転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル

【職種別】30代で転職を成功するためのコツ【事例・傾向・対策まとめ】

経験やスキルで職種別30代の転職を考える

職業特性や人材適正、転職事例など30代の転職事情を職種別に分類して紹介しています。詳細ページで取り上げているのは以下の職種となります。

営業

取り扱うビジネスに関連する専門性は必要ですが、他の職種と比べて人柄や行動力で異業種転職も可能といえるのが営業職の特徴です。

事務

いわゆる内勤の管理部門は異業種であっても共通するスキルが多く、経験豊富な30代には有利ともいえます。経理、人事、総務、秘書など職種ごとの実務経験がものをいう世界。

管理職

30代、特に30代後半になると個人のスキルにプラスして管理職としてのマネジメント能力が評価に大きく影響します。転職エージェントによる非公開求人が重要となるポジションです。

販売員

30代になると業界は違っても店舗での管理業務を担っている場合が多いです。在庫・売上・人材などのマネジメント経験が豊富なら、活かせる求人は十分あります。

編集者

出版業界は近年経営的に厳しくなっている傾向にありますが、コンテンツをプロデュース・ディレクションする編集者のスキルは、IT業界などで活用できる可能性もあります。

ITエンジニア

30代ともなるとプログラマーとしてのスキルだけではなくSEとして上流工程で必要されるのが一般的。事業会社の社内SEと開発会社のSEの違いなども含めて自分にマッチする転職先を見極めましょう。

技術職

電気・電子・機械・自動車系など、それぞれのジャンルで高い専門技術があれば転職市場に有利。しかし、30代ともなれば、プラスして語学や指導力なども欲しいところです。

研究職

専門スキルが高い人材が有利なのは技術職と変わりませんが、そもそも求人の絶対数が少ない研究職。30代では大手だけでなく市場優位性のある中小企業も狙いたいところ。

コンサルタント

戦略系コンサルティングファームとそれ以外のコンサルタントでは異なる傾向があります。異業種からの転職も含めて経験を活かせるのはどんなケースがチェックしましょう。

webデザイナー

クリエイティブ的なセンスとテクニカルなスキルの両面が必要となる仕事で、アナログメディアのデザイナーから転職する場合は十分な覚悟が必要です。

看護師

昨今、人手不足が深刻な医療業界。30代でも転職を成功させやすいのが「看護師」という職業です。リストラのない仕事に就きたくて看護師への転職を考えている人、子育てが落ち着いてパートからの転職を考えている元看護師、臨床経験を今より活かせる病院に転職したいと思っている現看護師に向けて、転職の成功事例をご紹介しています。

薬剤師

薬剤師は薬局や診療所のほか、製薬会社や化粧品メーカーの研究開発部門、調剤薬局やドラッグストア、医薬品や医薬部外品の品質管理職などでも求められる人材です。どんな人が薬剤師に向いているのか、転職する施設ごとに紹介いたします。

医療事務

医療事務は特別な資格が要らない職業です。医療業界全体の人材が不足している今、未経験でも働ける医療事務の需要は高まっています。病院や診療所のほか、調剤薬局や介護施設など、求人数が豊富です。30代で転職を考えている人は、一度医療事務を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

会計士

1,000以上ある国家資格の中でも、とくに資格取得が難しいとされている会計士。30代の場合、今から資格を取るのはハードルが高いように思えるかもしれませんが、資格さえ取得すれば大手上場企業に転職できる確立がぐんと高まります。また、監査法人業界も2~3年前から求人数が増えているため、気になる人はチェックしてみてください。

保育士

保育士が活躍できる場所は、保育園だけではありません。病児保育園や院内保育、学童保育所、ベビーシッターなど多岐にわたります。働く場所によって、雇用形態や担当する児童の人数、施設の行事などが大きく異なるため、自分に合う施設を求めて2~3回転職する保育士が多いようです。

経理

ルーティーンワークが多く、一度仕事の流れを覚えると働きやすいのが経理という職種。前職で経理業務に携わったのをきっかけに、大手企業の経理への転職を考える人が多い傾向があります。給与や勤務体系の条件が良い会社の経理に転職したい人は要チェックです。

公務員

国家公務員の採用試験は、30歳未満という年齢制限が設けているため転職は難しいですが、「経験者採用試験」や「中途採用」があり、それを利用すれば30歳以上でも転職は可能です。転職事例から成功のコツを見てみましょう。

獣医

国家資格が必要な獣医が専門知識を求められることは当たり前のこと。知識をもっている点は必須事項として、プラスで求められる人材は、コミュニケーションが高い方です。その他、平均年収や適性などについて詳しく見ていきましょう。

システムアナリスト

システムエンジニアは個のスキルに重きを置いていると見られがちですが、システムアナリストはシステム構築を行うために、ITスキルはもちろんのこと、営業やコンサルタントのスキルを求められます。その理由や企業が欲しがる人材についてまとめています。

税理士

税理士は「税金のプロフェッショナル」として企業の税関連業務のサポートを求められます。税務申告や書類作成など、代行業務だけではなく顧問契約を結べば経営のアドバイスも必要です。転職を成功するために必要な準備についてまとめました。

関連ページ