転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 教育業界

教育業界

主に管理能力が問われる30代の教育業界への転職

このページでは、コンテンツである教材制作・開発が人気を集める教育業界について、30代の転職で知っておくべきポイントを紹介します。

社員としての転職は管理能力が重要

教育業界における30代の転職は主に以下の3つのポジションが考えられます。

会社員の転職という意味で、30代は講師よりも管理する側としての経験やスキルが重視されるようになります。

教材の企画開発・制作は人気のジャンル

教育業界の求人で応募者に人気があるのは教材の企画開発・制作。いわゆるコンテンツに関わる業務です。

ただし、人気に反比例して求人の絶対数が少ないため、理数系の教材制作経験や、動画コンテンツに精通しているなど、特筆できる経歴があるといいでしょう。

法人営業の実績があれば異業種転職も

教育業界でも教材を販売している企業では、異業種からの営業マンを採用するケースが見られます。

教材のセールスは教育機関や企業の人事総務部門へのアプローチになるので、異なる業種でも法人営業に長けた人材なら歓迎される可能性が十分にあります。特に、スマホアプリやe-ラーニングに精通していると有利です。

教育業界に向いている人、向いていない人の特徴

教育業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

教育業界に向いている人の特徴

教育業界に向いていない人の特徴

30代で教育業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

ベンチャーの営業から専門学校への転職事例

前職は上場企業だったものの業績悪化から退職を勧められて転職を余儀なくされたケース。

条件として優先したのは、自分の裁量権の範囲、チャレンジすることへの評価など。それもあって業種や職種は限定せずに複数の転職エージェントに相談しました。

その中で、企業の情報収集の大切さを実感させてくれたエージェントの紹介より、専門学校への転職が決まったというわけです。

特殊技術を活かした企業研修ビジネスへの転職事例

宇宙開発部門技術指導という希少性の高いスキルと経験を持つ人材。

時間的余裕のある転職活動で、マッチングのよさや条件交渉などを熱心にしてくれた転職エージェントの紹介で、現職に就いています。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ