転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 30代後半の転職事例 » 35歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

35歳の転職 -成功・失敗事例、傾向や対策まとめ-

転職できない?35歳限界説の壁ってホント?

35歳の転職を成功させるために

様々な要因で転職が難しくなる35歳。ここでは、転職した人たちの成功例と失敗例を紹介しています。重要なのは転職しようと思っていても「35歳の壁」があることを理解しておくこととはいえ、35歳以上の求人もたくさんあるので、安心してください。

転職しようと思っていても35歳の壁があることをまず理解しておく必要があります。

    ページ内目次

  1. 転職希望者本人の事情
  2. 転職者を受け入れる企業側の事情
  3. 35歳の転職にはどんなスキルや資格が望まれているか
  4. 35歳で年収がこんなに変わった転職事例
  5. 35歳で未経験・異業種へ転職した事例
  6. ステップアップのために転職した事例
  7. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

転職希望者本人の事情

転職者を受け入れる企業側の事情

こうした事情があって、35歳以上の転職希望者と企業側とのニーズがマッチしにくくなるわけです。

比較的可能性があるのは同業他社、つまりライバル社への転職

もし異業種にチャンレンジするとすれば、資格や実績など異なる環境でも有効な汎用性のある職種などに限られるでしょう。

35歳の転職にはどんなスキルや資格が望まれているか

転職をする際に求められる能力は、年齢によって異なります。必要なスキルや資格を知り、自分の市場価値を把握することが大切です。

マネジメント力

ほとんどの企業は35歳の人材に若手の指導やチームを率いるマネジメント力を求めます。面接では、これまでに行なってきたマネジメントをできるだけアピールしましょう。

専門的な資格

転職先の仕事で活かせる資格を保持していれば、転職を有利に進められます。異業種だったとしても、先に資格を取っておくことで、評価の対象になるでしょう。

意欲と柔軟な姿勢

20代のころにあった意欲が30代になると下がっていく人も。また、社会経験を積んできたことによる、習慣の常態化があります。面接では、どれだけ意欲に満ち溢れているか、新しい環境に柔軟に対応できるかを面接官に伝えてください。

事例と言っても人によって様々なケースやフェースがあり、以下に35歳で転職した人のリアルな事例をまとめたので、自分に合った転職パターンの気づきを見つけてください。

35歳で年収がこんなに変わった転職事例

調剤薬局から製薬メーカーへの転職成功例【35歳 女性】

【年収アップ】540万円→580万円

薬剤師の資格でできる仕事を考えており、リクルートエージェントに相談したところ、提案されたのは製薬メーカー。思っていなかった提案で、メーカーへの転職は難しいらしいのですが、幅広い経験やチャレンジ精神などが認められて内定をいただきました。

転職した理由

自分の意志で転職しようと思ったわけではなく、夫の転勤に伴う引っ越しが理由です。

正直、長年勤めていた薬局を辞めるのは抵抗がありました。以前の職場での業務に満足していたという部分もありますが、転職活動をすることへの負担や、新しい職場で良い人間関係を作れるかという心配もあったので。新しい土地へ引っ越すと、仲のいい友達と疎遠になるのも悩みの一つでしたね。

しかし、子供の学費や将来的にマイホームを建てるという夢のため、転勤先での就職も決意しました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

一番の悩みは転職回数の多さでした。これまでも夫の転勤に合わせて転職をしてきたため、企業からあまり良い印象を持たれにくいんです。よく面接で「どうしてこんなに転職をしているの?」「また転職する可能性は?」と聞かれ、そのたびに胃がキリキリ痛んでしまうことも。

特に「旦那さんは今後転勤する可能性はありますか?」という質問には答えにくかったですね。いつ転勤が決まるか旦那にもわからないから、「その時になってみないとわかりません」としか答えられないんです。「こういう答え方は印象良くないな」と自分でも思っていたのですが。

なかなか転職がうまくいかず、悩んでいた時に出会ったのが、リクルートエージェントでした。「旦那の転勤がネックで転職ができない」と相談したところ、「転職の多さを取り繕うのではなく、逆に転職の多さを武器にするつもりでアピールするといい」というアドバイスをいただきました。アドバイスに従い、これまで働いてきた職場のキャリアや経験をアピールしたところ、ありがたいことに製薬メーカーに就職できました。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

就職が決まらなかった時を振り返ると、「私が悪いんじゃない。夫の転勤のせいだ」という思いで就職活動をしていました。転職の多さをマイナスだと捉えており、そのことを聞かれるとどうやって取り繕うかばかりを考えていましたね。

これから転職をしようと考えている人に言いたいのは、「自分にとってマイナスと思える部分を見直してみること」。企業にとってマイナスの印象を持たれそうな点も、見方を変えるとアピールポイントにつながる場合もあるんです。転職回数の多さを言い訳するのではなく、転職回数の多さで得られた経験や技術をアピールし、それを相手の企業へどう生かしたいかを伝えるのが大切なのだと思います。

同業不動産ファンドのPMからAMへの転職失敗例【35歳 男性】

転職した会社の経営が傾き、私が受け持っていた案件がなくなり物件管理へ回されることに。 結局元の会社と同じPMに戻った上に、年収まで下がってしまいました

転職した理由

勤めていた不動産ファンド運営会社の経営が悪化してしまい、転職を決意しました。

しかし、元の会社と同じプロパティマネジメントでは転職時に年収が下がってしまいます。それならキャリアアップを兼ねてアセットマネージャーへ転職しようと考え、同業他社の知り合いに相談しました。

職活動時の悩み・つまづき・失敗

この転職が失敗したのは、情報収集の甘さが原因だったように思えます。企業の情報は求人情報や紹介者の話からのみだったので、現在の経営状況や不動産業界の景気などを視野に入れていませんでした。求人情報では企業にとって都合の悪い情報は載せませんし、紹介者も企業の情報を軽々しく話すことはできませんからね。

また、待遇面にこだわり過ぎたのも問題だったように思えます。PMの求人も多くあり、元の会社よりも待遇の良い企業も複数見つかりました。しかし、私はキャリアアップにこだわるあまり、そういった企業を選択肢から除外していました。将来のためでもありましたが、「いい役職についている友人に馬鹿にされたくない」「転職してAMが年下だったら嫌だ」という思いが強かったのが一番の理由でしたね。

今考えれば待遇の良い企業に就職し、後々その企業でキャリアアップをするという方法もありましたね。将来に対する不安からか、安易に良い立場に就ける会社を選んでしまったのが問題だったと思います。知り合いのおかげで話しは進み、希望通りAMとして採用されたのですが、結果として転職前よりも年収が下がってしまいました。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

転職する場合は、希望する企業の情報は入念に調べるべきです。企業の収益や取り組んでいる事業だけでなく、その地域にある同業他社との比較や、現在の業界の動向も視野に入れるべきでしょう。もちろん企業の経営状況について把握するのは難しいですが、下調べをすることで経営の傾く企業へ就職してしまうリスクは減らせます。

また、無理にキャリアアップを目指すのも問題かもしれません。相手企業にとってみれば、経験者とはいえ新人を採用してすぐに良いポストに就かせるのはリスクがあります。もちろん転職してすぐキャリアアップできたという人もいますが、誰でも簡単にできるわけではありませんからね。

転職する前にやるべきなのは、まず今の会社でキャリアアップを目指すこと。給与や待遇に不満がある場合やキャリアアップが見込めない場合は、転職した先の会社でキャリアアップを目指すべきかもしれません。

IT系派遣事業からシステムアーキテクトへの転職成功例【35歳 男性】

【年収アップ】300万円→510万円

前職では、社内ITシステムの維持管理といったコンピュータプログラミングが主な業務でした。転職後は設計等を行うシステムアーキテクト担当に。最初の2カ月ほどは社内ルールを覚えることに苦戦しましたが、すぐに問題点を指摘したり、改善案を提案したりできるようになりました。現職の会社では、役に立つ存在として仕事に取り組めています。

転職した理由

前職ではコンプライアンス違反を指摘し、それがきっかけでリストラされました。

機密保持契約に関することなのでどの会社かは言えませんが、私の勤めていた会社は仕入れの決済を翌期に回す不正会計を行っている会社でした。システム管理を行っている時に気づき、上司に意見を尋ねたところ、「この程度はどこでもやってる。自分の業務に集中しろ」とまともに取り合ってはくれませんでした。

「本当にこのままでいいのか?」と疑問を抱きながら業務を行っていましたが、上司はそんな私に不満を持ったようでした。割り振られる仕事の量を減らされ、自ら仕事を志願しても「余計なことはするな」の一点張り。いわゆる「社内ニート」のような立場へと追い詰められてしまいました。しだいに勤務自体が苦痛になり、思い切って転職を決意したのです。

職活動時の悩み・つまづき・失敗

コンプライアンスを指摘したことが原因で辞めたので、転職先の企業からのイメージが悪いんじゃないか、と思っていました。

最初は辞めてしまった経緯について伏せ、キャリアアップのために転職を希望していると説明。しかし「元の会社でキャリアアップする方法もあったんじゃないですか?そうしなかった理由を教えてください」といわれ、言葉に詰まってしまうときがよくありました。スキルアップを理由にしたときもありましたが、「なぜその年でスキルアップをしようと思ったのですか?もっと早く行動できたはずでは?」と問われ、黙ってしまうことも。

本当の転職理由は言えませんし、うまいアピール方法も思いつかず、転職活動中はかなりきつい時期でしたね。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

私の場合、あえて正直にリストラされた理由を伝えたのが功を奏しました。

「コンプライアンス違反をしていた前の会社が悪い。自分は悪くない」という風に説明したのでは印象が悪くなると思い、コンプライアンスを守ることが会社のためになると思った。しかし自分の説明不足で上司との折り合いが悪くなった、という風に説明をしました。その結果「現在弊社ではPマーク取得を目指している。コンプライアンスについての考えは共感できる」と言ってもらえ、現在の会社に就職できました。

面接では、面接担当の方から好印象を持たれるよう発言するのは重要です。しかし、うわべだけ取り繕った言葉だと相手に響かない場合も多いようです。「自分はこんなことがしたい」「こんな目標がある」「会社に入ってこんな業務に尽力したい」と具体的に話せば、面接担当の方にも響くかもしれません。

まとめ

35歳で転職に成功した人の事例では、最大で年収が130万円もアップしています。一方で、年収アップを見込んで転職したものの130万円も年収がダウンした人も。失敗しないためにも転職先の会社の状況をしっかりと確認して転職することをおすすめします。しかし、個人で会社の経営状況を把握するのはむずかしいものです。転職を決断したら、まずはエージェントへ相談して情報収集するとよいでしょう。

35歳で未経験・異業種へ転職した事例

35歳で未経験業種の銀行への転職成功例【35歳 男性】

35歳という年齢はもともと転職に不利といわれますし、金融業界は未経験の自分でしたが、国内大手銀行の内定をとれたのは、転職エージェントの選んだ企業がマッチしたからでしょう。活動自体は本当にスムーズで、感謝しています。

転職した理由

以前勤めていた会社は、とある業界でトップシェアを誇る外資系企業でした。「アップ・オア・アウト」という言葉に代表されるように、外資系企業は徹底した実力主義。成果が出せなければ即解雇も当たり前ですが、認められれば評価や待遇もどんどん上がる、やりがいのある仕事です。

とあるプレゼンで上司から高い評価を受け、念願だった本国のヘッドクォーターに異動が決定。その当時は私の人生で一番輝いていた時期でしたが、駐在期間はわずか半年。日本に戻ると職権は限定される、キャリアパスへの道筋が全く見えないという現実に引き戻されました。

意気消沈している中、上司や同僚も次々いなくなってしまい、だんだん自分一人が取り残されてしまったような気持ちに。「このままで本当にいいんだろうか?」という思いが頭から離れず、その後転職を決意しました。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

始めはキャリアパスの見込める外資系の企業への転職を考えていました。しかし、転職エージェントの方と話をしていくうちに、外資系でのキャリア転職が想像以上に難しいということを知ったのです。

海外での刺激的な生活が忘れられず、国内企業でコツコツ働くのが「非効率的」に思えたのですが、「また外資系に転職しても以前の会社と同じになる」とエージェントの方に諭され、これまでの仕事とは全く違う道を選ばなければと思い至りました。

転職エージェントの方が紹介してくれたのが、国内大手の銀行でした。金融関係の知識は全くない上に、年齢的な問題もあるため「さすがに無理では?」と思いましたが、エージェントの方からのアドバイスもあり、無事内定が決まりました。未経験の業種に尻込みしていた私の背中を押してくれた、あの時のエージェントの方には本当に感謝しています。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

30代で転職を希望するとなると、ほとんどの人がキャリアアップのためですよね。未経験の職場だと、やはり新卒の方とのアドバンテージも違うので採用されにくいと考えてしまいます。

しかし、、「未経験の職場へ転職するなんて無理」とあきらめてしまうのは、自分の可能性を自分で潰してしまうのと同じ。たとえ経験がなくても、その会社にとって今までの自分の経験や知識が役立つのでは?という部分があれば、十分なアピールポイントになります。同じ業種への転職にこだわらず、自分自身の強みが一体どんな企業に活かせるか、をポジティブに考えましょう。

企画会社からWEBサービス会社への転職成功例【35歳 男性】

新しい職場はITベンチャー系で、活気がある会社です。以前よりも楽しく仕事をこなすことができ、休日もゆっくりできるようになりました。おかげで妻と一緒の時間が増えたので、本当に良かったです。

転職した理由

前職では、ホームページの企画制作や出版物の制作や印刷など、幅広い業務に対応していました。業務は忙しく、毎日のように終電近くまで働いていました。会社で寝泊まりすることもしょっちゅうでしたね。休日出勤も多く、肉体的にも精神的にもギリギリの状態で働いていました。

毎日が激務でしたが、会社からは残業代や休日出勤手当はつかず、業務の負担に比べて給料はかなり安い。私は結婚して妻がいますが、家にはほとんど帰れず家に入れるお金も少ないので、当時は妻にも大きな負担となっていたようです。けれど妻は不満や愚痴一つ言わず、「仕事で無理してない?家のことは大丈夫だから、体には気をつけて」と私の身を案じてくれました。本当に申し訳なかったですね。

「今は忙しいけど、働いていればいつか楽になる」そう自分に言い聞かせて働いていましたが、いつまで経っても状況は変わりません。入社した社員も次々辞めていき、人がいなくなった分仕事の量は増加。妻との将来を考え、いつまでも先行きの見えないこの状況に強い不安感を覚えました。「今行動を起こさないと、この状況を変えることはできない」そう思い、転職を決意したのです。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

10社近く面接を受けましたが、なかなか採用されなかったのが辛かったですね。会社を退職せず、スケジュールの合間を縫って転職活動をしていたので、業務負担がさらに重くなる。いっそ転職活動をやめてしまおうか考えたこともありましたね。

なかなか採用されない状況を妻に愚痴ったところ、「仕事を選り好みしてるんじゃない?」と指摘され、はっと気づかされました。確かに私は転職する以上、今の会社よりも給与が高く、キャリアップも見込める安定した企業がよいと考えていました。しかし私にとって条件の良い会社というのは、他の人にとっても魅力的な会社なわけです。私より若く、やる気のある人も多くエントリーするわけですから、採用されるには一筋縄ではいかないのです。

「いくら待遇がよくても、前みたいに忙しいところだと結局体を壊すかも。無理せず働けるところを選んだら?」という妻の言葉に後押しされ、給与やキャリアにこだわらず、楽しく働けそうな会社を探すようになりました。

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

30代は人生の節目ともいわれています。将来の不安からキャリアや待遇にこだわってしまう人も多いですが、人生にとって大事なのは仕事よりも自分自身の生活。将来への備えも大切ですが、現在の私生活を犠牲にしてまで仕事にこだわるのはおすすめしません。

面接においても、将来の不安を感じながら受け答えする人と、未来の希望や意欲に満ち溢れた人では、面接担当の方の印象も大きく変わります。「もう後がない」と思い込まず、「まだまだこれから!」というポジティブさを持つことが大切だと思いますね。

栄養士から歯科助手への転職失敗例【35歳 女性】

歯科助手へ転職したのですが、先生と良好な関係性を築けず半年もたたずに辞めることに…。待遇だけを重視し過ぎて、肝心なところが見えていなかったのだと反省しています。

転職した理由

大学を卒業後、夢だった栄養士の仕事に就くため、派遣会社に就職しました。正社員として働きたいという思いも当然ありましたが、派遣会社なら大きな病院や施設でも雇用されやすいですし、いろいろなところで働いて経験を積んでいきたいと思っていたので。

しかし、後になって派遣会社に登録をしたことを後悔しました。そこそこ大きな病院で働けましたが、派遣だったため給料が安く、ボーナスも少ないんですよね。それなのに仕事の責任は重く、お休みもろくに取れない。そんな待遇にだんだんと不満が募っていきました。仕事自体にやりがいは感じていましたが、「他の人はもっと良い待遇で働けているんじゃないの?」という考えがつきまとい、自分自身がみじめに感じられたんです。

「転職して1からスタートしよう!」そう決意して派遣会社を退職。失業保険を得ながら求職活動を始めたのです。

転職活動時の悩み・つまづき・失敗

また栄養士として働くことも考えましたが、それだと以前の自分と変わらないように思えたので、まったく違う仕事にチャレンジしようと思いました。

求人誌やサイトで求人情報を探していると、目に留まったのが歯科助手の仕事。資格が必要なく、待遇も以前の職場より良かったため、すぐに応募しました。運が良かったのか、1軒目ですぐに採用。その時は期待で胸を膨らませていましたが、採用が決まってからが大変でした。

資格も必要なかったので、仕事はどうせ受付や器具の掃除くらいだろうと高をくくっていました。しかしいざ働くと、覚える内容がたくさんあって苦労しましたね。先生は初めのころはニコニコしていましたが、なかなか仕事を覚えられない私に対し、だんだん怒るようになりました。他の歯科助手の人数も少なく、仕事の量が多くてミスがよくありました。そのたびに先生にすごく叱られて、どんどん自信がなくなっていったんです。結局、就職してから半年も経たずに辞めてしまいました

30歳で転職しようと思っている人にアドバイス

私から言えるのは、安易な気持ちで転職・就職してはいけないということ。「今の仕事の待遇に不満があるから辞める」「待遇が良いから就職する」という単純な理由で決めてしまうと、自分の選択に後悔するかもしれません。

仕事は人生において3分の1の時間を占めるといわれています。いくら待遇が良くても、人生の3分の1を嫌な思いをしながら過ごすのはその人にとって損だと思うんです。

良い人間関係を築ける職場か、やりがいをもって働ける業務なのか、といった点にも目を向け、自分にとって最良の企業を見つけることが大事だと思います。

パチンコチェーン店からアパレル販売への転職成功例【35歳 男性】

パチンコ店でマネジメント業務を行なっていました。業務にやりがいを感じていましたが、右肩下がりの業界で将来家族を養い続けられるか不安になり、転職を決意。

新しい職を探している間、転職エージェントや妻、友人が支えてくれたおかげで、従業員数が1,000名弱のアパレル系企業に就職できました。

入社して1年ほど経ちましたが、まだまだ満足のいく活躍はできていません。現在は店長として働かせてもらっていますが、経験不足のせいで上手く管理できないのが今の悩みです。今が頑張り時なので、努力し続けて成功をつかみたいと思います。

IT企業から個人事業主への転職成功例【35歳 男性】

前職ではIT企業の事務業務を行なっていました。そこでの上司が高圧的な人で、人の意見を絶対に聞いてくれません。社内でミスが起こると、僕が疑われることが多く、精神的にかなり辛かったです。その時、もっと自由に働きたいと思い、フリーのライターに転職することにしました。

初めは収入が不安定で不安でしたが、そのうち自分のタスク管理がしやすくなり、仕事がはかどるように。今は同業者のライターさんとの交流があるので、孤独を感じることなく楽しく過ごせています。

サービス業から高等進学塾への転職成功例【35歳 女性】

大手スポーツクラブのフロント事務スタッフとして10年間勤めていました。しかし、ある時の異動をきっかけに、上司とのコミュニケーションが上手にとれず、社内で孤立するように。部下との関係性も悪化してしまったので、転職しました。

転職した先は塾の受付事務です。従業員が4人と少ない職場でしたが、毎日が充実していて楽しいです。同年代の方ばかりなので、コミュニケーションがスムーズで人間関係のトラブルも起きていません

派遣事業からシステム開発への転職成功例【35歳 男性】

元々は派遣事業を行なっていた会社で勤務していました。その会社の社長から「給与支払い時期を半月遅らせたい」という打診について反対したところ、リストラされてしまったのです。

転職活動をしている際に、付き合いがあった取引先の方からシステム構築関連の仕事を紹介してもらい、おかげで無事に転職先が決まりました。新しい職場では新しいことにチャレンジすることができ、充実した日々を送っています。

広告代理店からIT系への転職成功例【35歳 男性】

「毎朝早くに起きて、夜遅くまで働いて寝るために帰る」という生活に嫌気がさし、転職することにしました。

友人に紹介してもらったIT系の会社の経理管理をすることに。初めての業務ばかりで不安でしたが、メンバーのサポートのおかげで徐々に仕事に慣れました。今までよりも自由な時間が増えたので、プライベートが充実して毎日が楽しいです。

IT・コンピューターから飲食業への転職失敗例【35歳 男性】

前職ではIT系の会社で働いていたのですが、「ここでは年収が上がらないのでは?」と将来に不安を覚えたので転職しました。転職活動中は何度も選考に落ち、最終的に飲食店へ就職。

未経験の業種だったので、毎日が新しいことばかりできつかったです。先輩に何度叱られてもなかなか仕事に慣れることができず、失敗を繰り返し上司から責されることが増えました。

「どうすればいいんだろう?」自問自答する日々を送っているうちに、体調を壊してしまったのです。転職した飲食店の仕事は、私には向いていませんでした。

プラスチック製造関係から飲料製造会社への転職成功例【35歳 女性】

前職で働いていた会社の景気が悪くなり、「このままだとリストラになるのでは?…」と思うようになりました。どんどん経営が傾くと、徐々にリストラされる社員が増え、ついに私もリストラに。 転職活動中は失業保険の給付があったので、ゆっくりと仕事を選びながら、職業訓練でスキルアップして飲料製造会社の一般事務に再就職しました。初めの頃はなかなか馴染めませんでしたが、最近になってやっと上手く人間関係を築けるようになり、充実しています。

情報サービス会社から食品専門商社への転職成功例【35歳 男性】

35歳になる年に、タイミング的にも最後の転職になるかと思い、転職を決めました。転職時には有名であるかどうかを一番の優先ポイントとして、会社を選びました。聞いたことがない社名の会社では働きたくなかったからです。精密機器メーカーや、運輸会社などにもエントリーし、食品専門商社に内定をいただきました。仕事内容としては、希望していた社内のシステムエンジニアを担当できたのでよかったです。

不動産業から自動車販売会社への転職成功例【35歳 男性】

【年収ダウン】700万円→500万円

前職である不動産会社の経営が傾きはじめ、上司から退職してほしいと言われ、会社を辞めて転職することを決意しました。再就職先が見つかるか不安でしたが、数社の入社試験を受けて、自動車販売店に就職することができました。現職の自動車販売では、展示してある車の良さをお客さまに伝え、販売しています。

販売する物は異なりますが、仕事内容は不動産業での仕事と似ており、前職の営業経験を生かして接客の対応をしています。その甲斐あり、契約数を徐々に伸ばせています。前職と比較して年収は少なくなってしまいましたが、働くことができる喜びを感じながら仕事を続けられています。

スポーツクラブから進学塾への転職成功例【35歳 女性】

【年収ダウン】200万円→180万円

前職で勤務地が異動になったことで、自分に回ってくる仕事の量が極端に少なくなり、必要な存在ではないのではないかと感じ、転職を決めました。

現職の進学塾では、受付事務をしています。新しいことを一から覚えなければなりませんが、前職で身につけたパソコンスキルなども役に立ち、仕事にはすぐに慣れました。受付事務の職員は、全員同年代の女性で、ストレス無く仕事ができています。また、各職員が責任をもって仕事に取り組んでおり、充実しています。

まとめ

未経験や異業種に転職された人の中には、「未経験から銀行」「IT企業から個人事業主」などに転職して成功した方がいました。特に35歳で金融業界未経験の人が銀行に内定をもらえたのは、転職エージェントの影響が大きかったようです。個人事業主になった人も仕事にやりがいを見つけられています。ほとんどの人が未経験や異業種の転職に成功していますが、失敗した人も少なからずいるのも事実。給与だけを考慮し、仕事内容や人間関係を考えなかったことが失敗の原因です。給与だけでなく、待遇や職場環境も見極めるべきでしょう。

ステップアップのために転職した事例

町の弁護士から一部上場企業社内弁護士への転職成功例【35歳 男性】

知り合いのツテで地方の法律事務所に入所して、個人や中小企業からの依頼を担当してきました。

案件は多岐にわたり、ゼネラリストとしての経験はある程度積み上げてきたのですが、年齢を重ねるうちにスペシャリストになりたいという気持ちが膨らんで、今回の転職となりました。

希望は企業法務。できれば法律事務所ではなく、企業内弁護士を目指していました。

事業会社での勤務経験も、大企業の案件を手掛けた経験もなく、難しい条件でしたが、転職エージェントのサポートもあって一部上場企業の内定をいただきました。

一部上場自動車部品メーカーへの転職成功例【35歳 男性】

勤続10年を迎えて、頼っていた先輩が全員退職したこともあり、ターニングポイントと思いステップアップしたくて転職しました。転職先を探しているときは、IT企業や商社から、菓子製造会社なども検討しましたが、結局、モノづくりに携わりたい想いや、モータースポーツに興味があったことから、前職と同じ自動車部品メーカーに転職しました。一部上場企業へステップアップできて満足しています。

メイク講師からトレーナーへの転職成功例【35歳 女性】

美容関連の仕事には学生時代から興味を持っていて、昼間仕事をしながら美容学校の夜間部に通っていました。卒業後は美容部員を経て、メーカー系のメイクスクールで講師をしていました。

この講師経験の中で特にやりがいを感じたのが店舗スタッフへの教育。それがきっかけとなって、メイクトレーナーへの転職を考えました。

転職エージェントが紹介してくれた現職は、オーガニック化粧品で知られるメーカーで、私も使った経験があるもの。書類や面接の指導をしてもらったおかげで無事採用となりました。

不動産鑑定士として年収アップした転職成功例

私が勤めていた不動産鑑定事務所は、小規模ながら証券化対象不動産を扱うなど案件はかなりの数で、長時間労働が当たり前の世界。面接の時に労働環境などをきちんと確認しなかった自分にも非はあったと思っています。

過酷な労働環境の中、転職活動が成功したのは転職エージェントの担当者のおかげだと思います。年収も希望した以上の提示をいただき、個人活動ではなし得ない結果になりました。

まとめ

35歳でステップアップを目的に転職した人の中には、「町の弁護士から一部上場企業社内弁護士」「不動産鑑定士として年収アップ」など、ステータス面や収入面もアップした人がいました。ほかにも、一部上場企業への転職に成功した人も。明確な意思をもって転職に臨むことはもちろん、転職エージェントを利用しての転職も目立ちます。自ら考え行動することも大切ですが、確実に転職を成功させたいなら第三者の客観的な意見を取り入れることも有効です。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ