転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 【職種別】30代転職者に求められる知識やスキル » webデザイナー

webデザイナー

30代のwebデザイナーへの転職

このページでは、センスと技術力の両方が求められるWebデザイナーという仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

    ページ内目次

  1. 変化の激しいWebデザイナーへの転職成功のポイント
  2. Webデザイナーの平均年収はどれくらい?
  3. 企業が欲しがる人材とは
  4. 企業が見ているスキル・資格
  5. Webデザイナーに向いている人の特徴
  6. Webデザイナーに向いていない人の特徴
  7. 30代のWebデザイナーへの転職事例
  8. 事例からわかるWebデザイナーの転職
  9. 転職先探しで成功するためにプロのサポートを受けよう

変化の激しい業界における30代のWebデザイナーへの転職

このページでは、センスと技術力の両方が求められるWebデザイナーという仕事に対する適性や、30代の転職事例などを紹介します。

デザイナー職でも未経験者の転職は要注意

近年よくあるのが印刷物のデザイナーからWebデザイナーへの転職。

この場合、グラフィカルな意味でのデザインスキルには共通性があるものの、コーディングやUI設計など、Webデザインにはより技術的バックボーンが不可欠となるため、最新技術にキャッチアップできないと成長は見込めません。

ビジネス的センスを身に付けたい

Webサイト制作はコンテンツ管理システムなどの発展によって、専門知識がなくてもサイト構築及び更新が可能な時代になっています。

その分、Webデザイナーは使い勝手向上や離脱率ダウンといった成果を達成すべく、デザイン設計できるスキルが求められます。

Webデザイナーの平均年収はどのくらい?

Webデザイナーの30代平均年収は約380万前後です。30代前半の平均年収は約330万円、30代後半の平均演習は約430万円となっています。

一般的な年齢別の年収モデルだと、30代の平均年収は約615万。30代前半は約580万円、30代後半は約650万円ですので、平均で200万円以上と差があります。

これはWebデザイナーが働く環境は、中小規模の企業が多いからと言えます。一部では高い給料を得られるWebデザイナーもいるようですが、近年はWeb制作会社の数も増えて競争が激しくなっているため、単価が低下傾向です。

平均年収を上げるには、WebデザイナーからWebディレクターやプロデューサーへキャリアアップを目指すか、相応のスキルを身につける必要があると言ってよいでしょう。

Webデザイナーで求められる人材・求められるスキル

企業が欲しがる人材とは

時代の流れとともに、Webデザイナーに求められる役割は幅広くなっています。以前はHTMLやCSSを基本スキルに、JavaScriptなどのプログラミング言語を扱えると一人前のWebデザイナーでした。

しかし、今はサイトを作るだけでなく、サイト制作に関わる全般的な知識やスキルが必要になっています。プログラミングもよりさまざまな言語ができなくてはなりません。

また原稿の作成や写真撮影といった直接デザインに関係のない仕事を求められることもあります。Webデザインができるだけでは、給与を上げることも難しくなるでしょう。常に最新技術を習得する・知識を深めるなど自主学習を行なえる人材を企業は求めています。

企業の求める成果のため、自分を磨き上げられる人になると良いでしょう。

企業が見ているスキル・資格

Webデザイナーに関係する「ウェブデザイン技能検定」は国家資格なので、取得していて損はありません。ですが、Webデザイナーは資格よりもスキル面を最重視する職業です。

サイトをデザインするWebデザイナーは、デザインの説明を論理的に言語化できなくてはなりません。「自分が良いと思う」感性に任せたアートではなく、「クライアントの成果につながる」論理的なデザインを企業は求めています。

また、相手に伝わるように話せるコミュニケーションも欠かせません。デザインの考えをきちんと組み立てられるスキルがあれば、どの企業でも問題なくやっていけるでしょう。

Webデザイナーに向いている人、向いていない人の特徴

Webデザイナーとして企業が求めているのはどのような人材か、向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみましょう。

Webデザイナーに向いている人の特徴

Webデザイナーに向いていない人の特徴

30代のWebデザイナーへの転職事例

ネットで見つけた30代の転職事例をピックアップして紹介します。

激務の職場から環境を変えた転職事例

ファッションとWebデザインの両方に興味があった前職。激務という背景もあり、結婚を機に退職したケース。

転職先探しはクリエイティブに対するこだわりがあり、何社か受けたものの本人と企業側とのマッチングがうまくいきませんでした。

結果的にはファッションの一ジャンルともいえるメガネの小売チェーンに決まり、Webデザイナーとしてやりがいのある職場を得ています。

30代後半の未経験者によるWebデザイナー転職事例

年々厳しくなる印刷業界からWeb業界へ、30代後半で転職に成功したケース。

転職活動ではWebデザイナーの求人に応募するものの、未経験ということもあって約70社から不採用とされてしまいました。

最終的に決まった現職はWeb制作とチラシ制作両方を請け負っている会社で、経歴を活かしつつ新しい業務にもチャレンジしています。

30代前半の経験者によるWebデザイナー転職事例

広告制作会社で広告デザインやゲームのFlash担当として、さまざまな業務を行なっていた前職。もともと、エンジニアとしてキャリアをスタートしており、Web業界の流行を押さえた業務をしたいと転職したケースです。

スキルアップを求めての転職ですがキャリアも十分に積んでいるため、転職後は年収が約30万円アップしました。転職コンサルタントの力を借りたことで、希望に合いそうな企業を可能な限り受けられたのがポイントです。

30代前半の経験者によるWebデザイナー転職事例

Webデザイナー以外の業務が増え、将来のキャリアを考えた上でWebデザインをメインにした企業への転職を決めたケースです。

他業種からの転職でWebデザイナーになったこともあり、経験が2年と浅い点が不安要素でしたが、転職エージェントの力を借りて無事に希望の企業へ転職できました。

給与面のアップは20万円ですが、求める仕事に携われる点を大事にした上での決定なので成功と言えるでしょう。転職後は成長できる企業で、Webデザイナーとしてのスキルを磨いています。

事例からわかるWebデザイナーの転職

Webデザイナーは未経験でも募集している企業もあり、他業種からチャレンジできる技術職。求められているスキルは年々高くなりますが、今までしていた仕事と方向性を大きく変えるなら検討したい職業のひとつです。

ある程度経験を積み、他の企業へWebデザイナーとして転職する場合は給与とスキルを天秤にかけて、どちらを重視するかが転職の成否を分けます。

自分のキャリアプランを考える場合や希望する環境への転職は、転職エージェントの力を借りた方がスムーズです。自分一人での計画が難しい場合は、相談してみてください。

結論

30代で転職成功するにはプロのサポートが必要

一番重要なのは【転職先の見極め】です。ただ、そこに注力しようにもやるべき準備が多すぎます。働きながらの場合なおさらです。転職エージェントは無料でしかもカウンセリングを通し客観視した分析でアドバイスをもらえるので、自分によりマッチした求人を幅広く紹介してもらえます。プロのサポートを受けることが理想の会社を見つけるカギです!
あなたのキャリアだからこそ
本当は広がる可能性
リクルートエージェントの
転職支援サービスに相談する
関連ページ