転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代の転職で知っておきたいこと » 30代でキャリアアップを成功させる転職活動の始め方

30代でキャリアアップを成功させる転職活動の始め方

30代の転職活動の始め方

    ページ内目次

  1. 30代の転職を始める前の心構え
  2. 30代が企業に期待されていること
  3. 30代の年代別成功事例・失敗事例
  4. Point1 準備期間とスケジュールを計画
  5. Point2 客観的にキャリアを見つめ直す
  6. Point3 活発な時期を知っておく
  7. Point4 辞めずに転職活動?辞めてから?
  8. Point5 基本的な公的手続きを知っておく
  9. 30代の転職で成功するために

失敗しない転職の始め方

就職・転職を支援する大手求人サイト「リクナビ」が30代で転職を経験した人を対象に実施したアンケートによると、「転職活動が不利だとは感じなかった」と答えた人は50.4%、「不利だと感じた」「どちらとも言えない」と答えた人は49.6%と約半々の割合でした。つまり30代の転職活動は特別難しいわけではなく、成功するか否かはあなた次第。

ここでは、30代転職における失敗例と成功例から導き出した「失敗しない転職の始め方」をご紹介しています。今よりも給与と待遇が良い会社への転職したい方は、情報のひとつとしてお役立てください。

30代の転職を始める前の心構え

「30代に突入すると転職は一気に厳しくなる」というイメージをもつ方も多いですが、一概にそういうわけでもありません。もちろん、やる気や勢いだけが認められる20代の転職活動とは勝手が違います。

30代で転職を始める前の心構えとして必要なのは、20代の頃の自分にはない、30代の今だからこそアピールできる強みを把握しておくこと。深く考えず衝動的に転職活動を始めてしまうと、今はたらいている会社よりも年収が下がったり、待遇が悪くなったりする可能性があります。

30代の転職市場で求められるのは、これまでの仕事を通して知識や技術、マネジメントスキルなどがつき、即戦力として活躍できる人材。30代で転職活動を始める方は、これまでの社会経験で培ってきた20代にはない強みをしっかりとアピールするための準備をしましょう。

30代が企業に期待されていること

30代の転職活動者に対して、企業が求めている具体的内容をご紹介します。

専門性

現在働いている会社、または以前働いていた会社と同じ分野の業界で転職活動を行う場合に求められるポイント。実際にその業界で働かなければ得られない専門的な知識と技術は、30代の転職において強みとなります。とくに即戦力を求めている企業は、あなたのもつ専門性に大きな期待をよせてくれるでしょう。

リーダーシップ

リーダーシップも社会経験を通して磨かれていくスキル。これまでにリーダー職を経験したことがある30代は、周りをひっぱるスキル、チームや会社における課題を分析して解決策を提示するスキルなどが自然と身についているでしょう。チーム単位でさまざまなプロジェクトを遂行している会社は、20代にはないあなたのリーダーシップに期待しています。

マネジメントスキル

前職でマネージャーや経営管理を経験した30代は、必然的に組織を統括する力や効率的に役割を分担する力(マネジメントスキル)が磨かれています。これは、会社の規模が大きければ大きいほど求められるスキル。大企業への転職を考えている方は、これまでどのようなマネジメントを手がけてきたのか企業にしっかりとアピールしましょう。

30代の年代別成功事例・失敗事例

30代と一括りに言っても、30歳と34歳、39歳では、それぞれ企業側のニーズや視点も変わってくることは事実です。つまり傾向と対策は変わります。実際の失敗例と成功例から、転職成功者はどういったところをポイントに転職活動したのかを参考にしてみてください。

おさえたいポイント

Point1 準備期間とスケジュールを計画

転職をする際は、まず準備にどれほどの期間をさけばいいか考え、スケジュールを計画していきましょう。転職活動の期間は転職準備にどれほど時間をかけるかに左右されるといっても過言ではありません。転職体験者のデータを見ると多いのは「1~3ヶ月で5~6社に応募」するパターン。平均的な転職活動期間は3ヶ月程度です。

ただ、これは「応募」「面接」「内定」など、転職活動の山場の部分のみ。志望する職種を絞り込んだり、円満退社するための体制を整えたり、転職にはさまざまな準備を要します。とくに以下の3点は準備期間を把握するのに必要なポイントなので押さえておきましょう。

志望分野

業界・業種によって求人が増える時期や応募条件が異なるので、調べておくことで準備期間を算出できます。資格が必要なら取得までに何ヶ月必要なのか、知識のない業界なら知り合いから話を聞く時間を取る必要があるか、などを考えていきましょう。

自己評価

希望の転職先で自分が活かせるスキルや資格、経験を調べてレベルを確認しましょう。希望の給料や待遇などを出し、今の自分のスキルと求められるスキルにどれほどの差があるかわかると、必要な準備がわかりやすくなります。

職場の状況

円満退職するためには、繁忙期の退職は避けたいもの。また、担当業務の引継ぎ作業や完了時期を考え、タイミングを決めなければなりません。転職活動をしつつスムーズに退職するスケジュールを立てるために、職場の状況も確認しましょう。とくに30代の転職では円満退職が転職を成功させるカギになります。準備が不十分だと転職予定日を延期しなければならない状況に陥ることもあるので気をつけましょう。

Point2 客観的にキャリアを見つめ直す

転職の前に必ず自分のキャリアを整理しておきましょう。面接の際に自分の強みを的確にアピールできます。単にいつからいつまで何をしたか、ではなく「何を目的にその仕事をしていたのか」「何を得たのか」「身に付けたスキルをどう活かしたいのか」を冷静に分析するのがポイント。企業目線に立ち、どんな人材を欲しがっているのか意識しながら考えていくのが最適です。

面接であなたを見ている人事は、短時間で自分の会社に有益な人なのかを見極めなければなりません。これまでの経験や自分がやってきた行動、それについての考えを述べることで、「この人なら会社に貢献してくれるかもしれない」と相手のイメージを膨らませられます。

POINT

プロ視点からのアドバイスで自己分析

30代のあなたならではのキャリア適正があるはずです。経験や資格などによって採用までの道のりも変わってきます。転職エージェントに相談すると、プロの視点からキャリアを再診断してくれ、強みを客観的にアドバイスしてくれるので、条件に近い求人情報を提供していもらえます。また、面接での受け答えについても相談できるので、採用にも結びつきやすくなります。プロのサポートを受けることで理想の年収に近づくはずです。
転職成功者が利用した
転職エージェント
リクルートエージェント
転職サポートに相談してみる

Point3 活発な時期を知っておく

年間を通じて考えると一般的に3~4月と9~10月に新規求人が増える傾向があります。年度切り替えに伴う退職者を補填したり、新規事業スタートに伴う人員の募集したりするために中途採用ニーズが高まるためです。ただ、逆に転職者が増える時期でもあるため、ライバルが多い時期でもあります。

また、それぞれの業界によっても求人活動が活発になる時期は変わってくれるので、希望する業種別にベストなタイミングはいつか調査しておきましょう。ただ即戦力を求めるような中途採用募集では欠員募集がほとんど。求人の発生時期を予想しづらい面があります。30代での転職はチャンスを逃さないようにいつでも応募できる体制を整えておくことがカギとなるでしょう。

Point4 辞めずに転職活動?辞めてから?

辞めずに転職活動

メリット
  • 希望する職種や転職先の情報収集にたっぷり時間をかけられる
  • 転職活動を優先して動けるので複数面接に対応しやすい。対策もとりやすい
  • 心を落ち着けて自分の経歴や求められるスキルについてじっくり見直せる
  • より好条件の求人に応募するための、スキルや資格取得に向けた勉強が余裕を持ってできる
  • 失業手当や早期再就職支援金などの手当を受け取れる
デメリット
  • 収入が途絶えてしまうため、事前に活動中の生活費を準備しておく必要がある
  • 思うように内定が決まらないと、お金の問題もあって希望条件を妥協してしまいやすい
  • 失業している状態なので、不採用になったときのストレスが大きい
  • 活動がうまく進まないと失業期間が長くなるため応募のハンデになる可能性がある
  • 自己管理があまいと堕落した生活を送ってしまいがち

辞めてから転職活動

メリット
  • 失業期間がなく、収入が途絶える心配がない
  • 社員寮や社宅に住んでいる場合も転職先が決まってから引越しできるので、計画的に準備を進められる
  • 譲歩せずに自分の希望条件に合う転職先をじっくり探せる
  • 転職先が決まってから退職の希望を伝えることになるので、引きとめられる心配がない
  • 転職に伴う税金や年金の手続きを自分で行なう必要がない
デメリット
  • 業務が忙しいとなかなか転職活動の時間がとれない。転職時期が遅れてしまう
  • 情報収集の時間や方法が限られてしまうため、面接や試験のスケジュールを組みにくい
  • 内定をもらってから現状の会社を退職するまでに少し時間が必要なため、早期入社を望む企業への応募で不利になりやすい
  • 時間をつくりづらいため、転職に有利になるスキルや資格の取得が難しい
  • 転職先が決まったらすぐに引き継ぎや入社手続きをすることになるので、素早い対応やミスの予防に気疲れしやすい

自分の状況を考えて最適な転職活動を

転職活動をするうえで在職し続けるかどうかは、どちらにせよメリット・デメリットがあるため、自分の状況を把握してどちらが最適かを考える必要があります。例えば「収入が途絶えると1ヶ月生活するのも厳しい」「社員寮に入っている」という人は、会社を続けたまま転職活動をせざるを得ないでしょう。メリットがあるからといって、無理に会社を辞めて転職活動を進めるのは得策ではありません。

また、30代の転職の場合、出社可能日が不明確な在職者は不利になる可能性があります。書類提出の段階では目安でも問題ないですが、最終選考までには出社可能日を提示できるのがベスト。在籍したまま転職活動をはじめ、好感触を得られた段階で退職に踏み切るのも一つの手です。

Point5 基本的な公的手続きを知っておく

職場を通じて加入する仕組みになっている「火災保険」「雇用保険」「年金」「健康保険」などは、転職に伴い手続きが必要になります。離職期間のない転職の場合は転職先が手続きしてくれるケースがほとんどです。ただし、地方税だけは別なので覚えておいてください。滞納すると遅延税がついてしまいます。

転職先が決まっている場合の手続き

転職先が決まっている場合は、入社後に総務窓口へ以下の書類を提出するだけで完了します。

転職先が決まっていない場合の手続き

転職先が決まっていない状態で退職する際は、以下の手続きを自身で行なう必要があります。覚えておいてください。

30代の転職で成功するために

30代の転職で気をつけて欲しいのは「退職」と「転職活動」のタイミング。30代になると任される仕事が増え、会社の中核を担っている人も多いでしょう。突然転職したいと伝えたら引き留められてしまったり、転職先が見つかったのに担当の業務が終わらないというのはよくある話。どのタイミングまでに内定を決めるのか、いつまでに引継ぎをしておけば良いのか、綿密な計画を立てて準備していく必要があります。

焦って妥協したりトラブルに巻き込まれるとせっかく培ってきた信頼やキャリが勿体ありません。上で紹介した転職に伴う心構えや5つのポイントは最低限押さえておきましょう。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ