転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » 看護師

看護師

思いやりと強調性がカギとなる30代の看護師転職

30代で看護師への転職を成功させるコツ

人材不足が問題になっている看護師という仕事。適性や30代での転職した人の事例を紹介しています。

    ページ内目次

  1. 看護師の平均年収はどのくらい?
  2. 企業が欲しがる人材とは
  3. 企業が見ているスキル・資格
  4. 看護師に向いてる人の特徴
  5. 看護師に向いてない人の特徴
  6. 30代の看護師への転職事例
  7. 事例からわかる看護師の転職
  8. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

看護師の平均年収はどのくらい?

看護師の平均年収は525万円です。30代平均は437万円となっており、30代前半が459万円、30代後半が477万円となっています。

正看護師は全体的に比べて高い水準にあるようです。病院・科目によっては命に関わる仕事をしているので、必然的に収入が上がるでしょう。新卒から勤務している場合、30代は10年以上のベテランと呼ばれる領域。重要な役割を果たしたり、若手の育成・指導者役として活躍したりすることもあるため、年収がアップすることも多いでしょう。

女性看護師の場合、20代までは男性よりも年収が高い傾向にありますが、30代になると出産や育児などに追われるため時短で働いたり、夜勤を免除してもらったりしているケースが多いため平均年収が下がる傾向にあります。

看護師で求められる人材・求められるスキル

企業が欲しがる人材とは

採用側として求める人材は気力・体力がある方です。看護師は医師からの細かな指示に応えたり、患者さんに薬を投与したりする仕事。薬の量を間違えないために集中力が求められ、常にシビアな環境であるためストレスがたまりやすい職種です。看護師は気力・体力がタフでないと務まりません。

「患者さんの命を救う・守る」という使命を持って働くことも重視されます。優しさを持って患者さんに接することは大事ですが、患者さんが嫌がる治療でも患者さんの命を守るために心を鬼にして対応することも必要です。自分や他人の感情に流されず、使命感を持ち続けられる人が看護師にふさわしいと言えます。

企業が見ているスキル・資格

看護師になるためには看護師国家試験で合格する必要がなります。看護師国家試験の受験資格を得るためには、看護大学で4年間、または看護短期大学・看護専門学校で3年間通うことが必要になります。

助産師を目指す場合には、看護師国家試験に合格し、さらに文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した助産師養成コースを設置した学校で課程を修了。加えて、助産師国家試験で合格しなければなりません。

近年看護のニーズが高まっているので、看護師を要請する学校が増えてきています。看護師国家試験の合格率は例年9割以上と高いので、普段からしっかり勉強していれば受かるでしょう。

看護師に向いている人、向いていない人の特徴

看護師に向いているのはどういう人材なのか、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみました。転職を成功させるためのポイントとしてチェックしておきましょう。

看護師に向いてる人の特徴

向いているのはお世話・話し好きな人

看護というのは「看=対象をよく見る」、「護=守る・助ける」の意味を持っています。患者をよく観察し、異常があればいち早く察知して患者を危機から守るのが看護師の仕事です。人とコミュニケーションが取るのが好きで、常に相手の視点で考えられる人材が求められます。きちんと相手の言葉に耳を傾けられなければ、患者の些細な体の異変に気付くことが難しいためです。

また、看護師として働くには、協調性も必要です。看護師は、医師や理学療法士などの医療関係者と連携を取りながら、仕事を進める必要があります。チームで仕事を進めること・自分に何ができるのかを自覚して行動できる人が看護師に向いているでしょう。そして、何より大切なのは「看護師」になりたいという強い想いです。

看護師に向いてない人の特徴

優し過ぎる人は看護師には向いていない

看護師が働く医療現場は、常に死と隣り合わせです。担当している患者・よく会話をしていた患者が亡くなる場面に遭遇したとき、あまりにも優しい人は立ち直れなくなるほどメンタルへのダメージを受けてしまいます。そのダメージを乗り越える強さを持ち合わせていれば大丈夫なのですが、気持ちを切り替えられない人は不向きかもしれません。優しさは患者に対して思いやりを持って接する上で、プラスの要素ではあります。しかし、優し過ぎる場合は、それがあだとなってしまうのです。

また、看護師は医師をサポートするために、細かな手先の動きが必要となります。そのため、手先が不器用過ぎる人は不向きです。患者の立場になるとわかると思いますが、採血をするときに不器用そうな看護師さんに対応してもらった場合、安心して任せることはできませんよね。また、医療技術はどんどん更新されていくため、学ぶことをやめてしまうと新しい技術についていけなくなります。看護師になった後も、勉強会や講習会に参加する姿勢が大切です。

30代の看護師への転職事例

一会社員から看護師への転職事例【31歳 女性】

地方の小さな会社に勤めをしていた女性が看護師へ転職したケース。

会社の業績が徐々に落ち込んでしまい、地元から離れた会社に出向することになりました。地元から離れて仕事を続けるうちに、故郷で働きたいと思いが強くなり転職を考えるようになったそうです。

やりがいがあり、安定して働ける条件で仕事を探していたところ、看護師として働いていた実の妹から「人手が足りていないから、資格を取れば就職できると思うよ」というアドバイスをもとに、看護師を目指し始めます。独学での勉強しながら看護予備校へ通い、看護学校を卒業した後、転職を成功させました。

8年間のブランクを経て看護師へ転職した事例【37歳 女性】

8年のブランクを経てクリニックの看護師へと転職をしたケース。

元々看護師として働いていましたが、出産を機に看護師を退職。その後、子供が小学校に入学したタイミングで昼間だけ働ける職場を探すために、転職エージェントに登録したそうです。

そこで出会ったコンサルタントは親身になって、希望と合致する職場を紹介してくれたそう。紹介されたクリニックは忙し過ず、ブランクを埋めるリハビリ的にもちょうど良かったとのことです。

夜勤なしで、大幅に年収アップした転職事例【年齢不詳 女性】

日勤勤務を維持しながら、130万円年収アップに成功した転職したケース。

前職では、給料が不安定だったため、転職を希望。母子家庭で子供の大学へ行かせるためにも更なる収入アップを望んでいたようです。病棟勤務で夜勤の回数を多く取り入れて収入を上げることも考えましたが、家庭と仕事の両立させることが困難であることと、年齢を重ねるごとに身体的負担を考慮すると現実的に厳しいと判断したそうです。

これまでの経験を活かしたスキルアップできる働き方を求め、看護師の転職支援サイトを活用。前職の給与400万円から530万円にまでアップし、理想の職場を見つけることができたようです。

労働環境が良く、年収アップに成功した天職事例【年齢不詳 女性】

残業がなく、給与の高い職場へ転職したケース。

前職では病院がとても忙しく、時間外労働が当たり前だったそうです。家族の時間も大切にしたいと思い、プライベートの時間も大切にしながら働ける職場を探すことを決意。

転職サービスを利用して、「残業が少なく給与がアップする」ことを条件に探してもらったそうです。10件ほどピックアップしてもらい、両親の介護のことを考慮して自宅から近い職場を希望し、転職。残業が少ないうえに前職の年収420万円から100万円アップの520万円までに給与アップすることができ、とても満足しているようです。

事例からわかる看護師の転職

同じ看護師という職業でも、職場によって給与や労働時間に大きな差があるようです。看護師は夜勤が多いので体力的な問題、長時間労働、安い給与などが原因で離職率が高いのです。

また、女性看護師の多くは結婚や出産を機に退職をする人も多いですが、子どもがある程度成長して働く余裕がうまれると、現場に戻る人も多いようです。日本の医療現場ではどこも看護師不足の問題が続いているため、復職・転職先が比較的見つけやすいのは大きな魅力と言えます。

しかし、転職を経験した看護師の多くは転職で失敗している人も少なくありません。転職先で再び後悔しないためにも、職場の特徴・雰囲気・雇用条件をしっかり確認することが重要。転職サイトや転職サービスなどを活用し、あなたに合った理想の職場を見つけていきましょう。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ