転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » 管理職

管理職

ポストとのマッチングが重要な30代の管理職への転職

肩書きではなく実務のリーダーシップが求められる管理職という仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

30代の管理職未経験者は管理職に転職できる?

企業規模にもよりますが、そもそも管理職は物理的なポスト数が限られるので、30代だと豊富な管理職経験を持つ人は少ないでしょう。

ただし、転職の際は肩書きよりも実務のリーダーシップを重視するので、役職には就いていなくてもプロジェクトの中心人物だった実績などはアピールポイントになります。

ポストとのマッチングは転職のプロに相談

企業にとって重要な管理職ポストは非公開求人されるケースも多く、転職エージェントに相談するなどして、マッチングを見極める必要があります。

その際、40代の経験豊富な人物と勝負する可能性もありますし、企業側の詳細なニーズを知る上で、専門家のアドバイスは不可欠です。

管理職に向いている人、向いていない人の特徴

管理職として企業が求めているのはどのような人材か、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

管理職に向いている人の特徴

管理職に向いていない人の特徴

30代の管理職への転職事例

30代の転職事例をピックアップして紹介します。

Jリーガーから上場企業管理職への転職事例

このケースはJリーグなどでプロサッカー選手として活躍した人物がセカンドキャリアとしてビジネスマンになったという、異色の転職事例。

引退後、大学に復学してMBAを取得するなどして、複数社からは採用を断られたものの、結果としては中途採用によって上場企業に就職しました。

在阪企業から在京企業への転職事例

前職は大阪本社の企業で、一旦退職した上で東京にオフィスがある企業への転職活動をしたケース。

当初はアパレルに限定せず転職活動していたものの不採用の連続。39歳という年齢や中間管理職というポストの需要とマッチしなかったのかもしれません。

最終的な転職先を紹介してくれたのは転職エージェント。

履歴書の細かな添削などもあって、同業他社でもより規模の大きなアパレルメーカーに決まりました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ