転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » メーカー

メーカー

社会的責任も大!30代のメーカーへの転職

このページでは、大手なら業務が安定していて福利厚生も充実しているメーカーについて、30代の転職で知っておくべきポイントを紹介します。

メーカーといってもジャンルは多種多様で、企業内でも様々な職種があるため、ここでは食品メーカーを例にとって、主要な職種への転職時のポイントをまとめてみましょう。

研究・商品開発職

食品科学をはじめ生物工学や農芸化学といった理系のスキルは必須。研究分析から実際の商品開発へ落とし込むまで全体に関わることがよくあります。

生産技術職

工場の製造ラインの管理運営。品質管理や衛生管理など特に食品メーカーでは安全安心面での社会的責任が大きくなります。

営業職

食品はメーカー直販より法人営業のウェイトが大きく、営業マンでも法人営業の経験がものをいいます。

これからの時代でいえば、海外市場の拡大など語学力や行動力もあると有利です。

メーカーに向いている人、向いていない人の特徴

メーカーという業種に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

メーカーに向いている人の特徴

メーカーに向いていない人の特徴

なお、中でも食品メーカーは安定性と一般的知名度が高く、比較的年収も高めなので、転職希望者にも人気があります。

30代でメーカーに転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

店舗の薬剤師から製薬メーカーへの転職事例【35歳 女性】

転居に伴う転職で、転職エージェントから製薬メーカーを紹介されたというケース。

薬品業界内ではあるものの、小売の現場からメーカーへの転職は稀。評価されたのは、店舗運営や人材育成といったマネジメント能力でした。

店舗の薬剤師から製薬メーカーへの転職事例【34歳 男性】

同じ転職エージェントで複数回、転職相談をしたケース。

具体的な転職先の条件は決めていないものの、異業種も含めて身近な分野の法人営業を希望していました。

結果、商社からメーカーへ、ジャンルとしては食品を取り扱うことで経験を活かしての転職に成功しました。

安定性という認識を変えて、希望に合う会社へ転職【31歳 男性】

日用品メーカーに製造技術職として勤務していたところ、「転勤」をきっかけに転職に踏み切ったケース。

工場移転を機に転職を決意し、当初は安定性を求めて大手企業を希望していたところ、小規模でも市場優位性を持っている会社が安定している場合もあることを知り、方針を変えました。

技術を生かせるだけでなく、マネジメント経験も積むことができるポジションにつくことができた成功事例です。

同業界外資メーカーへ転職、入社後すぐ後悔…【31歳 男性】

本国から日本のビジネス風土には合わないやり方を強いられることが耐えられなくなり転職したケース。

転職したものの、配属された支社長と本社間での折り合いが悪くてコミュニケーションも全くとれず、現場の問題点や改善策がトップに届かない状況で、前職の問題が何も解決できませんでした。

会社のデータや経営方針だけで失敗した事例です。マクロに捉えるだけではなく「職場」そのものを理解して、望んだ通りの働き方が実現できるか見極めることが大切です。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ