転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 飲食業界

飲食業界

店長は経営感覚が身に付く、30代の飲食業界への転職

このページでは、独立を意識しての転職も多い飲食業界について、30代の転職で知っておきくきポイントを紹介します。

店舗管理者には経営的素養が必要

30代で飲食業界に転職する場合、店舗管理者という現場でのマネジメント能力が求められるケースが多いでしょう。

一般的な企業の30代管理職と比べて、飲食店の店長は日々の売上管理・商品管理・スタッフ管理に加えて販売促進まで一手に任されるため、中間管理職でありながら、経営的素養が求められます。

将来の独立を見据えた30代の転職

異業種から飲食業界に転職する人の中で、将来的に自分で独立開業することを目的としたケースがあります。

例えば、典型的なサラリーマンが一念発起、ラーメン店開業を目指してラーメン店のスタッフとして修行というもの。この場合、年収や労働時間などは犠牲にしても、得られる経験は将来の糧になります。

ビジネスマンとしてのキャリアアップを見据える

独立開業を目的とするのとは逆に、飲食業界で会社員としてキャリアアップするという道もあります。その場合、30代で転職するならば将来のビジョンを描いておくことが必要です。

FC化している会社なら、SVやエリア統括といったステップアップもありますし、本社での商品開発や経営企画を目指すのもいいでしょう。

飲食業界に向いている人、向いていない人の特徴

飲食業界に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

飲食業界に向いている人の特徴

飲食業界に向いていない人の特徴

30代で飲食業界に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

人事のプロとして異業種への転職事例

前職は会社の業績悪化があり、転職エージェントに登録して転職活動をしたケース。

本人の希望は職種を人事に定めて、業種はITや医療も含めて幅を持たせていました。

そして、最終的に選んだのは飲食チェーンという異業種の人事担当でした。

将来の独立を見据えての転職事例

コンサルティングという意味では同業ですが、このケースでは本人が将来、飲食で独立することを見据えての転職でした。

転職活動は現職の1社だけ。飲食店の店舗及び人事に関するコンサルティングをしていることが決め手で、自分の経験を活かしつつ将来の目標に役立つことを確信しています。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ