転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【業種別】30代の転職事情 » 商社

商社

総合商社、専門商社どちらが狙い目?商社への転職事情

30代で商社への転職を成功させる

このページでは、世界を相手にするビジネスで、高収入が期待できる商社について、30代の転職で知っておきくきポイントを紹介します。

    ページ内目次

  1. 総合商社の転職難易度は高い?
  2. 総合商社はあまり中途採用をしない理由
  3. 30代なら専門スキルを活かして専門商社を狙う
  4. より高度なマネジメント能力が求められる
  5. 商社に向いている人の特徴
  6. 30代で商社に転職した事例
  7. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

総合商社の転職難易度は高い?

これは中途か新卒かによって大きく異なります。まず、日本国内における名の知れる商社レベルになると新卒者を大量に採用しており、基本的には人手が足りないという状況ではありません。その分、新卒と中途の転職組では明らかに難易度において新卒が低いと言えるでしょう。

中途に関して、国内の総合商社は外資と異なりそうそうクビになったりすることもなく安定しているため、非常に人気があります。かつ企業側としてはスペシャリストを求めるため、かなりの狭き門になります。

実際に大手総合商社(三井・三菱等)へ転職した人の経歴を調べると、かなりコンサルファーム出身の方が多いようです。つまり、これまた名前がすぐ出てくるようなコンサルティング・ファームへ新卒で入り30代で商社へというかなり優秀な人材を集めていることが伺えます。

総合商社はあまり中途採用をしない理由

総合商社に分類される企業では多少の差はあっても年間の中途採用は1社につき10~30名程度。

これには理由があって、新卒採用の人数が多く、社内で必要なジャンルや拠点に適合する人材育成を、時間をかけて行っているからです。

30代なら専門スキルを活かして専門商社を狙う

30代が異業種から商社への転職を狙う場合、特別な語学力や金融知識、ITスキルなどを活かす意味でも、総合商社より専門商社が狙い目。

また、総合商社のグループ子会社なら特定分野に特化した人材を求めている可能性もあります。

より高度なマネジメント能力が求められる

30代ではマネジメント能力が求められるのは当然ですが、商社の場合は関わる相手が多様で幅広いため、社内外問わず上手く人を巻き込んで結果を出せる、高いマネジメント能力、コミュニケーション能力が必要とされます。

商社に向いている人、向いていない人の特徴

商社に向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

商社に向いている人の特徴

商社に向いていない人の特徴

30代で商社に転職した事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

弁護士が商社に異業種転職した事例

もともと弁護士として企業法務に関わり、M&Aや危機管理、訴訟対応などをしていて、10年を超える経験を持っていました。

総合商社のインハウス弁護士という転職先を提案したのは転職カウンセラー。ワークライフバランスの見直しや、よりグローバルなビジネスシーンに直接携わりたいという希望がマッチする転職となりました。

資材調達の経験を活かして商社に異業種転職した事例

新卒時は電力会社に就職、そこでも資材調達を経験。東日本大震災後に転職したのが前職で、ここでも資材調達を担当していました。

エネルギー業界でのビジネス経験を活かすため、転職エージェントが紹介したのは総合商社。

当初、本人は適性に不安を感じたものの、面接などを通じて可能性を実感、異業種転職を決意しました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ