転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代後半の転職事例

30代後半の転職事例 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

キャリアやスキルを活かしたい30代後半の転職

ポテンシャルよりも管理能力や実績が問われる、30代後半の転職事情について紹介しています。

各ページでは年齢ごとの転職事例や必要となる経験及びスキルなどを調べてみました。

35歳

転職を希望する本人の事情と、求人募集する企業側の事情とにギャップが出やすくなるのが35歳というライン。転職先選びで重視すべきポイントをまとめています。

調剤薬局から製薬メーカーへの転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは店舗の薬剤師から製薬メーカーの学術職に転職したケース。

もともと家族での転居がきっかけでしたが、転職エージェントが経験などを見込んで、異なる職種ですがキャリアアップできる企業を提案したというわけです。

36歳

同業他社への移籍なら年収アップをはじめとする好待遇を期待したくなる年齢。女性の36歳転職でも狙い所を紹介しています。

施工管理から施設管理への転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは、多忙な労働環境などを変えるための転職事例。

異業種への転職でしたが、前職・現職とも業務管理能力が必要という共通点がありました。

37歳

魅力的な求人は、その企業がピンポイントで即戦力を必要としているポジション。

37歳の転職では、自分の経験や実績をより具体的にアピールすることが転職成功への要因となります。

中堅から大手へステップアップした転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは電機メーカーのマーケティング担当が中堅企業から大手企業へと転職したケース。

あまり需要の多いポジションではないものの、転職エージェントの非公開求人で折良くマッチしたというわけです。

38歳

40歳のベテランたちと比較されるケースも増えてくるのが38歳。転職エージェントを利用してマッチングのよい求人を探したいところです。

経理のプロとして課長代理となった転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつは、転職によって課長代理というポジションを得て年収もアップしたケースです。

39歳

管理職としてのマネジメント能力や高い専門スキルなど秀でたポイントをアピールすることが不可欠な年齢。

異業種の上場企業間における転職成功例

詳細ページで取り上げている事例のひとつはIT企業から科学メーカーへ転職したケース。

経営企画にも携わってきた経験が評価されたようです。

30代後半の人材における転職事情とは

30代後半という年齢では転職活動においてどのような位置づけになるのか、転職経験者の意見なども踏まえて、ポイントを整理しておきましょう。

35歳は転職のボーダーラインなのか

企業が求人する場合、法律上は原則的に年齢制限してはいけないのですが、35歳以下などと条件を付けているのは、主に「雇用対策法施行規則1条の3」に該当するケースとなります。以下、内容を要約しています。

長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等(おおむね40歳未満、特に35歳未満の若年者)を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合(新卒者が主な対象と考えられています)、長期勤続でキャリアを形成する以上、対象者の職業経験を不問とすること、新卒者以外の者を採用するときも新卒者と同等の処遇にすることが求められます。

参照元:独立行政法人労働政策研究・研修機構

これはその職種経験を問わない募集で、30代後半の転職では、こうした求人よりも職種経験が問われる求人にトライすべき。

そう考えると、キャリア採用では必ずしも35歳は転職のボーダーラインにはなりません。

30代後半の転職では好条件の求人の絶対数が少ない

これは何もネガティブなことではなく、今の勤め先で考えても、平社員より管理職の方が物理的人数は少ないのが普通でしょう。

30代後半でキャリアを積んできた人材なら、同等かそれ以上のポジションで転職したいところ。とはいえ、求人の絶対数が多いわけではないので、求人情報探しでは若い世代の転職と比べてもマッチングやタイミングがより重要性を増すわけです。

30代後半の転職で最適な求人情報を見つける方法

大企業や成長性の高いベンチャー企業といった優良企業では、30代後半の管理職ポジションを募集するにあたって、オープンなメディアよりも非公開求人という方法を利用するもの。

これは無用に応募数を増やすことなく、一定基準以上の人材から選ぶための施策で、主に転職エージェントが媒介となります。

応募する側としてもそのポジションに求められるスキルやキャリアが明確になるので、30代後半の転職では自分に合うエージェント探しも大切です。

30代後半の転職者が考える企業選び

30代後半で家族がいる人なら、転勤の有無や収入の増減、労働時間の長さなどライフワークバランスも考えた上で転職先を選ぶことになるでしょう。

また、これからの時代は40代・50代での転職も増えるかもしれませんが、現状でいえば60歳まで勤められる企業を選ぶことになります。そのため、安定性や成長性などその企業や関わる業界についてしっかりリサーチする必要があります。

30代後半で転職に成功しやすい人とは

個人のパフォーマンスもさることながら、管理職としてのマネジメント能力を問われるのが30代後半の転職。事業の立ち上げに成功したなど、経営企画的実績も高評価につながる要素です。

30代後半で転職に失敗しやすい人とは

豊富な経験や実績がある人だと、現状より雇用条件がダウンする転職には抵抗を感じるもの。ただし、高望みが過ぎると転職のタイミングを逃すことにもなりますし、自分の市場価値を冷静に見極めないと失敗しかねません。

関連ページ