転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 介護業界

介護業界

異業種からの転職が多い、30代の介護業界への転職

このページでは、厳しい労働環境といわれる介護業界について、30代の転職で知っておきたいポイントを紹介します。

無資格でも未経験でも介護業界への転職は可能

介護業界で働くには各種の資格があるにこしたことはありません。それでも、他業種と比べて30代の無資格かつ未経験での転職がしやすいのが特徴です。

ゼロベースに近いスタートにはなりますが、それまでに培った社会人としてのスキルや経験を活かせる要素を自分で見つければ、キャリアアップの可能性も広がるでしょう。

30代で介護業界に転職する人が多い理由

転職しやすい業種と説明しましたが、転職者側にも理由があります。

同世代との出世競争に負けたり、中間管理職としてのストレスが負担になったり、女性なら出産・育児による休職からの職探しなどがよくあるところ。

加えて、自分たちの親世代がリアルな介護に直面していくタイミングでもあり、身近な業界なわけです。

収入や勤務体系の独自性はきちんと理解しておく

介護業界での仕事は収入が低いのが実状。基本的には学歴や経歴も収入にあまり影響しません。

また、勤務時間は夜勤があることも珍しくなく、平日9~17時勤務というわけにはいかないでしょう。

介護業界に向いている人、向いていない人の特徴

介護業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

介護業界に向いている人の特徴

介護業界に向いていない人の特徴

30代で介護業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

より自分に合う企業を求めて介護業界内での転職事例

前職の企業は医療や保育の事業も手掛けていて、社内でも異動によって介護業界を担当するようになった経緯があります。

転職を決めたのはその企業の将来性に不安を覚えたことであり、介護という仕事にはやりがいを感じていました。

そして、現職となる企業の社長と面接、将来展望で共感を得ての転職となりました。

未経験・無資格で介護業界に入った転職事例

前職では長時間通勤の生活で、そこからの脱却を目的とした転職でした。

転職時は未経験・無資格だったのですが、経営陣や指導社員、同僚など人間関係に恵まれて、順調にキャリアアップしています。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ