転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 医療業界

医療業界

営業や事務職が注目!30代の医療業界への転職

このページでは、理系以外にも多様な職種がある医療業界について、30代の転職で知っておきくきポイントを紹介します。

外資系医療機器メーカーの営業が狙い目

医療機器マーケットを見ると、国内メーカーは大型機器や診断系中型機器をメインとするところが多く、これは高額となることもあり買い替え需要もあまり高くありません。

それに対して外資系医療機器メーカーは治療系機器を得意するところが多く、営業マンの求人頻度も高い傾向が見られます。

SRとMR、医療業界の営業職の違い

SRと呼ばれるのは医療機器営業、MRと呼ばれるのは医薬品営業

前者は資格不要ながら機器の購入価格決定権を持ち、営業マンとしてのプレゼン能力が問われます。

後者は、必須ではないもののMR認定資格があると有利で、価格決定権はなく医師への密なアプローチが求められます。

資格をとってキャリアアップを狙う医療事務

様々な資格が設定されている医療事務。未経験でも資格をとってキャリアを積めば将来の安定につながるのが重要ポイント。

医療事務医療事務管理士診療報酬請求事務能力認定試験医療事務技能審査試験などを狙っていきましょう。

医療業界に向いている人、向いていない人の特徴

医療業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

医療業界に向いている人の特徴

医療業界に向いていない人の特徴

30代で医療業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

苦戦した活動もプロのサポートで成功した転職事例

前職の就労期間が短く、大手製薬メーカーではあったものの、個人での転職活動では苦戦していました。

そこで転職エージェントに相談。本人が描くキャリアプランにマッチする企業として紹介されたのが日系の医療機器商社でした。

研究者からビジネスの現場への転職事例

研究機関では同じテーマでの研究が続いていたことや、研究による成果をビジネスの場で活かしたいという思いから転職活動をスタートしたケース。

条件がマッチする求人はなかなか見つからない中、キャリアコンサルタントが根気よく紹介を続けてくれたおかげで、外資系の診断薬メーカーに転職することができました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ