転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代の転職で知っておきたいこと » 30代の転職で年収アップは期待できるのか?

30代の転職で年収アップは期待できるのか?

一番気になる年収のアップダウン!30代の転職事情

このページでは、各種調査データでは年収アップを求めて転職するケースも多く、30代の転職で知っておくべきポイントなどを紹介します。

特定の企業や特定の業種で高収入な仕事はありますが、一般的なビジネスマンは自分の適正年収を理解して転職に臨みたいところ。

 30代の転職で年収がアップするケース

転職して年収がアップするかどうかはケースバイケースですが、30代の転職で年収アップするには主に以下の3つの傾向が見られます。

これまでの経歴やスキルを活かせる転職をする

30代の転職ではまったく未経験の仕事にトライするケースはあまり多くないでしょうが、年収という点で見れば、これまでの経歴やスキルをできるだけ高く評価してくれる転職先なら年収アップの可能性も高まります。

一定レベルの条件交渉をする

自分の給与や収入について、会社に堂々と希望を主張するのが苦手だという人も少なくないでしょう。

しかし、30代でキャリアもあるビジネスマンなら、常識の範囲できちんとギャランティ交渉をして職に就くべきです。

転職エージェントを賢く利用する

転職エージェントは内定が出た後の条件交渉もしてくれます。

転職のプロであり、相場感やネゴの手法なども心得ているので、サポートしてもらうのも賢明です。

30代の転職で年収アップは期待できないケース

一定のキャリアがある30代でも転職で必ずしも年収がアップするわけではなく、特に注意したい2つのポイントを紹介します。

現在の年収が平均より高い

業種や職種、そして企業によって給与体系や年収は異なるものの、ある程度の相場というものはあります。全体平均で30代半ばの男性なら年収500万円弱女性なら年収300万円弱

現職の年収が同業他社より高めなら、転職しての年収アップは簡単ではないでしょう。

自分の市場価値を過大評価している

いわゆる自信過剰なタイプで、「今の年収は自分の能力に見合っていない!」という思いが強過ぎると、自己評価を誤りがち。

自分と世間の評価にギャップがあると、その分転職での年収ダウンにもなりかねません。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ