転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » コンサルタント

コンサルタント

意外な未経験者転職もある?30代のコンサルタントへの転職

30代コンサルタントへの転職を成功させるコツ

このページでは、ハイスペックな人材が集まるコンサルタントという仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

    ページ内目次

  1. 転職で自分の強みを活かせるかがカギ
  2. 戦略系コンサルティングファームとその他の違い
  3. コンサルタントの平均年収はどのくらい?
  4. 企業が欲しがる人材とは
  5. 企業が見ているスキル
  6. コンサルタントに向いている人の特徴
  7. コンサルタントに向いていない人の特徴
  8. 30代のコンサルタントへの転職事例
  9. 事例からわかるコンサルタントの転職
  10. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

転職で自分の強みを活かせるかがカギ

30代でコンサルタントを目指す場合、新卒からの同世代と同じ土俵で勝負するのは得策ではありません。

ベンチャーで実務を学んだ人がコンサルタントに転職して成功するケースなどは本人の強みを活かした代表例ですが、大手企業から転職すると労働環境の違いなどについていけず挫けるケースも少なくないようです。

戦略系コンサルティングファームとその他の違い

戦略系コンサルティングファームでは異業種からの転職でポテンシャルを重視するといわれています。そのため、官僚や研究職からの転職なども実績次第で可能性が高まるわけです。

逆に、それ以外はやはり各ジャンルの専門性と経験が求められます。

コンサルタントの平均年収はどのくらい?

職業別の平均年収で、コンサルタントの平均年収で一番多い職業が経営戦略に関してのコンサルタントで851万円というデータがあります。これはシステムアナリスト、不動産営業、金融営業(個人)・リテール・FP、その他設計・設備設計に次いで多い年収です。同じコンサルタントで次に多い職種が業務系のシステムコンサルタントの740万円。ネットワーク通信関連のシステムコンサルタントが700万円と続いています。システム系のコンサルタントはコンサルタントという職業のなかでも年収が高いようです。

30代の平均年収は30代前半が580万円で、30代後半が651万円。このデータと比較すると、コンサルタントの平均年収が高いことがわかるでしょう。その差は約200~300万円と大きな差が開いています。

コンサルタントで求められる人材・求められるスキル

企業が欲しがる人材とは

コミュニケーション能力

どのコンサルティングでも、プロジェクトメンバーと同じ目標に向かっていかなければなりません。そのためには高いコミュニケーション能力が必要です。

タフな体力と強い精神力

コンサルタティングの仕事は地味でありながら長時間の勤務に多くの出張が重なることが頻繁なため、体力が重要視されています。そして地道な作業を続けられる強い精神力も必要です。

「プロである」という精神

クライアントが求める結果について、常にプロ精神を求められるのがコンサルタントの仕事です。たとえ専門分野以外の仕事に携わっても確実に成果につなげるための強いプロ精神が必要になってきます。

ロジカルシンキング

プロジェクトを進めるにあたり、問題解決や情報集などのすべての業務をこなしていくうえで必要なスキルです。

企業が見ているスキル

企業は、採用の時点で高いコンサルティング能力を持っている人材を必要としています。世界でも通用するようなプロジェクト推進能力を持っている人材を必要としている場合は、ビジネス英語の能力も問われているようです。

コンサルタントは業務改善または業務改革についての依頼を受けることが多いので、大手企業での企画業務経験と業務改革に相当する経験があるかどうかも問われます。 業務改善、業務改革以外に会計・財務に関するアドバイスを求められることがあるため、財務に関する専門的な知識と経験も必要でしょう。特にM&Aに関する業務は財務関連の知識を必須としています。

コンサルタントに向いている人、向いていない人の特徴

コンサルタントとして企業が求めているのはどのような人材か、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

コンサルタントに向いている人の特徴

コンサルタントに向いていない人の特徴

30代のコンサルタントへの転職事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

大手都市銀行からコンサルティングファームへの転職事例【34歳 男性】

前職の都市銀行は第二新卒で入社、法人営業で幅広い金融ビジネスに携わると同時に、個人では専門職大学院に通ってファイナンスの知識を高めて転職に臨んだケース。

30代半ばでエリートともいえるポジションからの転職でしたが、官僚的な社風に限界を感じてもいました。

そして、これからの時代背景を見据えて選んだのがIR・SRコンサルタントという現職。より大きな成長性が見込めるキャリアアップといえそうです。

メーカーの商品開発からコンサルティングファームへの転職事例【31歳 男性】

このケースでは、前職を辞めた後にボランティアをするなど一定のリフレッシュ期間を空けて転職活動に臨みました。

本人の意志で経営戦略コンサルタントになろうと活動しましたが、思うようには進まず、転機となったのが転職カウンセラーのアドバイス

結果としては外資系企業で戦略コンサルタントの職を得ています。

官僚から戦略コンサルタントへの転職事例【34歳 男性】

前職は収入が安定した職業についていましたが、長年勤めるうちにだんだん自分の成長に限界を感じてきたそうです。それと同時に「もっと前のめりの姿勢で仕事がしたい」という気持ちが高くなっていったとのこと。

次の仕事を探す際に男性が利用したのは、コンサルタントの転職に強い転職サイトでした。転職するにあたって身につけておかなければならない知識をアドバイザーが細かく指導。面接で気を付けるべきところもいろいろ学べたそうです。

現在は希望通りコンサルタントへの転職に成功。以前の職場で身につけていたスキルも活用できているそうです。

大手飲料メーカーからコンサルタントへの転職事例【33歳 女性】

「このまま今の会社で働きつづけてよいのだろうか?」という疑問が浮かんだことから転職を決めた女性の事例です。職場環境と仕事内容に不満はありませんでしたが、さらなるスキルアップを目指して転職を決意

キャリアアップがのぞめて時代に左右されない職業を探しているときに、コンサルタントという仕事を見つけたそうです。転職サイトを活用して自分に足りないものをインプットしながら就職活動を続けた結果、希望していた会社への転職に成功。現在も育児をしながら、コンサルタントの仕事を続けています。

事例からわかるコンサルタントの転職

コンサルティング会社に就職した人の多くは、自身のさらなるキャリアアップのためという理由で転職を決めた人がほとんどのようです。コンサルタントという仕事は必要とする企業がある限り消える可能性がほとんどない職業といえます。平均年収からも需要が高い職業といえるでしょう。とくに経営戦略、システム系のコンサルタントは重宝されているようです。

企業によって求められるスキルが変わってくるので、前職で培ってきた経験や技術などが活かせる可能性があります。転職の際には、どのような企業のコンサルティングを行ってきたかを確認してみると良いかもしれません。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ