転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » 公務員

公務員

民間での経験が重要となる、30代の公務員への転職

国や地方自体で公的業務を行う公務員について、30代で転職できるのか事例などをもとに紹介します。

    ページ内目次

  1. 公務員の平均年収はどのくらい?
  2. 官公庁が欲しがる人材とは
  3. 官公庁が見ているスキル・資格
  4. 公務員に向いている人の特徴
  5. 公務員に向いていない人の特徴
  6. 30代の公務員への転職事例
  7. 事例からわかる公務員の転職
  8. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

公務員の平均年収はどのくらい?

マイナビの2018年版職種別もげる年収ランキングでは、技術職の公務員であれば平均年収は732万円です。

地域手当、扶養手当、超過勤務手当など、諸手当が含まれています。国家公務員と地方公務員では年収に違いがあり、国家公務員は法律によって職種ごとに給与が定められているもの。

地方公務員は勤続年数に応じて増えますが自治体によって大きな差があり、特別区や法令都市は高い傾向にあります。技術系から事務、教育機関など多岐に渡り、職種によっても変動するようです。

公務員で求められる人材・求められるスキル

官公庁が欲しがる人材とは

30代で公務員へ転職を目指す場合、民間での経験やスキルが求められています。

国家公務員の採用試験は、30歳未満という年齢制限が設けているため転職は難しいでしょう。ですが、「経験者採用試験」や「中途採用」があり、それを利用すれば30歳以上でも転職は可能です。

係長級、課長補佐級の職員採用を目的としているので、希望する職種の民間での実績やマネジメント力も不可欠でしょう。さらに公務への関心と、奉仕精神を持っているかも重要視しているようです。

地方公務員も「経験者採用」や「中途採用」があり、経験はもちろんのこと「地域が好きで地域の一員として貢献したい!」という熱い気持ちを持った人材が求められています。

官公庁が見ているスキル・資格

公務員と一口に言ってもさまざまな職種があり、応じて求められるスキルや資格は異なります。土木・建築・農業・心理といった専門職であれば、分野に特化したスキルや資格をチェックされるでしょう。

窓口や事務の一般職であれば、資格は必要ありません。学歴や年齢などの条件をクリアしていることが最低条件です。経験者採用試験の場合は、民間企業で正社員として勤務した年数や経験もチェックされます。

公務員に向いている人、向いていない人の特徴

ここでは、校務員に向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

公務員に向いている人の特徴

公務員に向いてない人の特徴

30代の公務員への転職事例

将来への不安から地方公務員への転職事例【30代:女性】

営業で10年間働いていたのですが、会社の業績不振に伴い将来に不安を感じ公務員試験を受験しようと決意しました。民間経験者採用枠を目指し、教養や面接などの対策や勉強に打ち込みました。会社勤めをしながらの勉強は、いかに効率良く行うかが課題。細切れ時間をうまく活用して勉強したのが、合格に結びついたのだと思います。面接では自己PRのほかに、社会経験をどう活かすかをアピールするといいですね。

事例からわかる公務員の転職

中途採用であろうと、筆記試験と面接があるようです。臨時職員や嘱託職員であれば難易度は低くなりますが、転職で考えると求めるものは異なるかもしれません。30代で公務員に転職を目指す場合、働きながら試験対策を行うのはかなりハード。専門学校に通い試験を受ける方法もありますが、転職エージェントを活用する方法もあります。地方公務員や団体職員の求人情報が掲載されているので、これまでのキャリアを活かした求人が見つかるかもしれません。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ