転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » 事務職

事務職

専門ジャンルプラスαが欲しい!30代の技術職への転職

30代で技術職への転職を成功させるコツ

このページでは、適材適所でこそスキルが活きる技術職という仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

ページ内目次

  1. 人材の母数が少ないから転職でも有利
  2. 自分の専門ジャンルにプラスしたスキルを身に付ける
  3. 技術職の平均年収はどのくらい?
  4. 企業が欲しがる人材とは
  5. 企業が見ているスキル・資格
  6. 30代から未経験の技術職へ転職するポイント
  7. 技術職の志望動機はどう書く?
  8. 技術職に向いている人の特徴
  9. 技術職に向いていない人の特徴
  10. 30代の技術職への転職事例
  11. 事例からわかる事務の転職
  12. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

人材の母数が少ないから転職でも有利

電気・電子・機械・自動車系といったジャンルの技術職は、30代の未経験者が採用されることはまずありません。

一方、技術職から他業種へ転職していく人もいて、そもそもの母数として技術者は少ないため、スキルと現場経験を持つ30代の技術者は転職市場でも優位性があります。

自分の専門ジャンルにプラスしたスキルを身に付ける

技術職として自分の市場価値を高めるためには、その専門ジャンルの知識や技術だけでなく、実業務に活かせるスキルがあると有利。

例えば、語学力指導技術など、ベースの専門性にプラスαとなるスキルがあれば転職でもアピールポイントになります。

技術職の平均年収はどのくらい?

技術職と一口にいっても、システム設計者やセールスエンジニア、自動車製造業などのジャンルに分かれています。そんな技術職の中で年収が最も高かったのが、セールスエンジニア(その他)という技術営業職。

平均年収は667万円です。この数値は、マイナビ転職サイトが行った2018年版職種別モデル年収平均ランキングで20位を獲得しています。その次は、精密・医療用機器系のセールスエンジニアが24位にランクイン。平均年収は652万円になります。

これらの数値を、同じマイナビ転職サイトが提供している年齢層別のモデル年収平均ランキングと比較すると、30代後半の平均年収651万円とほぼ同程度。30代前半の平均年収よりは高いので、転職後の年収アップを狙うなら30代前半が良いのかもしれません。

技術職で求められる人材・求められるスキル

企業が欲しがる人材とは

海外に進出しているメーカーでは、生産技術のクオリティを現地の従業員に教えることが求められています。国境を越えて活躍するには、粘り強い指導でコスト意識や納期厳守の大切さを伝えていくことが大切です。

技術職は文系出身者でもさほど問題なく参入できるポジションでもあります。ただし、他業種から生産技術職に転職するのは、高いハードルを飛び越える必要も。未経験で生産技術職に就くには、「未経験者歓迎」の企業を探すか、アシスタント募集を行っている企業を探すと良いでしょう。

技術職の職場では、課題の発見や計画・スケジュールの決定、最新情報を積極的に学ぶ姿勢も重要です。これらのスキルを持っているとアピールすることで、企業に求められる人材になり得ます。

企業が見ているスキル・資格

技術職は、能力のレベルや求められる経験が比較して高い分野だといえます。そのような知識や経験、スキル以外で持っていると良い能力が、集団に対する調整力と探究心です。

集団に対する調整力は、企画開発部門と生産現場をつなぐパイプ役を果たせるかどうかがカギ。人とのコミュニケーション能力を磨いておくといいでしょう。

探究心は、すでにあるマニュアルに沿って仕事を進めるだけでなく、改善点や不具合などを論理的な思考で原因を突き詰められる人が持っています。予算内で生産の向上を図る難しさに積極性にチャレンジできる姿勢も、企業にとって欲しいスキルです。

資格はCAD利用技術者試験に合格していると◎。プログラミング知識があると分かる資格や、TOEIC・英検などの英語能力が分かる資格を取得しているのも有利です。

30代から未経験の技術職へ転職するポイント

技術職の求人では即戦力が求められるため、未経験からの転職は簡単ではありません。しかし、絶対に不可能とも言えません。国家資格が必要な業務が多いのでハードルは高いですが、手に職をつけることで今後どの会社でも通用する力がつくと考えると挑戦する価値は大いにあります。次のポイントを意識しながら転職活動を進めていきましょう。

社内の人事異動で技術職に就けないか?

「将来性のあるスキルを身につけたい」「他の人と差をつけられる技術が欲しい」技術職に魅力を感じて転職を考えている方は、まず社内の人事異動で技術者として働けないか相談してみましょう。転職では経験やスキルからあなたを判断するしかないため、どうしても未経験であることは不利になります。社内の部署移動であれば周りからの信頼の厚さや評価も含めて考えてもらえるため、他企業への転職よりも技術職に就きやすくなりますよ。転職を考えるのは、人事異動がどうしても難しいとわかってからでも遅くないはずです。

必要な資格を取得しよう

経験でリードできないのであれば幅広い資格をとって豊富な専門知識をアピールしましょう。技術職は「建築系エンジニア」「機械系エンジニア」「ITエンジニア」の大きく3つに分けられます。建築士を目指すなら一級建築士・二級建築士・木造建築士、建築系施工管理であれば土木施工管理技士・建築施工管理技士・電気工事施工管理技士などを取っておくと良いでしょう。とくに一級建築士は合格率10%程度の難関資格。持っておくと優位になります。

機械系のエンジニアを目指すなら、必須資格ではありませんが技術士(機械部門)を取得しておくと業務の幅が広がります。合格率15%程度なので、他の応募者に差をつけるポイントになるでしょう。業種に合わせて、機械設計技術者・CAD利用技術者試験・衛生管理者・電気工事士・電子機器組立技能士をとると役立ちます。

ITエンジニアは業務で必須の資格がほとんどないため、未経験からでも比較的転職しやすいのが特徴。プログラミングは独学でも習得できるため、未経験者には狙い目と言えます。基本情報技術者・システムアーキテクト試験・ネットワークスペシャリストといった資格があると、知識やスキルがあることをアピールできるでしょう。

文系スキルが求められる求人はないか

技術職と聞くと専門性や高いスキルが求められる仕事ばかりだと思う人が多いですが、研究開発を進めるうえで社外の技術者とのコミュニケーションや顧客対応といったスキルが必要になることもあります。いわゆる「文系スキル」と呼ばれるようなものです。開発よりも他企業とのやりとりを重視する企業なら異業種のスキルが役立つ場面が多いでしょう。

未経験可という文言だけでなく具体的な仕事内容をよく確認することで、未経験からでも優位な転職活動を進めていけます。

転職エージェントを活用する

求人の多い転職サイトを利用すれば、未経験からでも応募できる技術職を見つけるのは難しくないでしょう。しかし、技術職の仕事内容は企業によって多種多様。未経験だと「自分のやりたい仕事ができるのか」「適正はあるのか」を判断するのは困難です。自分に合っている転職先を見つけ、理想の転職を叶えるためにも業界に精通している転職エージェントを活用すると良いでしょう。

技術職の志望動機はどう書く?

建築系エンジニアの場合

即戦力が求められる職種が多いため、どんな建築を手がけてきたのかを「設計領域」「ビルやマンション、戸建てといった種類」「構造」などの情報と一緒に詳しく伝えましょう。得意な分野があればアピールしておくのを忘れずに。スキルが高ければ高いほど重宝されます。

建築には顧客とのコミュニケーションや組織の指揮も重要になるので、自分のポジションや周りの人とのやりとりで実績があればそれも含めてください。

経験が浅い人は持っている資格を記載しておくとアピールになります。

機械系エンジニアの場合

開発に携わった製品について、開発のプロセスや案件の難易度に触れながら紹介していきましょう。とくにいつも力を入れて取り組んでいる部分があれば、それも盛り込んでください。成果につながった経験があれば大きなアピールポイントになります。志望している企業が扱っている製品がわかっていれば、これまでの経験のどんな点を業務に活かせるか効果的に伝えられるはずです。

未経験の場合は大学や専門学校で学んだ経験、保有している資格といった点を盛り込むことで技術職に対する興味や熱意を伝えられます。生産拠点を海外に持つ会社などは、外国語スキルが重視されるケースも。志望先に合わせてアピールポイントを調整してみましょう。

ITエンジニアの場合

以前の職ですでに経験があれば携わってきたシステムについて規模や種類を伝えておくのがベストです。前職の経験の中から転職後に活かせることを具体的に示しましょう。将来的に就きたいポストや磨いているスキルの情報があると、「目標を持ち長期的な目線で仕事に取り組んでいる」と好印象を与えられるはずです。

未経験の方はなぜITエンジニアに興味を持ったのか、取得のために勉強している資格はあるかを盛り込むと最適です。業界経験者・未経験者どちらにせよマネジメント経験は強みになるので、あればエピソードと一緒にアピールしましょう。

技術職に向いている人、向いていない人の特徴

技術職として企業が求めているのはどのような人材か、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

技術職に向いている人の特徴

技術職に向いていない人の特徴

30代の技術職への転職事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

業種も職種も変わった転職事例【30歳 男性】

前職の仕事にはやりがいを感じつつも、担当範囲が限定されていることにストレスを感じて転職を考えたケース。

業務全体に関わるポジションを目指すという意味で、異業種転職を想定、年収ダウンも加味して家族にも事前相談していました。

複数の転職エージェントに相談する中、最終的に選んだのは異業種かつ異職種となる現職でした。

プロダクトデザイナーという職種にこだわった転職事例【39歳 女性】

デザイナーという職種にこだわって転職先を見つけたケース。

転職活動は当初、本人がポートフォリオ重視で勝負していたのですが、企業側とニーズがマッチせず、転職エージェントに相談したケース。

転職の専門家はポートフォリオを見て、マッチする企業を親身に検討してくれたようです。

40歳直前の転職でしたが、異なるジャンルのプロダクトデザイナーへと、新たなチャンレンジの場を獲得しています。

日用品メーカーの製造技術職から環境関連装置メーカーの製造技術職への転職事例【31歳 男性】

転職に踏み切ったきっかけは転勤でした。転勤を機に開発から保守・メンテナンス業務に回ることに抵抗を感じたそうです。

転職エージェントを通じて10数社を紹介してもらい、その中で興味を持ったのが現在の会社。エージェントのアドバイスをもとに、企業研究を実施。この研究で得た情報をもとに、自分の経験が企業にどう貢献できるかを具体的にアピールしました。

無事に採用を勝ち取ったこの方は、自分の技術を活かすのはもちろん、マネジメント経験も磨きながらリーダー職を狙っているそうです。

自動車部品メーカーの設計から大手プラント機器メーカーの設計への転職事例【30歳 男性】

転職を考えた理由は、部分的な設計だけでなく製品全体に関わる設計がしたかったからとのこと。転職エージェントに相談したところ、持っているスキルは他の分野でも活用できる可能性があるとして、自動車メーカー以外の転職を提案されたそうです。

一旦は提案を固辞したものの、現在働いている会社の企業セミナーに行くことになりました。そこで社会的貢献につながる機器の設計というやりがいのある仕事に魅力を感じ、この会社を受けることに。

無事に内定をもらってこの会社に転職しました。現在は自分の技術に汎用性があることを改めて実感し、充実した毎日が送れているそうです。

事例からわかる技術職の転職

転職を決めたきっかけは様々ですが、これまでに磨いたスキルが他の分野にも活かせる職種のようで、採用につながっています。

持っているスキルによっては、他の分野で働けるのが技術職の強み。そのため、以前いた業界にこだわって転職先を探すのではなく、異業種の企業への転職を考えてみることが、転職成功の近道だと言えます。また、確実に転職につなげるには業界研究もしっかりと行いましょう。

企業側はスキルがいくら高くても、入社への姿勢や意欲に積極さを感じられなければ期待できないと判断します。確実に内定を取りたい人は、企業研究と自己アピールを欠かさないほうが賢明です。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ