転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » 販売員

販売員

成長性や将来性で選ぶ30代の販売員への転職

このページでは、多様なスキルやセンスが必要な販売員という仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

店舗によっては多様なスキルやセンスが必要

30代の販売員は現場で複数の役割を求められることが多々あります。

販売促進商品管理はもとより、若手やアルバイトスタッフの人事管理であったり、ディスプレイやキャンペーンなどマーケティングの素養も求められることがあります。

将来性のある業種や企業を選ぶ

30代から販売員にチャレンジする場合の、その会社内でのステップアップだけでなく、企業及び業種として成長性・将来性があるところを選ぶこと。

30代で斜陽産業の販売員になった場合、社内で昇進できても将来の不安は拭えません。

販売員に向いている人、向いていない人の特徴

販売員として企業が求めているのはどのような人材か、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

販売員に向いている人の特徴

販売員に向いていない人の特徴

30代の販売員への転職事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

テレビ制作ADから自動車販売員への転職事例

20代はADとして過ごし、同期がディレクターに昇進する中、自分の才能の限界を感じて転職を決意したケース。

転職サイトに登録して、明確なビジョンを持たずに進めた転職活動でしたが、半年ほど経って内定が出たのが自動車販売会社でした。

当初、まったく車を売ることができず悩んでいた時期、先輩も同様だったことを聞き、初めて車を売った時の達成感を得たことがターニングポイント。

一見、失敗した風の転職ですが、やりがいを見つけて売上成績トップを目指すほどに成長しています。

臨床獣医師から企業内獣医師への転職事例

小動物の臨床獣医師として2つの動物病院で勤務した経験があり、引越をきっかけとして異業種への転職にトライしたケース。

動物病院の勤務医として社会人経験はあるものの、転職活動をする中で気付かされたのが一般企業におけるビジネススキル不足

企業勤務や研究経験がないと要件を満たせない求人が多く、転職エージェントに相談したわけです。

そこで提案されたのが外資系ペットフードメーカー。販売店に足を運んで現場を見るなどして共感した結果、この企業に入社することになりました。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ