転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 建設業界

建設業界

未経験でも可能性十分!30代の建設業界への転職

このページでは、仕事がキツくて人手不足といわれる建設業界について、30代の転職で知っておきくきポイントを紹介します。

仕事がキツくて人手不足なのは本当か?

オリンピック関連施設に象徴されるように、工期のデッドが決まっているのにスタートラインがどんどん後ろ倒しになってしまうことが建設業界では少なくありません。

そのため現場仕事が楽でないのも事実で、それを嫌う若い世代も増えていて、人手不足が恒常化しているのが近年の傾向です。

元請けの大手ゼネコンなら高収入も狙える

大手ゼネコンなら30代で年収1,000万円を超えることもあるなど、建設会社なら規模が大きい元請け企業がおすすめ。

逆に、下請けとなるとトップオフされた予算の中で厳しい労働環境を強いられることもあるので注意しましょう。

未経験でも工程管理能力があれば狙い目

元請け企業に入ることを前提として、30代の転職で建設業界は他に比べれば未経験での異業種転職の可能性が高いといえます。

業務としては工程管理や進行管理といったIT系のプロジェクト管理とも共通するもの。未経験者でも活かせるスキルや経験があるか、転職エージェントに精査してもらうといいでしょう。

建設業界に向いている人、向いていない人の特徴

建設業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

建設業界に向いている人の特徴

建設業界に向いていない人の特徴

30代で建設業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

人事のプロとして異業種への転職事例

企業人事に携わる仕事(法人営業のプロジェクトマネージャー)をする中で、コンサルティングという外部からのサポートではなく、自分が考える理想の組織を作りたいというモチベーションが転職のきっかけでした。

人事のプロではあっても人事部での経験がなかったところ、転職エージェントが現職の創業社長の面接をセッティング。内定獲得に至ったわけです。

設計事務所から総合不動産会社への転職事例

前職では海外のプロジェクトを担当することが多く、思うように進行しないことなどに不満を抱えていて、転職したケース。

希望条件に合う企業は少数だったものの、転職カウンセラーからの紹介で、日系企業と外資系企業から内定を獲得。結果、日系で銀行のグループ企業でもある現職に移りました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ