転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » 編集者

編集者

活躍の場は多様化傾向あり!30代の編集者への転職

このページでは、汎用性と専門性の両方が求められる編集者という仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

    ページ内目次

  1. 市場縮小傾向の出版業界で考えるべき転職
  2. 30代編集者の平均年収はどれくらい?
  3. 企業が欲しがる人材とは
  4. 企業が見ているスキル・資格
  5. 編集者に向いている人の特徴
  6. 編集者に向いていない人の特徴
  7. 30代の編集者への転職事例
  8. 事例からわかる編集者の転職
  9. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

市場縮小傾向の出版業界で考えるべき転職

年々、書店も出版社も右肩下がりとなっている業界で、異業種に転職しようという編集者は多々いても、異業種から編集者になろうという人はあまりいないかもしれません。

しかし、特定ジャンルで強みを持つ専門メディアや、メディアミックスで独自性を発揮している媒体社なら、今後も時代の変化に適応できる可能性があり、これから編集者になろうという人にはチャンスかもしれません。

編集者は媒体によって必要なスキルが異なる

従来的な出版社の編集者でいえば、書籍雑誌マンガといったアウトプットの違いによって役割に違いがあります。現在、これにウェブコンテンツも加えれば、活躍するシーンは拡がっているともいえます。

また、出版社やコンテンツを持っているサイトは媒体社となりますが、媒体社や企業からの受注でコンテンツ制作をする制作会社にも編集者というポジションがあります。

30代編集者の平均年収はどのくらい?

編集者の平均年収は474万円となっています。年収の差を分けるポイントは出版社の規模です。中小規模の出版社だと250万円前後、大手だと500万円以上と考えるとよいでしょう。経験や実績で上下するものの、高年収を狙うのであれば大手出版社への転職を考える必要があります。

年齢で平均年収を比べると30代の平均年収は500~685万円となっており、編集者は30代平均年収でやや低い傾向にあることがわかります。出版業界はビジネスモデルの変化が起こっているので、紙媒体がメインの企業だと平均年収が上がる可能性は低いと考えられます。

ただし、大手出版社に勤めている場合は1000万円を超える年収を期待できるのは魅力です。年齢に合わせてのキャリアアップを考えての昇給が難しいところがあるため、転職の際は大手出版社を軸に検討しましょう。

30代編集者で求められる人材・求められるスキル

企業が欲しがる人材とは

企業が欲しがる編集者に不可欠なものは、編集者としての実務経験です。これは紙媒体やWeb媒体を問わず、専門職の高い出版業界で働く上で重視されるポイント。正社員として働く場合、必須の条件です。未経験の場合は、ライターや編集アシスタントなどで経験を積みながらキャリアップを目指す必要があります。

企業によっては膨大な仕事量があるので、体力もあるのが望ましいといえるでしょう。また、時代のニーズに合わせた企画を必要とするので先見性・独自性が必要です。他人からの指示を待つのではなく自分で情報収集を行い、売れる企画を立てられる努力ができる人材を企業は求めています。

企業が見ているスキル・資格

編集者に資格は必要ありません。大事なのは、企画に対する情熱です。書籍・雑誌・Webといったどの媒体でも人の心を動かす企画を作り、完成させる必要があります。そのために、プライベートより仕事を優先させる一面にやりがいを感じなくてはなりません。収入以上の仕事を求められても、自分の好きなことをやり遂げる覚悟が必要です。

さらに一人では企画を完成させることはできないため、ライター・カメラマン・デザイナーとの進行を管理する能力も大事です。柔軟なスケジュールを立て、企画を進めていく力は編集者必須のスキルといえます。

編集者に向いている人、向いていない人の特徴

編集者として企業が求めているのはどのような人材か、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

編集者に向いている人の特徴

編集者に向いていない人の特徴

30代の編集者への転職事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

制作会社ディレクターから媒体社の編集への転職事例

前職はクライアントからの受託業務として教材を制作していましたが、長時間通勤などの理由から転職を考えた事例です。

経験を活かして仕事の幅を広げたいという考えはあったものの、明確なビジョンがあるわけではなく、転職エージェントに紹介された企業からもらった内定を断ったりもしています。

最終的には就職情報を扱う企業に転職、編集・制作を担当していますが、この過程で仕事に求める優先順位などの気づきを得ています。

制作会社ディレクターから媒体社の編集への転職事例

担当していたフリーペーパーの編集部がなくなることになり、転職活動を余儀なくされたケース。

出版社への転職を希望していたものの求人自体が少なく、代わりに転職エージェントから紹介されたのはウェブ関連の企画編集に関する求人でした。

いわゆるコンテンツ制作の会社に複数応募して、最終的に決めたのが現職。もともと本人も利用していた検索サイトで、業務内容も希望にマッチするものでした。

35歳女性編集者の転職事例

今までより高い年収を目指したかったのが転職理由のケース。海外生活が長かったので転職エージェントから転職で必要なことや履歴書のポイントを教えてもらい、スムーズに転職できました。登録したエージェントは5社で、応募は3社。転職活動期間は3ヶ月でした。

自分だけでは得られない客観的な視点がとても役に立ち、自信を持って転職活動に望めたのが良かったとのことです。自分の良さを改めて認識することができ、いろいろなリクルーターと話すことで、自分の考えが整理されたというのもポイント。前向きな言葉をかけてもらったのも嬉しかったとのことでした。

36歳観光業から編集への転職事例

将来の自分がどう働きたいかを考えた結果、同じ仕事ばかりではなく幅広くできる仕事をしたかったので思い切って異業種へ転職をしようと考えたケース。

いくつも応募して落とされ続けたため、エントリー数を増やすアドバイスや履歴書・職務経歴書の修正を転職エージェントがレクチャー。おかげで書類審査の通過率も上がり、転職成功のきっかけになったとのことです。転職エージェントの方からの的確なサポートのおかげで、面接や自己分析がスムーズに進みました。また、基本的なマナーや挨拶などを改めて確認できたのもありがたかったと話されています。

事例からわかる30代編集者の転職

編集者への転職が成功した人の特徴は、客観的な視点で自分の強みや弱みを把握していることです。転職を機会に自己分析をはじめ、自分の長所と短所を把握することで転職時の面接や履歴書の作成がスムーズにいっています。

転職する理由・仕事への姿勢や価値観は人それぞれですが、転職したい気持ちと転職への理由が明確な人ほど良い職場へ転職できています。企業も自分のやりたいことを的確に言葉にできる人材を評価してくれるようです。転職の際には、今までとこれからを考えて転職への姿勢を整えましょう。そうすれば、転職成功へ大きく近づきます。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ