転職成功者から学ぶ 30代で最高の仕事に出会う方法
転職成功者から学ぶ30代で最高の仕事に出会う方法 » 私はこうして転職できた!30代での転職成功者座談会

私はこうして転職できた!
30代での
転職成功者座談会

成功者から学ぶ30代転職の秘訣とは
単純に「したい!」という気持ちだけでは難しい30代の転職。希望の会社、叶えたい年収、自分の経歴…、全ての条件がぴったり当てはまる転職先が簡単に見つかるわけではありません。理想の仕事やキャリアを手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?30代での転職成功者に話を聞いてみました。
座談会の参加者はこちら
  • 38歳沼田さん
    転職回数:3
    同業種へ転職
    大学卒業後、業務用スーパーに入社。2年後、もともと希望していた広告代理店の営業へ。30歳のとき知り合いの紹介でWEB制作会社に転職するも、経営が不安定になり、転職エージェントを使って再び広告代理店の営業に転職。
  • 35歳山崎さん
    転職回数:5
    異業種へ転職
    大学を卒業し、商社の営業マンに。しかし長く続かず、退職してバイトを転々としてデータ入力やコールセンターを経験。やりたいことを見つけられないまま30歳を過ぎた頃、転職エージェントの紹介でWEBディレクターの道へ。
  • 31歳加藤さん
    転職回数:6
    同業種へ転職
    高校を卒業後、30歳になるまで飲食店やIT企業などでさまざまなアルバイトを掛け持ち。その中でゲームのデバッグやアシスタントの仕事でゲーム業界に興味を持ち、転職エージェントの助けを借りながらゲームプログラマーで正社員に。
  • 30歳大谷さん
    転職回数:1
    異業種へ転職
    大学卒業後、地元の出版社に就職。編集の仕事を4年半続けた後、憧れだったWEBデザイナーになるためにWEB制作のスクールへ。学校に通いながら転職エージェントを使って転職先を探し、晴れてWEBデザイン会社への転職に成功。

転職活動期間と利用したエージェントは?

  • 沼田
    さん
    期間は3か月。エージェントは、インテリジェンス(現DODA)、リクルートエージェントを利用しました。
  • 山崎
    さん
    僕は半年くらい。マスメディアンと、リクルートエージェントを利用しました。
  • 加藤
    さん
    期間は2か月です。利用したエージェントは、リクルートエージェント、ワークポート、Geekly(ギークリー)。
  • 大谷
    さん
    トータル半年ですが、エージェントを利用してからは2か月で決まりました。キャリアトレック、リクルートエージェント、エンエージェントを利用しました。

どうして転職を考えたの?

座談会風景
  • 山崎
    さん
    僕は単純に、WEBディレクターという仕事に興味を持ったからです。ずっとやりたいことが見つからずにいろんな会社を転々としてたので、「そろそろ自分に合う仕事を見つけたい」と思っていました。
  • 加藤
    さん
    僕もそんな感じです。飽き性だからいろんなバイトを掛け持ちしてフリーターをしてたんですが、30歳になるしそろそろ手に職つけなきゃなって。ゲームを作ることに興味があったんで、ステップアップしたいという思いもありました。
  • 沼田
    さん
    僕はやりたいことが明確で、広告代理店に行きたいと思っていました。もうすぐ子どもが生まれるというタイミングでもあったので、転職するなら今のうちかなと。
  • 大谷
    さん
    私は出版社でずっと紙媒体の仕事をしていて、次はWEBをやりたいと思ったからです。未経験で不安もあったんですが、憧れだったので思い切って転職を決意しました。

転職エージェントを利用した理由は?

  • 山崎
    さん
    受かるコツを教えてくれそうだと思ったからです。未経験で不安だったので…。
  • 大谷
    さん
    未経験はハードル高いですもんね。私も未経験だったので、アドバイスがほしくてエージェントを利用しました。あと地方に住んでいたこともあって、地元にはWEBデザイン会社が全然なかったんです。東京に出ると決めたはいいけど、たくさんの求人から希望に合う会社を見つけるのは難しそう、と思ったのも理由のひとつでした。
  • 加藤
    さん
    僕はバイトで同じ業種を経験してましたが、それでも1人では不安でしたね。恥ずかしながら学歴がないのと、フリーターしてたので印象が悪くなるんじゃないかって。
  • 沼田
    さん
    僕は時短のためです。働きながら転職活動をしていたので、僕の代わりに求人を探してくれるっていうのは魅力的でしたね。非公開求人も紹介してくれるので、知らない会社を知れるのも良かったです。

転職エージェントがしてくれたサポートって?

座談会風景
  • 山崎
    さん
    非公開求人の紹介を頻繁にしてくれました。応募する際には、職務経歴書の添削もしてくれましたよ。
  • 沼田
    さん
    職務経歴書の添削、助かりますよね。自分で「こんな感じかな?」と思って書いた文章が5行くらいだったんですけど、お手本は時系列に沿って細かく書かれた、30行×3ページ。質も量も全然違ってた(笑)。
  • 加藤
    さん
    僕の場合は、口頭で話したことを職務経歴書に起こしてくれるサービスがありました。担当の方と話したことをもとに、希望の職種に合わせて情報を書き加えたりするんです。例えばWEB系を狙っているならWEB系の経験を小さなことでも必ず書くとか。ほかにも具体的な数字を入れたほうがいいってアドバイスももらいました。
  • 大谷
    さん
    私はデザイナー希望だったので、ポートフォリオの作成についてはたくさん質問しました。美術大学を出ているわけでもなかったので、作り方が分からなかったんですよね。求人を探すときもすごくお世話になりました。条件をいっぱい出してたんですけど、条件に合っていて、なおかつ未経験の私でも入れそうな会社を紹介してくれたんです。自分1人じゃ今の会社に出会えてなかったと思います。
  • 沼田
    さん
    応募する会社に合わせてアピール方法を教えてくれたのも助かりました。企業のことをよく知っているエージェントだからこそできるサポートですよね。

転職エージェントを利用して良かったところは?

  • 山崎
    さん
    第三者の目が入るってところですね。僕は客観視が苦手なので…。職務経歴書のチェックもそうですけど、「この求人いいかも」って思ったときでもストップをかけてくれる。「この会社はこういう人が求められているから合わないと思う」「あなたにはこういう長所があるからこういう業種はどうか?」って言ってくれるんです。無職の状態で仕事を探していて焦ってたので、冷静にアドバイスしてくれるのは助かりました。
  • 大谷
    さん
    たしかに視野が広がる感じがありますね。自分では探せないような求人を紹介してくれたおかげで、今の仕事を見つけられたと思います。
  • 沼田
    さん
    僕は一緒に考えてくれたことが良かった。1人で戦うのって、きついんですよね。年齢や家族のこともあって「次は間違えられないな」っていうのがあったんで。精神的にも時間的にも助かりました。
  • 加藤
    さん
    それ分かります。味方がいてくれる心強さというか。僕は応募する会社の雰囲気を教えてもらえるところが良かったな。
  • 沼田
    さん
    ああ~、それ大事ですね。僕、自分で探して入った2社目の広告代理店で年収が下がったんですよ。面接で言われた年収が、真っ赤なウソで。やりたい仕事だったからがんばったけど、100万くらいダウンしたのでその年の税金が大変なことになりました(笑)。
  • 大谷
    さん
    それつらいですね…!
  • 沼田
    さん
    そうなんですよ。だから3回目の転職ではエージェントにそのことを伝えていました。
  • 山崎
    さん
    面接では聞きにくいですもんね。
  • 沼田
    さん
    そうそう。自分から聞きにくいことを確認してもらえるのは本当に助かりました。

逆にエージェントの悪かった点は?

  • 山崎
    さん
    僕はやりたくない業種をすすめられたことかな。でも今思うと、こちらからの発信も足りなかったと思う。聞かれないことは言わなかったんです。
  • 加藤
    さん
    担当さんとの相性もあるかもしれませんね。合わない人だと話が弾まないんですが、合う人だとこっちの話を自然に引き出してくれるんです。質問攻めじゃないんだけど、世間話みたいなラフな感じで、気づいたら伝えたいことを話してた、みたいな。
  • 沼田
    さん
    エージェントの中には作業になってしまっている人もいました。人によるんですよね。
  • 大谷
    さん
    私は面談の時間が合わなくて調整をお願いしたら、返事が来なくなったことがあります。ちょっとさみしかったです。

転職時に苦労したことは?

  • 沼田
    さん
    エージェントを利用せずに転職活動をしたときは、正解が分からないことがつらかったです。自分の経験がどういう風に評価されるか分からないから、職務経歴書も書きようがなかったんですよね。手探りというか、八方ふさがりというか…。
  • 山崎
    さん
    僕も同じです。書類で落とされ続けるとへこむ。
  • 沼田
    さん
    そうなんですよね。だからエージェントで職務経歴書の添削をしてもらったとき、ああ、こういう風に書けばいいんだ!そりゃ落ちるわ!って思ったんです。最初から頼れば良かったです。
  • 加藤
    さん
    僕は仕事をしながら転職活動をするのが大変でした。すごくエネルギーが必要で、精神的にも削られる。不自然に有給を消化する僕を見て、周りは不審がってるし…(笑)。
  • 大谷
    さん
    分かります。転職って人生の中でも大きなイベントだから慎重になるし、疲れちゃうんですよね。そんなときにプロにサポートしてもらえるのは本当に心強かったです。

仮にまた転職するとしたら?

  • 沼田
    さん
    もう転職はしないですよ(笑)。でも転職するとしたら、間違いなくエージェントに助けてもらいますね。何度も言いますが、1人では戦えないです。
  • 大谷
    さん
    そうですね。私も転職するならエージェントにすぐ相談しちゃうと思います。
  • 加藤
    さん
    さっき気付いたんですけど、今回4人ともリクルートのエージェントを利用していたんですね。とりあえずここは外せないって感じ。
  • 山崎
    さん
    本当ですね。やっぱり大手だし、扱っている求人数が多いから登録はしますよね。
  • 大谷
    さん
    私は地方在住だったので対応してもらえるか不安だったんですが、丁寧なアドバイスがもらえたので、良い印象しかないです。
  • 加藤
    さん
    リクルートのエージェントは1人しか接していませんけど、他と比べてレベルは高かったです。仕事が早いというか、スムーズというか。
  • 沼田
    さん
    確かに、僕もそんな印象を持っています。特にエージェントを利用したことがない方は、リクルートエージェントに登録して損はないと思いますよ。
結論

プロのサポートを受けるのが30代転職成功のカギ

「転職は大変」と口をそろえる転職成功者のみなさん。特に働きながら転職活動をする場合は、普段の仕事に加えて求人探しや履歴書作成をしなければなりません。しかし、本当にエネルギーを注ぎたいのは転職先の見極め。転職エージェントの力を借りることが、理想の会社を見つけるカギとなりそうです。
座談会参加者全員が利用した
転職エージェント
リクルートエージェント
で仕事を探す
関連ページ