転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » システムアナリスト

システムアナリスト

SEのスキルとコンサル力が重要な30代のシステムアナリストへの転職

システム開発の企画・基本構想を決めるシステムアナリスト。仕事の適性や30代の転職事例を紹介しています。

    ページ内目次

  1. システムアナリストの平均年収はどのくらい?
  2. 企業が欲しがる人材とは
  3. 企業が見ているスキル・資格
  4. システムアナリストに向いている人の特徴
  5. システムアナリストに向いていない人の特徴
  6. 30代のシステムアナリストへの転職事例
  7. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

システムアナリストの平均年収はどのくらい?

2018年の職種別年収平均ランキングによると、システムアナリストの平均年収は1,100万円です。

一般的な開発エンジニアやSEは600万円からなので、かなり高収入が期待できる職種でしょう。経営戦略に基づいてITシステムの構築や分析、課題抽出と改善案を求められる高度な仕事なので、比例して年収も高くなる傾向にあります。

システムアナリストで求められる人材・求められるスキル

企業が欲しがる人材とは

エンジニアとしての高いITスキルはもちろんのこと、営業やコンサルタントのスキルを求められます。システムエンジニアは個のスキルに重きを置いていると見られがちですが、システムアナリストはシステム構築を行うために、現状の課題や要望などをヒアリングする必要があるからです。

アナリストとしての経験はなくても、システムエンジニアとしての経験が豊富であれば転職が成功する確率が高くなります。

企業が見ているスキル・資格

必要な資格はありませんが、ITスキルを証明するための資格を持っているとよいでしょう。

例えば、経済産業省が認定する「ITストラテジスト試験」はIT系の資格のうち、医師や弁護士と同様に厚生労働大臣から指定されている唯一の資格です。ほかには「情報処理技術者」といったエンジニア資格も有効です。

システムアナリストになるためには、最低でも10年ものSE経験が必要と言われているため、これまでの経歴やプロジェクトマネージャーとしての経験もチェックされる可能性が高くなります。

システムアナリストに向いている人、向いていない人の特徴

システムアナリストに向いている人、向いていない人の特徴を紹介します。スムーズにキャリアプランを構築するためにチェックしましょう。

システムアナリストに向いている人の特徴

コミュニケーション力が高い

システムアナリストは営業の側面もある仕事です。クライアントの担当者と話し合う機会も多いので、コミュニケーション能力は高いに越したことはありません。

論理的思考を持っている

客観的に分析する必要があるため、論理的な思考が得意な人に最適な職業です。論理的な思考ができていると、道筋を立てて説明ができるので、提案内容が通りやすくなります。コンサルタントの立ち位置で働きたい方に向いています。

IT技術の知識と経験がある

システムアナリストは必須資格が特にないため、そのぶん個人の知識と経験が重要視されます。IT技術の知識と経験があると提案への説得力が違ってくるため、システムアナリストに直結せずともIT関係の資格をもっていると転職に有利です。

システムアナリストに向いてない人の特徴

30代のシステムアナリストへの転職事例

30代のシステムアナリストへの転職事例は見つかりませんでした。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ