転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 不動産業界

不動産業界

実力勝負ができる!30代の不動産業界への転職

このページでは、職場によって労働環境が大きく異なる不動産業界について、30代の転職で知っておくべきポイントを紹介します。

ここでは特に不動産業界の営業職にフォーカスして30代の転職事情に触れておきます。

不動産の営業職は未経験でも可能性あり

不動産の営業はB2BもB2Cもあり一概にはいえませんが、営業マンとして実績のある人なら、比較的異業種からの転職でもうまくいく可能性があるといえるでしょう。

ただし、宅建資格は必須で、30代なら店長レベルの管理能力が求められます。

実力重視だからこそ転職エージェントを活用

不動産の営業職は成果を上げれば年収アップに直結する、いわゆる実力重視の世界。

一方、長時間労働など職場環境は企業による違いもあるので、転職エージェントに相談して社内事情などをヒアリングするのが賢明です。

不動産業界に向いている人、向いていない人の特徴

不動産業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

不動産業界に向いている人の特徴

不動産業界に向いていない人の特徴

30代で不動産業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

受注側現場監督から発注側不動産会社への転職事例

前職はゼネコンのいわゆる現場監督。長時間労働や休日出勤が常態化していたことで、ライフワークバランスを改善するために転職を決意しました。

本人の希望もあって、転職先は発注元となる大手不動産会社がターゲット。活動は9ヶ月ほどかかりましたが、競争率の高い優良企業から内定をもらうことができました。

受注企業から発注企業への転職事例

前職は多忙でありながら将来に不安を感じる企業で、職場環境を変えたいと転職したケース。

相談したリクルートエージェントでは、キャリアと希望を聞いた上で、発注側企業での管理業務を提案。結果、安定と年収アップを手に入れ、残業もなくなりました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ