転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 広告業界

広告業界

営業やデジタルが狙い目!?30代の広告業界への転職

このページでは、デジタル分野のマーケティングが成長している広告業界について、30代の転職で知っておきくきポイントを紹介します。

広告業界における営業マンというポジション

大手広告代理店で見ると、グループ会社も含めると30代前半くらいまでは異業種からの転職もよく見られます。

例えば、印刷会社やIT系コンテンツ会社などからの転職で、これは主に営業職。数年は契約社員で、結果を出せれば正社員採用されるというパターンです。

専門スキルのある人材は転職より独立!?

プランナーやディレクター、デザイナーといった専門スキルを持つ職種で、会社である程度実績を積んだ30代となると、転職よりも独立を選択するケースも珍しくありません。

この場合でも自分の市場価値を確認するという意味で、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

デジタルマーケティングにチャンスあり

広告業界でもデジタルマーケティングにおいてはIT企業と競合する状況。ネットの最新動向に精通した人材は大手であっても足りないのが実情で、この分野でアピールできる知識や実績があれば、好待遇の転職も期待できるでしょう。

広告業界に向いている人、向いていない人の特徴

広告業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

広告業界に向いている人の特徴

広告業界に向いていない人の特徴

30代で広告業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

ベンチャー役員から大手関連会社への転職事例

幅広いジャンルのクリエイティブを請け負うベンチャーな制作会社で、20代のうちに役員となり、30代で自分の将来を改めて考えての転職。

前職でのビジネスは順調だったものの、より上流工程の仕事をしたいという目的と、独立するより様々なデータを施策に活かせることから、大手代理店のグループ会社を選択しました。

本人が採用側の経験を持っていたこともあり、転職エージェントのメリットも熟知していて、活動はスムーズでした。

制作会社スタッフから広告会社社長秘書への転職事例

映像制作に憧れて制作会社に入社したものの、仕事のマンネリ化から前職企業では管理部に異動、ライツマネジメントの実務を経験していた人材です。

収入があまり上がらない職場ということもあり、転職活動をスタート。順調とはいえない活動でしたが、現職となる企業の女性面接官から秘書としての適性を見込まれたことで、見事内定を得ました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ