輸や海運にフォーカスすると平均年収が高めで、30代の転職でも一定の需要が見込めます。なお、30代から40代にかけて、求められるポジションは輸送の現場から管理部門へとシフトしていきます。

建設

常に人材不足で、特に2020年に向けてはプロジェクトをマネジメントできる人材のニーズが高止まりしている傾向があります。30代が転職で狙うなら、元請けとなるゼネコン。ポジションによっては、建設は未経験でもITの工程管理スキルが活かせる場合があります。

飲食

飲食業界では30代で店舗運営を任されるケースがよくあります。これによって、仕入・販売・販促・人材育成など、ビジネスの経営ともいえる部分を実体験することになるわけです。また、将来自分で独立開業を目指す人たちが転職するケースも多く、人材の流動性は高いといえるでしょう。

教育

教育業界では教材や講座の企画開発・制作という業務が人気で、30代で転職するならe-ラーニングや動画コンテンツといった特性の高いスキルを持っているといいでしょう。異業種転職で教育業界を希望するなら、法人営業の経験者だと可能性が高まります。

介護

30代の未経験者の転職も珍しくない業界。3Kのイメージがあるかもしれませんが、きちんと調査して経営のしっかりした企業を選べば、納得のいく待遇の転職もできます。夜勤や土日勤務といった業界独自のシフトなど、労働環境は十分に調査しておきましょう。

医療

医療業界への転職は理系の人材でないとダメかといえば、必ずしもそうではありません。中でも求人頻度が高いといわれるのが外資系医療機器メーカーの営業職。また、医療事務関連では様々な資格があるので、これらを取得することによるキャリアアップも目指せるでしょう。

関連ページ